Yahoo! JAPAN

東京湾の船エギダコ釣りで釣る人マダコ6尾キャッチ【神奈川・一之瀬丸】

TSURINEWS

エギタコで本命手中(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

6月2日(日)、東京湾金沢八景(洲崎町)の一之瀬丸から、解禁したばかりのマダコを狙って釣行した。

一之瀬丸でエギタコ釣行

7時、西村船長の操船で釣り客20人を乗せて出船。私の釣り座は右舷トモ2番。航程50分ほどの羽田沖でスローダウン。普段、大型旅客機を見上げることがないので迫力満点。「水深12mです、どうぞ」のアナウンスでエギを投入。

エギタコタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

仕掛けはオモリ25号にタコエギ2本、片方の背に豚バラ肉を巻き付ける。着底後、エギを小刻みに動かして乗る間を与えるようにステイ~大きく空アワセといった一連の動作を繰り返す。

西村船長(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

解禁直後なので「すぐに乗るだろう」と思っていたが、意外に渋い状況。それでも左舷では、ポツリポツリと上がっている。堤防側のため、乗りがいいようだ。

食べごろサイズヒット

3人グループで、「この釣りは初めて」という左舷ミヨシ2番の川合彩生さんはレンタルタックルで、同舷の村津さんもそれぞれ食べごろサイズをゲット。

食べごろサイズ手中(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

前者は、安価なエギにタコの嗅覚を刺激するスプレーを振りかけている。赤潮のような、真っ茶色の暗い潮が覆っていたので、この作戦が正解なのか……。

順調にキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

この流しではリリースサイズが数尾乗ってきたが、早々にこのポイントに見切りをつけて移動。15分ほど南下して、川崎沖堤周りへ。すると、右舷トモ3番の日下部さん、左舷胴の間の進士奈美さんに食べごろサイズがヒット。しかし、この場所も放流サイズ主体で再び移動が告げられる。

マダコ手中(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

良型も登場

しばらく走ったあと、「水深17mです。乗りは少ないと思いますが、アタれば型はいいですよ」とアナウンス。

良型確保(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

すぐに左舷胴の間の宮崎早代さんが期待通りの良型を取り込む。エギにはエビの形をしたソフトワームを装着していた。

良型ヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

最後の流しは、本牧海づり施設近くの水深5mの浅場。右舷トモの前田さんが良型をゲットしたあと、土砂降りの豪雨に。14時すぎに沖上がりとなった。

船中トップは6尾。解禁直後としては、やや物足りなさを感じたが、潮がかなり濁っていたので、それが直れば乗りが上向くはず。

<週刊つりニュース関東版APC・間宮隆/TSURINEWS編>

 

一之瀬丸

一之瀬丸(いちのせまる)  >

全10隻の釣り船でさまざまな釣り物に出船。定番のアジやシロギス、人気のタチウオやカワハギ、高級魚マゴチやマダイ、多彩な魚種を狙えます。初心者もベテランも誰もが楽しめる。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2024年6月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事