Yahoo! JAPAN

大磯港でのサビキ釣りで小アジ&サバ40尾【神奈川】トリック仕掛けで挑戦

TSURINEWS

この時期はイワシの群れが回遊する大磯港(提供:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

4月18日(木)、神奈川西湘にある大磯港へ釣行した。6時に到着。港近くのすずき釣具店に設置してある自動販売機でエサを購入。天候は曇りで微風、少し肌寒い。

大磯港でサビキ釣り

釣り場に到着すると、予想通り竿を出している人の姿。しかし、平日ということもあり、また釣り場は広いので、空いている場所に入って釣り開始。

トリック仕掛けのタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

まず、定番のサビキ仕掛けを準備する。タックルは図参照。アミのまきエサにハリをこすり付け、ゆっくり仕掛けを投入する。こぼれたまきエサに小魚が集まってくるのが見えたので、海面から2mくらいのタナでアタリを待った。

すると、軟らかい竿の穂先が上下に動いて、1投目からアタった。釣れてきたのは10cm級の小サバ。まきエサを少し撒いてみると、無数の魚が集まってくる。5cmほどのアジやムツの幼魚だ。その後もひん繁にアタリがでて、ヒイラギに小アジ、サバがヒットし続けた。

当日のポイント(作図:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

しばらくすると、急に強烈な引きが伝わる。上がってきたのは18cmメジナ。約2時間ほどサビキ釣りでのアタリを楽しんだが、8時過ぎにアタリが遠のく。

チョイ投げではメゴチのみ

9時に潮止まりを迎え、10時過ぎに動き始めると、再び小サバが食ってきた。周りも一斉に竿が曲がり始めると、同じ魚中心だが、時折アジも顔を見せ、魚種多彩に楽しめる。

このあと、アタリが落ち着いたのを機に釣り方を変更。コンパクトロッドを使って、チョイ投げ仕掛けを試す。

足場がいいので安心(提供:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

エサはアオイソメを使用。頭の硬い部分から通し刺しにして、タラシは1cmほど。軽く正面にキャスト、オモリが着底したらイトフケを取り、ゆっくりとサビいてみる。

海底は砂地のようだが、手前まで引いてくると、やや根があるため注意が必要。しかし、当日に限ってはアタリが少なく、10cmほどのメゴチ1尾のみだった。

アジ&サバ合わせて40尾キャッチ

久しぶりの堤防釣りを楽しんで正午に納竿。釣果は8~10cmサバ、アジ合わせて40尾ほど。そのほかメゴチやヒイラギが少々。すべてリリースした。

近くにあるすずき釣具店(提供:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

例年この時期はイワシの群れが回遊してくるので楽しめる。またチョイ投げはシロギスが釣れることも。大磯港は足場がよく、釣り場が広いので家族連れや仲間同士で楽しめる。また、近くにはトイレ、釣具店、コンビニがあるので非常に便利。

<週刊つりニュース関東版APC・松崎健/TSURINEWS編>

大磯港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2024年5月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事