Yahoo! JAPAN

バイオリンの名器「ストラディバリウス」に魅せられた写真家の追悼展が開催中

タイムアウト東京

バイオリンの名器「ストラディバリウス」に魅せられた写真家の追悼展が開催中

バイオリンの名器「ストラディヴァリウス(Stradivarius)」に魅せられた写真家、横山進一の追悼展「We Love Stradivari 追悼 横山進一写真展」が「神奈川県民ホールギャラリー」で開催されている。会期は2024年6月16日(日)まで。

横山進一(1947〜2023年)は、ストラディヴァリウスの撮影でつとに知られるが、ストラディヴァリウス自体の研究や楽器製作も手がけたユニークな人物だ。当初は日本とアメリカを中心に、楽器に限らず幅広い被写体を対象に商業写真家として活動を始めるが、1970年代からストラディヴァリウスを撮影するようになったという。

ヤッシャ・ハイフェッツ(Yasha Ruvimovich Heifetz)やニコロ・パガニーニ(Niccolò Paganini)らが演奏に使ったストラディヴァリウスは、17世紀イタリアの楽器製作者、アントニオ・ストラディヴァリ(Antonio Stradivari)が中心となって手がけたバイオリンを指し、現在およそ600挺(ちょう)が確認される。横山は世界中を巡り、そのうち100挺以上を実見、撮影したという。

さらには、アメリカの「スミソニアン博物館」やイングランドの「アシュモリアン博物館」などとともに、装飾楽器についての研究を発表したという点も横山の見逃せない功績だ。「The classic bowed stringed instruments from the Smithsonian Institution」(学研、1986年)、「ストラディヴァリウス」(アスキー新書、2008年)などを上梓(じょうし)している。

その写真作品は、これまでにも東京や大阪、ワシントンD.C.などで展示されており、今回の展示では、その中から厳選した作品を中心に取り上げ、写真家としての横山のキャリアを振り返る。また、横山は楽器撮影だけでなく自らも楽器の製作を手がけており、その楽器を愛用する演奏家も少なくない。ストラディヴァリウス、ひいては広く楽器を愛した写真家の足跡をたどってみてほしい。

Sato Ryuichiro

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【船のエサ釣り釣果速報】イシダイ便で60cm級含み全員安打と好調キープ(三重)

    TSURINEWS
  2. ひとり暮らしだけど猫を飼いたい!お迎え前に考えるべきこと、するべき準備4選

    ねこちゃんホンポ
  3. 犬が人に『おしっこ』をかける理由4つ やめさせることはできるの?対処法まで解説

    わんちゃんホンポ
  4. 1点物の逸品だらけの小物が並ぶ!ひと味違う蚤の市 淡路島SAKIAで初開催の『サキア蚤の市』に行ってきました 淡路市

    Kiss PRESS
  5. 三重県内  熱中症警戒アラート続く 予防のための行動を 

    YOUよっかいち
  6. 進め!アイガモロボ 名張の水田で実証実験 除草負担軽減に

    伊賀タウン情報YOU
  7. 松居直美、近藤真彦のコンサートが終了した後に通された部屋の様子「全てが豪華で夢のような時間でした」

    Ameba News
  8. 生産者とお話できる駅から徒歩1分の屋内マルシェ♪ いろどりBASE谷上(谷上駅)で月1開催される「ふたごやまマルシェ」に行ってきました 神戸市

    Kiss PRESS
  9. 犬と猫が初めて『赤ちゃんの大泣き』を見た結果…2匹による『まさかの反応』が面白いと7万再生「なんだこの生き物は!って顔してるw」と爆笑

    わんちゃんホンポ
  10. 『地獄先生ぬ~べ~』が2025年に新アニメ化、時代設定は現代に ティザービジュアル&PV第1弾を解禁(コメントあり)

    SPICE