Yahoo! JAPAN

横浜市下水道河川局 豪雨災害に備え各施設で訓練 栄第二水再生センターを報道陣に公開

タウンニュース

操作板で手動操作する職員

横浜市下水道河川局施設管理課は6日、下水処理を行う水再生センター(11カ所)とポンプ場(8カ所)で大雨に備えた訓練を行い、柏尾川沿いの栄第二水再生センターの訓練を公開した。

訓練は大雨時にポンプが上手く作動しなくなったという想定。本来はコンピューターによる自動制御で稼働している弁の切り替えや、ポンプの稼働などを手動で行い、操作方法などを確認した。

さらに、停電に備えた自家発電機の稼働や、施設内の水を排水する訓練も続けて行われた。

訓練を見届けた神奈川水再生センターの岡部伸雄センター長は「課題はなく安心感を覚えた」と総括。想定のような大雨時では、訓練と異なるコンディションでの作業が必要となるが「最大限、非常時を想定した訓練」と説明した。

水中ドローンの試験も

また、当日は(一社)日本建設業連合会関東支部と協力した、水中ドローンの運用試験も行われた。試験では同連合会加盟企業が保有する水中ドローンを自家発電機下の冷却水槽へ投入。壁面にひびなどがないかを映像によって確認した。横浜市ではこの結果を基に、市として正式に水中ドローンを導入するか検討するという。岡部センター長は「鮮明な映像だった」と一定の評価をした。

冷却水槽に投入される水中ドローン

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 中高生の皆さん!最新の設備と知見で科学体験してみよう 関学の神戸三田キャンパスで「ひらめき⭐︎ときめきサイエンス2024」開講 三田市

    Kiss PRESS
  2. 三宮で『市長・教育長と子どもたちとの意見交換会』が開催されるみたい。参加無料

    神戸ジャーナル
  3. 【熱海土石流から3年】3年経った今も避難生活を続ける世帯も。現地の状況、生活再建の実態は?原因究明に関する新たな可能性とは⁉

    アットエス
  4. 災害時に生き抜くためのスキルを学ぶ! 兵庫県立甲山森林公園で「サバイバルマスター1DAYチャレンジ(ナイフ編)」開催 西宮市

    Kiss PRESS
  5. 霜降り・粗品VS芸人36人「粗品ゲーム」で真夜中に激突 “チーム奇人”のナダルに同情の声も

    Techinsight
  6. 浜田ブリトニー、不正出血が止まらず婦人科を受診した結果「激痛のあまり貧血状態になってしまい」

    Ameba News
  7. 絵師必見!ミツハニーが教えてくれたデフォルメイラストの可愛さテクニックに「素晴らしい発見」

    にじめん
  8. お盆期間は1時間早くオープン!楽しい企画が満載♪ AQUARIUM×ART átoa(アトア)で夏季限定「体験プログラム」開催中 神戸市

    Kiss PRESS
  9. 柴犬軍団が散歩中に『他の犬を発見』した結果…想像の斜め上をいく『圧』が97万再生を突破「柴ハラスメント」「柴圧かけられたいw」と爆笑

    わんちゃんホンポ
  10. <まさかの大逆転>子育てが終わった後に夫婦一緒にいる意味って何?いろんな人の意見を聞いた結果

    ママスタセレクト