Yahoo! JAPAN

『お金がかかる』犬の特徴5選 どんなことに費用がかかる?主な共通点まで解説

わんちゃんホンポ

「お金がかかる」犬の特徴

一般的に『犬の生涯飼育費用には300~400万円かかる』といわれています。ライフスタイルや犬種によってかかる費用は異なりますが、犬1頭飼育するのに多くのお金がかかることは明白です。中でも、ある特徴や共通点を持つ犬はより支出が増える傾向にあります。

そこで今回は、「お金がかかる」犬の特徴について解説します。これから犬を飼おうと検討中の場合は、事前にしっかり確認しておきましょう。

1.暑さや寒さに極端に弱い

犬種によって、暑さや寒さが極端に弱い犬が存在します。

例えば、フレンチブルドッグやパグなどの短頭種は体の構造上、体温調節が苦手な犬種です。さらに、シベリアンハスキーなどの寒冷地原産の犬も、暑さに弱い代表犬種です。

一方、小型犬の多くは寒さに弱い傾向があります。中でも、イタリアングレーハウンドやミニチュアピンシャーは、短毛で皮下脂肪も少ないため寒さは極点に弱い犬種です。

このような特徴の犬を飼育するためには、エアコンなどの冷暖房完備は必須といえます。また、洋服代などの支出も発生するでしょう。

2.体格が大きい

お金がかかる犬と聞いて「大型犬」の飼育を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ご想像の通り、飼育に必要なあらゆる費用が小型犬とは桁違いです。

とある調査によると、小型犬と大型犬の生涯飼育費用は100万円ほども違います。

ごはんやおやつの量はもちろん、トリミングやペットホテルの利用も体格が大きくなるにつれて、料金が高くなるのが一般的です。その他、フィラリアの予防薬も体重によって料金が異なってきます。

3.定期的にトリミングが必要

トリミングサロンでは爪切りや肛門腺絞りなどの日常のケアから、シャンプーやカットまで幅広く行っています。

短毛種や柴犬などの日本犬は、被毛をカットしてもらう必要はありませんが、シングルコートの犬種は被毛が伸び続けるので定期的なお手入れが必須です。

国内で人気が高いトイプードルやチワワ、マルチーズなどはその代表的な犬種です。カット仕様や犬種にもよりますが、1回のカットは5000円前後のサロンが多いでしょう。プラスしてシャンプーや爪切りなども行うと1万円はあっという間に超えてきます。

出費がかさむからといってお手入れを怠ると、被毛がのびて目にかかってしまったり、毛玉ができて皮膚状態が悪くなったりするなど、日常生活に支障をきたします。トリミングサロンが必要な犬種は、どうしても支出額が高くなる傾向になります。

4.一般的に飼育が難しい

犬種によってしつけの難易度が異なることはご存じでしょうか。

頭の良いトイプードルや温厚なレトリバー種は、比較的しつけがしやすい犬種です。「飼育しやすい」という観点から見ると、初心者向けともいえます。

その一方で、賢すぎるボーダーコリーやポジティブすぎるがゆえにしつけが難しいシベリアンハスキー、マイペースで頑固な日本犬は、家庭内のトレーニングだけでは難しい場合も。そのため、ドッグスクールでプロのトレーナーさんと一緒にトレーニングをする飼い主さんも多いのです。

スクールの費用は一概にはいえませんが、3000円~1万円程度が1回あたりの目安の金額です。他の犬と一緒に行うグループレッスンより、1対1で行う場合や出張スクールの方が金額は高くなる傾向にあります。

5.遺伝的に疾患を患いやすい

犬種によっては、好発する遺伝性疾患を持っていることがあります。たとえば、ダックスフンドの椎間板ヘルニアや柴犬のアレルギー性皮膚炎などが代表的な例です。

犬の診療に公的保険はありませんので、全て実費で支払う必要があります。血液検査+エコー検査をして1万円を超えた…ということも珍しくありません。

もちろん、病気の発症は育った環境に左右されることも多いですが、犬種によって遺伝性疾患が判明されていることも事実です。

「少なくとも年に1回は健康診断を受ける」「若いうちからペット保険に加入する」「お迎えしたい犬種のことを事前によく調べておく」など、できることをしっかり行っておくと、いざという時に安心です。

まとめ

今回は、「おかねがかかる」犬の特徴について解説しました。

『ペットは家族の一員』という考えが当たり前となり、多くの商品やサービスで溢れるようになりました。「できることは全てしてあげたい」と考える飼い主さんも多いでしょう。

しかし一方で、「こんなにお金がかかると思わなかった…」という声も残念ながら耳にします。

犬を飼いたいと考えている方は、事前にかかるであろう支出金額を算出し、ご自身のライフスタイルも考えた上でお迎えしてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【松山市・ごごしまパーキング】愛媛県産のみかんを皮ごと使ったごちそう氷でクールダウン

    愛媛こまち
  2. 【久万高原・rinascente】清流・面河川で涼みながらワイルドにピザを頬張る!

    愛媛こまち
  3. 羽田空港アクセス線「臨海部ルート」も、2031年度に「東山手ルート」と同時開業に! 羽田空港アクセス線の3ルートをおさらい

    鉄道チャンネル
  4. モバイルゲームやAIアプリをLINEなどに公開できる注目の新サービス「nowStudio」がスタート【now.gg, Inc.】

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  5. 銀座の名店「ST.SAWAIオリオンズ」が7月23日に再オープン!和牛ローストビーフが話題。

    WWSチャンネル
  6. Rolls Royce、宇宙原子力発電のための国家宇宙イノベーション計画の資金を獲得

    DRONE
  7. Intelligent Energy、画期的な航空用水素燃料電池システム「IE-FLIGHT」を発売

    DRONE
  8. 【大阪】人とワンちゃんが一緒に楽しめるケーキが「ポアール」に誕生

    PrettyOnline
  9. 涼しい会場で盆踊り 7月27日、金沢地区センター

    タウンニュース
  10. 若葉台の夏まつり 猛暑の影響で開催断念 10月12日 大花火大会と合わせて秋まつりとして実施予定

    タウンニュース