Yahoo! JAPAN

【ミヤネ屋・蓬莱さんが解説】5月はもう紫外線の季節!紫外線の種類、日焼け止めのSPF・PAとは!?

読みテレ~読んで楽しいテレビの話

【ミヤネ屋・蓬莱さんが解説】5月はもう紫外線の季節!紫外線の種類、日焼け止めのSPF・PAとは!?

ゴールデンウィークにお出かけして、日焼けをした人も多いのではないでしょうか。
この時期は、ジリジリした真夏の日射しの強さはないものの、家に帰って鏡を見て「しまった!」と思うことがありますよね。
僕も先日、ミヤネ屋のゴルフコンペに参加し、鼻周りを中心に赤くなってしまいました。テレビで自分で言っていたにもかかわらず・・・。

さて、いよいよ紫外線対策を万全にする季節に入ってきましたが、今回のコラムでは、UV-AやSPFといった紫外線の用語について簡単に説明します。

UV-AとUV-Bは紫外線の種類

太陽の光には、目に見える可視光線、目に見えない赤外線、紫外線があります。
紫外線は、光の波長の強さからUV-A、UV-B、UV-Cがあります。UV-Cは地上まで届いていません。
UV-Bは、人の肌の表面に影響し、夏のジリジリした日差しをイメージしてください。日焼けの原因となります。レジャー紫外線とも呼ばれ、長時間屋外に出ると、見た目でわかるくらい肌が焼けます。
月別の強さをみると、真夏がピークで、南へ行くほど強くなります。
もう5月から強い範囲に入ってきます。

UV-Aは、肌の奥に影響し、体感ではわかりません。シワの原因となります。生活紫外線と呼ばれ、昼間明るいとある程度降り注いでいます。薄曇りでも、部屋の中でも降り注いでいます。
月別の強さをみると、春くらいから急に強くなり、5月は真夏とさほど変わらず降り注いでいます。

この時期、長時間外にいる際につい油断しがちです。
5月は夏と違って湿度も低くカラッとしていて、まだ過ごしやすいので、体感は大丈夫かなと思いがちです。しかし、着実に肌の奥には影響しています。

日焼け止めのSPFとPAの意味

ある程度影響を受けるのは仕方がないので、過剰に気にしすぎるのもなーと思いつつも、さすがにこの時期からは、ある程度対策は男女問わず必要かなと思います。
そこで、日焼け止めを使うことになりますが、今はクリームタイプだけでなく、スプレーや化粧水タイプもあって、ベタベタせずにすむものもあります。

表記にはSPF50+やPA++++とあります。
数字が大きい方が、+が多い方が効果は高いです。
レジャーの際は、数字の大きい方がいいですが、散歩や買い物くらいなら数字が小さくても効果は期待できます。

SPFはUV-Bに対して、PAはUV-Aに対するバリア効果です。僕はいつも覚えられないので、SPFの3文字は「ひやけ」対策、PAの2文字は「シワ」対策だと覚えています。

これからの季節、自分が使いやすいものを選んで、カバンに入れておきましょう。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【ユニクロ】【期間限定セール】結局一番使うよね……。インナーが7/18までお買い得

    4yuuu
  2. 話題の「オニヤンマくん」作りなど8つの体験プログラムを用意! しあわせの村で「夏休み工作塾」開催 神戸市

    Kiss PRESS
  3. ヘンリー王子「パット・ティルマン賞」を受賞 批判の声に「私ではなくインヴィクタスに贈られたもの」と強調

    Techinsight
  4. スマート家電の種類18選 | メリットや導入のポイントについても解説

    リブタイムズ
  5. 【ワンピース】持ってる人、すぐにマネして……!とんでもなく垢抜ける夏コーデ

    4MEEE
  6. 「時間返してよ……(涙)」マッチングアプリで出会った男性に騙されました

    4yuuu
  7. 何かに擬態して眠るポメラニアンが話題 「海老フライ」「ちくわ」「きりたんぽ」などの声

    おたくま経済新聞
  8. 水道筋商店街に『Moly Crisp (モーリークリスプ)』って「フィッシュ&チップス」のお店ができてる

    神戸ジャーナル
  9. 【具材を重ねて油揚げに詰めるだけ】「簡単、うまい、安い!」老若男女みんな絶賛する油揚げレシピ

    BuzzFeed Japan
  10. 約40万本が咲き誇る!恒例のひまわり迷路も登場 丹波市春日町の『ひまわり柚遊農園』が7月21日にシーズンオープン

    Kiss PRESS