Yahoo! JAPAN

新学校給食センター 来月中旬から建設着工

赤穂民報

来年9月の運用開始を目指す新学校給食センターの完成予想図

 赤穂市が来年9月の運用開始を目指して移転新築する新学校給食センターの建設工事概要が19日に公表された。食品安全に配慮した施設設計やアレルギー対応食の調理可能な設備を整え、「将来にわたって安全で安心な学校給食を継続的に提供できる施設整備を目指す」(同センター)としている。

 概要書によると、浜市の約6500平方メートルの敷地に鉄骨造り2階建ての給食センター棟をはじめ車庫、備蓄倉庫などを建設する。給食センター棟の延床面積は約2400平方メートルで、食材の入荷から下処理、調理、配送まで後戻りせず一方通行で進められる動線とし、交差汚染が起きない仕組み。配送車に積み込むプラットホームは搬出口にトラックの荷台を密着できるドックシェルター型で外部から虫やほこりなどを入り込ませない構造になる。

 最大4600食の調理が可能。アレルギー対応食は専用の調理室と洗浄ラインを設け、卵と牛乳の2種類に対応する(提供開始は2026年度からの見込み)。新たに蒸気で食材を加熱するスチームコンベクションオーブンを導入し、「調理できるメニューの幅が広がり、よりおいしい給食を提供できる」という。自動化による省力化で職員の労働環境改善を図る。

 センターによると、新センターへ接続する市道の拡幅に必要な用地取得は、難航していた地権者との交渉がまとまり、18日に売買契約を締結できたという。6月28日に地元自治会を対象に建設工事説明会を開き、7月中旬から工事をスタートする予定。現場ではすでに土地の造成に取りかかっており、「工程を調整すれば来年9月の運用開始に間に合う」という。

 建設工事は公募型プロポーザル方式で選定された阿比野建設(姫路市)を代表企業とするグループが請け負う。契約金額26億7080万円(基本計画策定費、地質調査費、用地取得費など除く)は折からの物価高騰の影響もあり、今後増額になる見通しだ。

おすすめの記事

新着記事

  1. 生産者とお話できる駅から徒歩1分の屋内マルシェ♪ いろどりBASE谷上(谷上駅)で月1開催される「ふたごやまマルシェ」に行ってきました 神戸市

    Kiss PRESS
  2. 『地獄先生ぬ~べ~』が2025年に新アニメ化、時代設定は現代に ティザービジュアル&PV第1弾を解禁(コメントあり)

    SPICE
  3. 泉北高速鉄道、7/31から「3000系車両」を復刻デザインで運行

    鉄道チャンネル
  4. 【7月21日プロ野球公示】オリックス・カスティーヨ、楽天・岸孝之、西武・今井達也、日本ハム・バーヘイゲン抹消

    SPAIA
  5. ディズニーリゾート好きなフードランキング ランド1位は「ミッキーチュロス」

    おたくま経済新聞
  6. 三宮プラッツで『夏の親子deマルシェ』が開催されるみたい。ハンドメイド雑貨の販売・ワークショップなど

    神戸ジャーナル
  7. 【全国高校総合文化祭で注目の静岡県勢】インターハイはスポーツだけじゃない!文化部の熱い戦いにもドラマが。この夏期待の部門を紹介します!

    アットエス
  8. 「女人禁制」の読みは「にょにんきんせい」とは限らない?【意外と知らない女ことば】

    コクハク
  9. 女友達へのディスり誤爆!《純粋アピールのフルコンボだったじゃんね笑》深夜LINEの後悔が止まらない…

    コクハク
  10. 夏のハーブ園での思い出を写真に収めて応募しよう♪ 神戸布引ハーブ園/ロープウェイで「フォトコンテスト2024-Summer-」開催中 神戸市

    Kiss PRESS