Yahoo! JAPAN

【松戸市】安心・きれいな町を目指して2周年!「きたまつどごみぜろくらぶ」

チイコミ!

【松戸市】安心・きれいな町を目指して2周年!「きたまつどごみぜろくらぶ」

ごみ拾い活動を通して、地域のつながりと健康づくりに取り組む「きたまつどごみぜろくらぶ」。昨年からは「駄菓子屋ひろば」で、子どもたちの居場所づくりも行っています。

ごみ拾いは毎月第1土曜日午前7時から

去る5月4日、仲台公園(北松戸3の3)で「きたまつどごみぜろくらぶ」の2周年記念イベントが開催されました。

ごみ拾いに加え、駄菓子屋などのお楽しみコーナーやマルシェの出店もあり、多くの人が参加してにぎわいました。

ごみ拾いの様子

ごみ拾い活動「まちのゴミ、ぜんぶひろってみた!!inきたまつど」は第1土曜日の朝7時から。

奇数月は仲台公園、偶数月は本郷公園(北松戸1の4)に軍手とトングを持って集合し、ラジオ体操をした後、3〜5コースに分かれて歩きながらごみを拾います。

回収したごみを分別

北松戸周辺の別の公園にゴールしたら、ごみの分別と、どんなごみがあったか感想を話し合います。

雨天時は第2土曜日に順延、12月は休みです。

子どもたちが安心できる街にしたい

「駄菓子屋ひろばきたまつどみらい堂」は、北松戸会館(北松戸2の8の9)で第2土曜日の午後1時〜午後4時に開催しています。

駄菓子がたくさん並びます

駄菓子屋(有料)、ドリンクバー、炊飯器からご飯をよそって自分で握る「おにぎりコーナー」などの飲食が楽しめます。

遊びの種類は毎月変わります。取材の日は工作や折り紙、割りばし鉄砲作りなどで遊んでいました。

駄菓子屋ひろばは子どもたちの居場所

子どもたちを見守り、時には一緒に遊んでくれるボランティアもいます。

ある母親は「子どもたちが集まれる場所が少ないので助かります」と笑顔でした。

大人は入場料300円、小学生未満は保護者同伴で。

同団体代表の井坂千穂さんは「子どもたちが安心できる町にしたい」と活動を始めました。

ごみ拾いをしていると、地域の人から「ありがとう」と声をかけられるそうで、「地域に顔見知りが増えたらいいですね。知らない道を歩くことで防災意識も高まります。どなたでも参加できますよ」と話してくれました。(取材・執筆/あやめ)

ごみ拾い後に全員で記念撮影!

※問い合わせ
メールアドレス/kitamatudo.gomi0club@gmail.com
        きたまつどごみぜろくらぶ
Facebook/https://www.facebook.com/kitamatudo530

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. エサ専用ルアーってなんだ??これからの季節にピッタリなキス五目を楽しんでみた!

    WEBマガジン HEAT
  2. 夏と言えばビールと枝豆!「東京クラフト枝豆WEEK」開催レポート

    旅行メディア「itta」
  3. 伊賀ドキの人 創業155年企業の新代表

    伊賀タウン情報YOU
  4. 近大高専、菰野に惜敗で4強ならず 高校野球三重大会

    伊賀タウン情報YOU
  5. 【松山市・ごごしまパーキング】愛媛県産のみかんを皮ごと使ったごちそう氷でクールダウン

    愛媛こまち
  6. 【久万高原・rinascente】清流・面河川で涼みながらワイルドにピザを頬張る!

    愛媛こまち
  7. 羽田空港アクセス線「臨海部ルート」も、2031年度に「東山手ルート」と同時開業に! 羽田空港アクセス線の3ルートをおさらい

    鉄道チャンネル
  8. 子どもたち「初めての"宇宙体験"」北海道を『人工衛星』で撮影!夏休みのワクワク

    SASARU
  9. モバイルゲームやAIアプリをLINEなどに公開できる注目の新サービス「nowStudio」がスタート【now.gg, Inc.】

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  10. 銀座の名店「ST.SAWAIオリオンズ」が7月23日に再オープン!和牛ローストビーフが話題。

    WWSチャンネル