Yahoo! JAPAN

俺たちのバイカースタイルスナップ。旧車編

Dig-it[ディグ・イット]

東京のバイカースタイルは、どこか力が抜けていて、そのこなれた感じが実に絵になる。そんなスタイルサンプルとも言えるファッション業界のバイク乗りをクローズアップ。街乗りにふさわしい洗練されたバイカースタイルは参考になる点が満載だ。

ナックルヘッド×ワークスタイル|無骨なチョッパーにはワークウエアがよく似合う。

「トロフィージェネラルストア」スタッフ・河野潤也さん|1994年生まれ。宮崎県出身。20代でハーレーダビッドソンのナックルヘッドに乗ろうと幼馴染と約束し、見事26歳の時にナックルヘッドのオーナーに。愛車は希少な戦時中の1942年製E

東京のバイクシーンを代表するブランドのひとつであるトロフィークロージング。旗艦店の名物スタッフである河野さんは、26歳の時にナックルヘッドに乗り換えた注目の若手バイカーだ。

「チョッパースタイルのナックルなので、トロフィークロージングが体現する旧きよき時代のワークウエアは、ちょうどいい塩梅でマッチしてくれます。まだ穿いたばかりなので、汚れていませんが、ホワイトのワークパンツがオイルなどで味が出てくると、よりマッチしてくれるんです」

この日に着ていたのは、今シーズンにリニューアルしたばかりのダートデニムを用いたトロフィークロージングのデニムジャケット。愛車と同年代のワークウエアをモチーフにしている

インディアン×リゾートスタイル|ハンドシフトだから自由なスタイルで乗ることができる。

「グラッドハンド コア」店長・橋本 佑さん|グラッドハンドのPRから企画、そしてマネージャーまで幅広く活躍。またフリーのカメラマンとしても活躍しており、様々な企業やブランドとも共作している

グラッドハンドの旗艦店のマネージャーであり、顔役的な役割を果たす橋本さん。その愛車は、インディアンが倒産するファイナルイヤーとなる1953年式のインディアン・チーフだ。

「このインディアンはハンドシフトなので、シューズに制約がなく、自由なスタイルで乗れるのが醍醐味。今日はグラッドハンドが得意とする都会的なリゾートスタイルでコーディネイト。スラックスにオープンカラーシャツを合わせ、足元はグラッドハンドとリーガルのタッセルで季節感を出しています」

バイ グラッドハンドのメッシュ生地を用いたオープンカラーシャツは今シーズンの新作。インナーにはタンクトップを合わせ、ほどよくリゾート感を演出
足元はグラッドハンドとリーガルのコラボレーションによるタッセルローファーをチョイスする

(出典/「Lightning 2024年7月号 Vol.363」)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【ギョーザの皮が抜群においしくなる!?】もう普通のギョーザには戻れない!!

    BuzzFeed Japan
  2. 猛暑でブルーベリーが〝シワシワ化〟 商品価値は無くなるが...農園の発信に14万人驚がく「それはそれで食べたい」

    Jタウンネット
  3. 車の下に隠れていた『子猫』を保護したら…大きく成長した『1年後の姿』に驚きの声続出「凄い成長力」「こんな重量級になるとは」

    ねこちゃんホンポ
  4. タイタニック号とともに沈没し、子猫とともに犠牲になった「船員猫」がいた

    ねこちゃんホンポ
  5. 【リアル給与明細】技術職の男性。転職で年収450万円を目指せますか?【FPが解説】

    4yuuu
  6. 【福岡パン】『ぱん工房pico(ピコ)』(北九州市小倉北区)【毎日パン日和 vol.316】

    福岡・九州ジモタイムズWish
  7. エサ専用ルアーってなんだ??これからの季節にピッタリなキス五目を楽しんでみた!

    WEBマガジン HEAT
  8. 【小松】地元産トマトのベジフルたい焼きが名物「たい焼きカフェ8989」がオープン!パクッとつまみたい米粉ミニたい焼きも♪【NEW OPEN】

    週末、金沢。
  9. 夏と言えばビールと枝豆!「東京クラフト枝豆WEEK」開催レポート

    旅行メディア「itta」
  10. 伊賀ドキの人 創業155年企業の新代表

    伊賀タウン情報YOU