Yahoo! JAPAN

【オリックス】森友哉、宮城大弥、若月健矢がアップ額トップ3 2024年の年俸ランキング

SPAIA

(左から)オリックスの宮城大弥、森友哉、若月健矢

森友哉がトップ、平野佳寿、宮城大弥が続く

昨季はリーグ3連覇を成し遂げたオリックス。今季はエースの山本由伸と山崎福也と先発2枚が抜けた中、4連覇へ向け中嶋聡監督の手腕がこれまで以上に問われるシーズンとなる。

年俸6億5000万円で昨年球界トップだった絶対的エースが海を渡ったオリックスの、外国人選手を除く2024年の年俸ランキングトップ10は以下の通り(金額は推定)。

■2024年オリックス年俸ランキングトップ10

1位 森友哉  4億円(1億9000万△)
2位 平野佳寿 2億2000万円(±0)
3位 宮城大弥 1億6000万円(8000万△)
4位 若月健矢 1億2000万円(7200万△)
4位 西川龍馬 1億2000万円(±0)
6位 田嶋大樹 9500万円(1500万▼)
7位 山岡泰輔 9000万円(1000万△)
7位 中川圭太 9000万円(3000万△)
9位 頓宮裕真 8800万円(5300万△)
10位 宗佑磨  8300万円(500万△)

※()内は前年比

トップは4億円で森友哉。昨オフ西武からFAで加入した28歳は4年総額18億円以上の大型契約を結んだ。移籍1年目は110試合に出場して打率.294、チームトップの18本塁打、64打点。バットで期待通りの成績を残した一方、先発マスクは53試合と扇の要として絶対的信頼を得るには至らなかった。2年目は捕手としての出場数を増やしたい。

2位は2億2000万円の平野佳寿。39歳のベテラン右腕は昨季も42試合に登板し、3勝2敗29セーブ5ホールドの成績でリーグ3連覇を支えた。10月2日の日本ハム戦では史上4人目の日米通算250セーブも達成。不惑を迎える今季も守護神としてブルペンに安定感をもたらす。

3位は1億6000万円の宮城大弥。4年目の昨季は22試合に登板して10勝4敗、防御率2.27の好成績で、3年連続2桁勝利をマークした。年俸も昨年の8000万円から倍増。山本が抜けた今季はエースとして投手陣を引っ張る活躍が期待される。

若月健矢は7200万の大幅増

4位は1億2000万円で若月健矢と西川龍馬。若月は昨季チームトップの83試合で先発マスクをかぶり初のゴールデングラブ賞を獲得。打率.255、6本塁打、17打点を記録するなど、打撃面でも存在感を示し、7200万円増となる年俸1億2000万円で複数年契約を結んだ。今季も攻守にわたる活躍で、チームの勝利に貢献する。

このオフ広島から国内FA権を行使して加入した西川は昨季、故障による2度の離脱があったものの、リーグ2位の打率.305をマーク。自身初のベストナインにも選ばれた。オリックスとは5年総額15億円以上の大型契約を締結。新天地でも卓越した打撃センスで打線をけん引できるか注目だ。

6位は9500万円の田嶋大樹。昨季は故障などによる離脱もあり、13先発で6勝4敗、防御率3.09と不完全燃焼に終わった。年俸も1500万円ダウンで昨年初めて突破した大台1億円割れ。今季は万全な状態でシーズンを駆け抜け、自身初の2桁勝利を目指したい。

首位打者の頓宮裕真も5300万円増

7位は9000万円で山岡泰輔と中川圭太が並ぶ。山岡は昨季12試合に先発し、7月中旬以降は中継ぎとしてフル回転。プロ初セーブを含め3セーブを挙げるなど、中継ぎとして19登板で救援防御率1.91の好成績を残し、昨年から1000万円アップとなった。今季も任されたポジションを全うし、リーグ4連覇に貢献する。

中川は昨季チーム最多の135試合に出場し、打率.269、自己最多の12本塁打、55打点をマーク。全打順でスタメンを務めるなど献身的な活躍で、3000万円アップを勝ち取った。今季もユーティリティぶりを発揮し、日本一奪回を目指す。

9位は8800万円で頓宮裕真。昨季は113試合に出場し、打率.307で首位打者を獲得。16本塁打、49打点もキャリアハイとなった。年俸は昨季から5300万円アップ、約2.5倍となった。今季も打撃面でさらなる進化を見せ、主軸として打線をけん引したい。

10位は8300万円で宗佑磨。昨季は122試合に出場し、3年連続となるゴールデングラブ賞とベストナインに輝き、年俸も500万円アップとなった。ただ、打撃成績は打率.245、2本塁打、22打点と寂しい数字に。節目のプロ10年目となる今季は打撃での巻き返しが期待される。

なお、トップ10入りはならなかったが、昨季チーム最多の53試合に登板した山﨑颯一郎が4700万円アップの7000万円、新人王を獲得した山下舜平大は3300万円アップの4000万円、遊撃手のベストナインに輝いた紅林弘太郎は3000万円アップの7200万円など、昨季活躍した若手選手も軒並み大幅アップを勝ち取っている。

【関連記事】
・2024年プロ野球年俸ランキング 大型契約選手が上位独占、FA移籍2年目迎える2人がジャンプアップ
・【ソフトバンク】2024年の年俸ランキング 柳田悠岐、近藤健介が5億円超え 1億円以上は13人
・【西武】2024年の年俸ランキング 源田壮亮が3億円でトップ、投手陣が大幅アップで迫る

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 新小学1年生の親が「将来就かせたい職業」 「男の子」2位は4年連続「会社員」、「女の子」2位は「公務員」、それぞれの1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  2. 【兵庫】21万株の芝桜が咲き誇る「芝桜の小道」が今年も無料公開

    PrettyOnline
  3. 【1週間限定】最大30%オフ!バーガーキング「春のチーズバーガー祭り」がお得すぎるって!

    ウレぴあ総研
  4. 素敵な女性になりたいなら……♡恋愛で大事なこと4つとは?

    4MEEE
  5. 【新店・雨のち虹】弥彦大鳥居のすぐそばに、ソフトクリーム専門店ができました! オープン

    日刊にいがたWEBタウン情報
  6. 新小学1年生の「将来就きたい職業」 【女の子】3位「保育士」、2位「芸能人・歌手・モデル」、圧倒的1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  7. 妻の代わりに家事をやったら…「夫の思いやり」と「妻の気持ち」のすれ違い【もやもやクラッシュ!】#11話

    ウレぴあ総研
  8. 10代での望まぬ妊娠、人工中絶をふせぐために必要な「子どもの性教育」

    saita
  9. 今が見ごろ! 春の花々も咲き誇る神戸の絶景スポットで“おしゃピク”はいかが?

    anna(アンナ)
  10. モテる人には訳があった!女性を本気にさせる男性の特徴4つとは?

    4MEEE