Yahoo! JAPAN

横浜市が特殊詐欺対策を呼びかけるチラシを約94万人に配布 「ナッジ」を活用し対策強化へ

タウンニュース

チラシの表のデザイン=市提供

横浜市では、特殊詐欺への対策を呼びかけるチラシを6月13日から介護保険料額決定通知書に同封している。65歳以上の第1号被保険者約94万2千人に順次発送される。

息子や孫をかたり現金をだましとる「オレオレ詐欺」や、還付金の手続を装ってATMへ誘導し操作させる「還付金詐欺」の被害が多発している。市によると、2023年は特殊詐欺が市内で933件発生し、暫定値で約20億7200万円の被害があった。神奈川県内の被害を人口比で考えると、神奈川県の約40%の人口の横浜市が被害件数、被害額ともに45%以上を占めている。

詐欺は電話に出てしまったことから始まるものが多く、留守番電話に設定しすぐに出ないようにするなどの対策が有効とされる。

対策を呼びかけるチラシは15年度から同封しているが、人の行動や特性に注目し、強制力を伴わず望ましい行動を促す「ナッジ」を活用したデザインは今回が初めて。

一見して詐欺に関するチラシとは分からないデザインにすることで、詐欺に気づくのは難しいと実感させ、留守番電話に設定するという具体的な行動を促すデザインになっている。

作成にあたり、科学警察研究所犯罪予防研究室長の島田貴仁さんと「横浜市行動デザインチームYBiT」が協力した。YBiTは、19年に地方自治体では日本で最初に設立されたナッジユニットで、行動科学の知見をふまえて行政実務の改善に取り組んでいる。

市職員は「県内の他の自治体と比べて横浜市は特殊詐欺の被害が多い傾向がある。一件でも被害を減らしたい」と話した。

チラシの裏のデザイン=同

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【京都ランチ】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

    キョウトピ
  2. 【西条市・ひなのや 丹原本店|耕】静かな隠れ家でかき氷とポン菓子を食べたい!

    愛媛こまち
  3. 「怪獣8号展」 4つの展示エリアイメージ解禁 曜日ごとのスペシャルイベント情報も

    SPICE
  4. 【チェーン店のかき氷食べ比べ2024】今年のガストは持ち帰りOK! パチパチアメが楽しい縁日みたいなかき氷

    ロケットニュース24
  5. 学資保険と新NISA、教育資金積み立てるならどっちがおすすめ?

    mymo
  6. “キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンを甥のジャファーが演じる アントワン・フークア監督による伝記映画『Michael』日本公開が決定

    SPICE
  7. 【奈良】曽爾高原で星空観賞を!「ペルセウス座流星群」イベント開催

    PrettyOnline
  8. 【上野】「1泊1980円ホテル」に1年ぶりに泊まってみた / 以前と変わったところがあるかどうか調べてみたら…

    ロケットニュース24
  9. 東京純心女子学園 卒業生ラランドサーヤさん講演 社会で活躍する女性として

    タウンニュース
  10. 本格的な茶道体験会 7月21日 町田市文化交流センターで

    タウンニュース