Yahoo! JAPAN

子連れ海上釣り堀釣行でマダイとジャンボシマアジ好捕【三重・フィッシングパークトリトン】

TSURINEWS

FPトリトンで仕留めたシマアジ(提供:週刊つりニュース中部版APC・溝川弘巳)

世間はゴールデンウイークの初日だが、三重県に仕事が入っていたので子供を連れて行くことにした。仕事は夕方からなので、午前中は子供に釣りをさせようと調べてみると、1時間釣り放題や2匹釣りコースがある三重県鳥羽市千賀のフィッシングパークトリトンに決めた。

フィッシングパークトリトンで海釣り体験

フィッシングパークトリトンに電話をかけてみると午前9時ごろが空いているとのことなので、予約をお願いした。

大阪を午前6時30分ごろに出発したので、8時30分ごろ到着予定だ。釣り堀を楽しめれば良いと思っていたので、少しタックルはいつもより少なめだ。

ちょうど8時30分に到着。娘と2人受付を済ませて入場した。サオ出しは1本で選んだコースは、1時間釣り放題コースだ。サオとエサを持ち込み、早速イケスへ向かった。

タックルは海上釣堀赤青一撃180極大鯛にスピニングリール、ミチイトはPEライン2号、ハリス2号、ハリ8号を付けてエサの銀パナ一撃を付けて足元で待ってみた。

良型マダイをゲット

だが時合いは終わったようで、アタリがない。もう少し待ってみるが、奥の1カ所のみアタリがあるようだ。仕掛けをウキ釣りに替えて再チャレンジ。この日はシラサエビのような動くものが良いみたいだが、何も用意していないので銀パナ一撃を小さくカットしてひたすら誘いをかけた。

すると奥から魚が寄ってきてヒットした。娘にサオを渡してやり取りさせると、良型のマダイをゲットした。

マダイの引きを楽しむかんなちゃん(提供:週刊つりニュース中部版APC・溝川弘巳)

ジャンボシマアジをキャッチ

ここから何のアタリもなく時間が近づいたので、1時間延長した。使用したイケスのお客さんは全員帰ったので貸し切り状態だ。

いろいろ仕掛けを替えてみるが、アタリはなく時間は後半になる。ハリスを1号に替えて、米粒ほどの銀パナ一撃をハリ先に付け、ネットの底で軽く誘った。どこからともなくシマアジがエサを食い込んだので、軽くアワせるとヒット。

シマアジは意外と大きく、引きが強い。娘に渡そうとしたがラインブレイクしそうだったので、そのままファイトした。

パパはシマアジとファイト(提供:週刊つりニュース中部版APC・溝川弘巳)

ドラグを緩くし、サオを極限まで曲げてハリスの負担を減らす。海上釣堀赤青一撃180極大鯛の穂先は軟らかく、魚の瞬発力を極端に減らすことができるので、通常より1号程度ハリスの太さを落とすことができる。

今回もハリス1号で、シマアジを浮かせることができた。居残りで大きくなったのか、ジャンボなシマアジだ。これで釣り放題コースは終了。

2匹釣りコースで良型マダイ

娘は物足りず釣りたいと言っているが、時間がなくなってきたので2匹釣りコースをお願いした。2匹釣りコースは釣り放題コースのイケスとは異なり、マダイとイサキだけ入ったイケスだ。数が多いのですぐに釣れそうだ。

2匹釣りコーナーには多くのマダイやイサキ(提供:週刊つりニュース中部版APC・溝川弘巳)

娘がエサを付けて落とすと、間もなくヒット。なかなかの引きでイケスの真ん中へと走る。ゆっくりと取り込み、上がった魚は良型のマダイだ。

娘は満足して、続けて2匹目を狙った。ゆっくりと仕掛けを落とし込んでいく。マダイに狙われたので、娘はとっさにエサを持ち上げイサキを狙うが、マダイの動きが速くヒットしてしまった。

しかし引きが面白いので娘は喜びながらやり取りして、マダイをゲットした。通常よりも短時間で終了。

良型マダイをゲットして満足のかんなちゃん(提供:週刊つりニュース中部版APC・溝川弘巳)

最終釣果

釣果はシマアジとマダイ3匹。満足の結果だ。帰宅後に食べた刺し身は絶品だった。

釣果はマダイ3匹とジャンボシマアジ(提供:週刊つりニュース中部版APC・溝川弘巳)

<週刊つりニュース中部版APC・溝川弘巳/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2024年6月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 遊び心と気軽さで選ぶサブウォッチ考。ミリタリータイプ編

    Dig-it[ディグ・イット]
  2. 【大阪・関西万博】ミャクミャク「伸びしろしかないです」伊藤六花が推しコメント

    ウレぴあ総研
  3. ★明日のラッキー星座は? 12星座占い・運勢ランキング【2024年7月20日(土)】

    anna(アンナ)
  4. サビキ釣りで【仕掛けにひと工夫して釣果アップさせる方法3選】初心者でもすぐに出来る!

    TSURINEWS
  5. 「深海の釣り名人?」光る疑似餌を使う『チョウチンアンコウ』の驚きの狩猟テクニック

    TSURINEWS
  6. 吉沢亮がゴッホや北斎の名画の世界に没入した感動を語る 『Immersive Museum TOKYO』レポート

    SPICE
  7. 犬への『愛情と甘やかし』その違いとは?誤認したまましつけることの危険性まで

    わんちゃんホンポ
  8. 【食べ放題】北京ダックも食べれるってマジ!?台湾飲茶と一人鍋しゃぶしゃぶが魅力的すぎる…!

    ウレぴあ総研
  9. 【ディズニー】可愛すぎて食べられない…!器まで可愛い「ダッフィー極上中華ランチ」至福の実食レポート♪

    ウレぴあ総研
  10. 介護福祉士の年収は今後どうなる?平均給与データを基に徹底解説

    「みんなの介護」ニュース