Yahoo! JAPAN

LinQ(リンク)が13周年記念ライブ「美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜」を開催!13周年記念ライブ「美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜」を開催

WWSチャンネル

<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)

九州・福岡を拠点に活動するアイドルグループ・LinQ(リンク)が2024年4月14日、福岡市民会館 大ホールで13周年記念ライブ「美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜」を開催した。

<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)
<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)
<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)

13周年のライブテーマは「野球」。九州・福岡を愛するグループとして福岡ソフトバンクホークスのように地元から愛される・応援したいと思えるようなグループになりたいという想いから、福岡ソフトバンクホークスに敬意を持ってオマージュしたテーマとタイトルだ。

開演前に、会場に集まった多くの来場者への注意事項をアナウンスする「ウグイス嬢」はLinQ一期生の深瀬智聖。野球のダイヤモンドをモチーフにしたステージに鳴り響くのはDJ ALEXの「開幕アナウンス」。

<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)
<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)
<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)

ビーグルクルーYASSの情熱的なオープニング生歌唱に続いて、いよいよLinQメンバーが登場。この日だけのオープニングムービーが流れると、「Love in Qyushu!」のコールと共に会場は総立ち。筑紫女学園高等学校ダンス部のメンバーと共に登場し『ONE FOR ALL FOR ONE』で幕を開けた。

続けて『FANTASTIC WORLD』『バリ Happy Days!!』とアップチューンが続き、会場は色とりどりのペンライトとコールで大盛り上がり。副リーダー・海月らなの「最高の1日の始まりだ〜!」が、福岡市民会館に詰めかけたファンの心を一気にわしづかみにした。

さらに福岡ソフトバンクホークス・球団マスコットのハリーホークとハニーズが登場。ハリーホークが始球式としてボールを客席に撃ち込むと、ハニーズと共に『フクオカ好いとぉ』を披露。メンバーが会場を駆け巡り、大いに盛り上げた。

<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)
<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)
<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)

13周年という晴れやかな舞台を彩るように『人生最強・花景色』『祭高音頭』とLinQらしい曲が続く。曲中で初期メンバー・高木悠未と海月が息の合ったラップパートを披露すると、ファンたちも呼応し、会場の空気はどんどんひとつになっていった。

続いては、結成1周年を迎えたLinQの学生メンバー(黒田れい・有村南海・森斗咲羽・華山あかり)で結成されたユニット『LinQ Qty』(読み:リンクキューティー)が登場。LinQとは一味違う瑞々しい表情で『世界で一番キミに恋してる』を披露、そして新曲『Oh! My lover♡』 を初披露した。『Oh! My lover♡』のテーマは、学生の初恋。思わず「キュン♡」とする歌詞が詰まった甘酸っぱい煌めく等身大のラブソングと可愛らしい振り付けで注目を集めた。

再びLinQが登場すると、4月10日(水)にリリースした新曲「おべんとう」をTikTok企画で集まったおべんとうガールと共に披露。そしてLinQのライブアンセム『ハレハレ☆パレード』『Go!Go!Yell〜キミ・イズ・ビューティフル〜』『FUKUOKA。〜福を可するのだ♪〜』を立て続けに披露すると、会場のボルテージは最高潮に!福岡市民会館は興奮のるつぼとなった。

<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)
<美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜>(※提供画像)

興奮冷めやらぬ中ステージに登場したのは、お笑いコンビ・ブルーリバー。ブルーリバーがインタビュアーとなり、大興奮のステージを作り上げたLinQメンバーへのヒーローインタビューを敢行した。

今日のライブを振り返り、華山は「ファンの方たちが応援グッズを使ってくれて嬉しい気持ちになった」、森斗咲羽は「会場の皆さんが声を出してくれたのが嬉しかった」、有村南海は「LinQ Qtyはまだ成長過程。先輩の背中を追いつつ、いつかは超せるようなQtyでありたい」と力強く語った。

黒田れいは「今日は会場が広いのでファンの皆さんの顔が見えないかと思っていたけど、ステージから笑顔が見えて、とっても嬉しい気持ちです」、海月は「楽しくて、楽しくて、たのC、たのC、視力検査のC!」とボケ回答。高木に「すべるまでがセットです」とツッコまれ、気を取り直して「皆さんにワクワクを届けていきたい」と決意を語った。そして、髙木が合言葉「VIWA」と会場に煽ると発表映像が。

映像では、7月20日に夏曲「毎日どこかでFestival !!」リリース、全国盛り上げツアー開催決定(熊本、松山、仙台、静岡、大阪、名古屋、福岡ほか)、カラオケCLUB DAMイメージアンバサダーへの就任、2025年 14周年ANNIVERSARY LIVEの野外開催を決行することが発表された。
14周年ANNIVERSARY LIVEのテーマは「お祭り」。2016年ぶりにLinQ祭りが帰ってくることを発表されると会場からは拍手喝采! 髙木が「13年間を振り返ると、毎日が同じことの繰り返しのように思えるけど、実は重なっていて、その重なりが今のLinQにつながっている。私にとって、LinQを続けることは責任。これからのLinQも応援してください」とメッセージを贈った。

本編のラストでは「いざゆけ若鷹軍団」を多くの出演者と共に披露。
アンコールでは、『for you』、そして森斗のソロから始まる『I am…』を披露。客席には涙ぐむファンの姿もあった。

歌唱後、有村は「来てくれてありがとうございます」と改めてメッセージ。「みんなのペンライトを見てありがたいなと思いながら歌っていました。後輩は先輩の背中を追いかけることが多いんですが、これからは私たちがみんなに今が最高と思えるようなLinQをつくっていきたい。私は悠未さんと一緒にマリンメッセに立ちたい。これからも皆さんと一緒に前に進みたい」と想いを明かした。

ラストに本日の出演者がステージに集合し、『おべんとう』を大熱唱。

最後に、記者会見映像が流れ、新メンバードラフト会議を思わせる内容で会場をざわつかせ、IQプロジェクト全体での大々的なオーディションを開催することを発表し幕を閉じた。

メンバーの入れ替わりもありながらも成長と進化を繰り返したLinQ。14年目が盛大に幕を開けた。

4月14日(日)福岡市民会館
「美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜」

The post LinQ(リンク)が13周年記念ライブ「美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜」を開催!13周年記念ライブ「美輪VIWA〜いざゆけLinQ13周年〜」を開催 first appeared on WWSチャンネル.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ワンちゃんと一緒に楽しめるグルメフェス「FOOD TRUCK STREET FESTIVAL」が大阪・泉南で開催!

    anna(アンナ)
  2. 「出張!小倉祇園太鼓塾」開催 小倉祇園太鼓の歴史学習&実技参加【北九州市小倉北区】

    北九州ノコト
  3. 【難波】たっぷりの生チョコを苺にディップ!話題のスイーツ専門店オープン

    PrettyOnline
  4. ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン 青学(せいがく)3年生座談会①

    Febri
  5. 「ユニクロ感謝祭」は5月24日から!今年はステンレスボトルや名品が先着でもらえる。

    東京バーゲンマニア
  6. OSK日本歌劇団 華月奏と翼和希が抱く「トップスター像」、7月『レビュー in Kyoto』でも大切にしたい「歌い継ぎ」への思い

    SPICE
  7. 福島県いわき市での野外イベント『Heaven God Beach 大作戦 GIG』にMONOEYES、ナッシングス、フラッドら7組の出演が決定

    SPICE
  8. LiSA、2年半ぶり・21枚目のシングル「Shouted Serenade」発売 ボカロP・ツミキ作詞作曲の収録曲「ハルシネイト」MUSiC CLiPのプレミア公開が決定

    SPICE
  9. 建築家・隈研吾さんと小倉 縞縞とのコラボブランド「KUMASHIMA」POP UPイベント開催中 染織家・築城則子さんと武内市長とのトークイベントを実施

    キタキュースタイル
  10. お得すぎる〜!ザ・ブッフェ「平日ランチ時間無制限」で食べ放題が楽しめる!【限定キャンペーン】

    ウレぴあ総研