Yahoo! JAPAN

王道リーバイスこそ、アマノジャクに楽しもう!

Dig-it[ディグ・イット]

王道なデニムを、王道なスタイルで楽しむのもよいのだが、「いい意味で変」なこだわりを持った洒落者も存在する。愛用する「リーバイス」で浮かび上がる、ひと癖もふた癖もある、天邪鬼たちのマイトレンドを伺った。

1.ブームが落ち着いた今こそ狙い目! ブラックデニム

「シップス」プレス・松尾教平さん|アウトレットのショップスタッフを経て、2023年からドレスクロージングのプレスに就任。アメリカ由来の硬派なアイテムも大好物

高校時代に「リーバイス」の[501]ブラックを穿いていたという松尾さん。

「皆さんもそうかもしれませんが、大人になってもっとカッコよく原点に立ち返りたくなりませんか? そんな気分で買ったのが、90sの米国製[501]ブラック。グレーっぽく見える先染めで、加えてとにかくマイサイズのジャストレングスを探しました。これをグレースラックスの代わりに穿くのがお気に入り。スラックスほどキメずにジャケットやブレザーと合わせ、大人っぽくお洒落の成長を楽しんでいます。ブラックデニムは茶系の靴やトップスとも相性がいいですね」

2.[505]を超デカ穿き!?

フリーPR・柳雅幸さん|有名ブランドのフリーランスセールス・PRを担当。デニムは濡れる可能性のある雨の日には穿かず、もっぱら晴れの日のみ着用するのだとか

柳さんが最もデイリーに穿いているデニムが「リーバイス」の[505]。ウエストは38インチで、ベルトでギュッと絞って穿いているのだそう。その理由について柳さんは「[505]の少しテーパードした綺麗なシルエットが好きなのですが、ウエストがジャストサイズのものを選ぶと自分には股上が浅く感じてしまうんです。なのでウエストを上げていわゆる“デカ穿き”をすることで[505]のシルエットは残しつつ、腰回りのゆとりも確保できます。自分の中でデニムは何てことない、気を使わずに着るものなので、その分シルエットやフィッティングは大事にしています」

3.一歩間違えるとダサい、このキワドさを楽しむケミカルウォッシュ

「タマニワ」店長・中島瑛太さん|恵比寿にあるショップ「タマニワ」の店長。初めて企画したニットキャップが秋冬シーズンから発売されることが一番のニュース

普通のデニムでは物足りず、シルエットも色味もすべてに納得のいくケミカルウォッシュを探して2年。今年、ようやく見つけたのがこの「リーバイス」のデニム。

「どんな場所に行く時も古着店があればできるだけ入るようにしているんです。これを見つけた時もふらっと立ち寄ったリサイクルショップの奥の方に積まれていたデニムの山から探し当てたんですよ。ケミカルウォッシュって薄すぎても濃すぎても、本当に一歩間違えるとダサくなってしまうデニムだと思うんですけど、この個体は色味が絶妙。そんな際どさがいいんですよね」

4.一点ものの個性で主張するペイントデニム

「アフタ」オーナー・牧野弘生さん|昨年7月に「アイヴァン」から独立し、フレンチヴィンテージを中心に取り扱うアイウエアショップ「アフタ」をオープン。デニムは約20本所有している

牧野さんがデニム選びで最も重視するのは色落ちやディテールなどのルックス。特に最近惹かれるのはペイントの入ったデニムだという。

「この『リーバイス』の[501]BIGEはズドンと落ちるシルエットや色落ちはもちろん、なんといってもペイントが入っているところが気に入っています。デザインとしてではなく、前の所有者が汚してしまったのか定かではありませんが、そのストーリーが想像できることも含めて“一点もの”としての価値を感じます。デザインが効いている分、シャツやニット1枚と合わせたシンプルなスタイルでも成立させてくれるのも嬉しいポイントですね」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「北九州下関フェニックス」公式戦の<親子招待>申込受付中 北九州市民球場で実施【北九州市小倉北区】

    北九州ノコト
  2. チワワのイメージ覆す〝強面チワワ〟激写される マフィアな風貌に11万人ビックリ

    Jタウンネット
  3. 犬が『散歩に行きたい』とアピールしている時にする5つの行動 期待している愛犬にすべき対応とは?

    わんちゃんホンポ
  4. 親愛なるあなたへ、とっておきの日用品を 河原町にある雑貨店『ハクトヤ』へ行ってきました 丹波篠山市

    Kiss PRESS
  5. 愛猫に運動、足りてる?『猫に必要な運動量』3つのライフステージ別の目安をご紹介

    ねこちゃんホンポ
  6. コーヒーは苦いだけじゃない!?いろんな風味やコーヒーに合うお菓子を楽しめて魅力的!山形の高品質のコーヒー、お菓子の専門店「TsukiCoffee&Koshindo2区」【山形県山形市】

    ローカリティ!
  7. 速水奨ら声優たちが画家・白髪一雄の人生を“読み聞かせ” 兵庫県尼崎で『声優朗読劇フォアレーゼン~アクション・ペインター~』上演

    SPICE
  8. 余った「はんぺん」があったら試して欲しい!子どもが喜ぶ意外なレシピ「ハマりそう…」

    saita
  9. 【高校野球】金足農6年ぶり甲子園!吉田輝星の弟・吉田大輝が154球完投、沖縄・興南は2年ぶり

    SPAIA
  10. 噴火湾の漁港で44cm頭に良型アイナメ2尾キャッチ【北海道】同行者全員安打に成功

    TSURINEWS