Yahoo! JAPAN

気になる“熟年離婚”のその後…元夫婦たちの末路 #8「ショックだった…子どもの一言」

ウレぴあ総研

熟年離婚を選ぶ人は、人生の区切りで離婚を思い立ったり「その日」を待ち望んで準備を続けていたり、事情は本当に人それぞれです。

問題なのは離婚後の生活で、生活費や住むところ、両親との関係など、結婚していたら直面することのなかった現実が襲ってきます。

熟年離婚したそれから後、元夫婦たちはどんな人生を送っているのか、お伝えします。

「長らく仮面夫婦状態で家庭内別居が続いていた元夫。三男が就職したら離婚しようとずっと前から計画しており、自分の親にも話して貯金をしていました。

男きょうだいが3人の我が家は、母の私を気遣ってくれるのは長男だけで、あとのふたりは好きなように過ごしています。

『早く家を出たい』と言う次男と三男については、親である私たちの破綻した状態が家庭に愛着を持てない原因だと思うし、申し訳ない気持ちはあります。

頼れる人のいない私が長男に依存してしまい、あれこれと愚痴を吐くのを聞かされる長男にも、今は本当に悪かったと思っています。

離婚するからと3人に伝えたときは、全員『仕方がないね』と受け入れてくれた雰囲気でした。

ところが、ショックだったのは離婚後、その長男から言われた一言です」

ハピママ*

「『離婚するのは想像がついていたし勝手にすればいいと思うけれど、老後の面倒についてはふたりを別々に見るようなことは無理だから。自分で考えてね』とはっきり言われました。

長男は同じ市内の会社に就職しているのですが、『俺は結婚しても母さんと同居とか絶対にしないからね』と何度か口にしています。

私の依存が長男には負担だったのだ、と思うと胸が痛いですが、離婚後にここまで遠ざけられるとは思わず、寂しい気持ちでいっぱいです。

老後についてはもちろん考えているし、子どもたちの世話になるのではなく自力でどうにかする道を選ぶつもりですが、それを伝えてもなかなか信じてもらえません。

ですが、これも元夫との仲を回復できなかった自分のせいだと思っています」(女性/50代/総務)

仮面夫婦も熟年離婚も、子どもにとっては親の勝手な事情です。

それを実感するのが離婚後に知る子どものこんな様子で、身を置く家庭がいかにストレスだったかがわかります。

確かに自業自得ともいえますが、それでも、ひとりでしっかりと生きていく姿を見せ続けるのが誠意ではないでしょうか。

(ハピママ*/弘田 香)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. グランドニッコー舞浜が4周年「4thアニバーサリースイーツブッフェ」開催

    あとなびマガジン
  2. スガキヤ大須店が”昭和レトロ”にリニューアル!昔懐かし限定・復刻メニューが楽しめる

    NAGOYA.
  3. 今年もあいつがやってくる…奈良市「なら100年会館」で恐怖と感動の「稲川淳二の怪談ナイト」

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  4. fox capture plan、コミックス累計発行部数1,750万部突破『【推しの子】』実写映像の劇伴音楽を担当

    SPICE
  5. 弱者男性は男性社会のどこにいる? 女性への「差別的行動」や「ミソジニー的考え」が発生する場所とは

    毎日が発見ネット
  6. 滑り台を家に取り入れると?子どもが喜ぶリビングのお家をルームツアー

    リブタイムズ
  7. 40代キャリア女性が即効性の高い投資をするなら、エステとホテルスイーツが鉄板?

    新しい働き方メディア I am
  8. 2024年5月30日オープン 京都ぷりん堂

    京都速報
  9. 『エリザベスカラーがとれた猫』はしゃいでいたら…柴犬が一緒に喜ぶ光景が尊すぎると67万8000再生「愛情と優しさ」「感動した」の声

    ねこちゃんホンポ
  10. 【ユニクロ】何枚も欲しくなる……!《セール価格》トップス

    4yuuu