Yahoo! JAPAN

パリはすぐそこ!オリンピックまでおよそ1か月!「バレーボールネーションズリーグ2024」 見どころを紹介

アットエス

ネーションズリーグはバレーボールの大会、年に1度開催される世界規模のビッグマッチです。今年開催の「バレーボールネーションズリーグ2024」は5月14日(火)に開幕しました。

SBSテレビでも実況生中継した日本ラウンド(開催地/福岡)は男女とも既に終了しましたが、その後の試合結果もレポートしていきます。

「バレーボールネーションズリーグ」とは?

世界のトップチームが競い合うこの大会、参加国は男女とも「コアチーム」と「チャレンジャーチーム」などから構成されるそれぞれ16チーム。

「コアチーム」はバレーの強豪国が選ばれ、この大会への参加が確約されたチームです。日本は男女とも「コアチーム」に選ばれています。

一方、「チャレンジャーチーム」は、出場権を失う可能性のあるチームで、大会で下位に沈めば他の国との入れ替え戦に臨み出場権を確保しなくてはなりません。

参加国は予選ラウンド12試合を戦い、勝ち点の多い上位8チームがトーナメント方式のファイナルラウンドに進出し、優勝を争います。

■男子日本代表 日程
予選ラウンド第1週 5月22日(水)〜5月26日(日)開催地/ブラジル
予選ラウンド第2週 6月4日(火)〜6月8日(土)開催地/日本(福岡)
予選ラウンド第3週 6月18日(火)〜6月23日(日)開催地/フィリピン
ファイナルラウンド 6月27日(木)〜6月30日(日)開催地/ポーランド

■女子日本代表 日程
予選ラウンド第1週 5月16日(木)〜5月19日(日)開催地/トルコ
予選ラウンド第2週 5月28日(火)〜6月1日(土)開催地/中国
予選ラウンド第3週 6月12日(水)〜6月16日(日)開催地/日本(福岡)
ファイナルラウンド 6月20日(木)〜6月23日(日)開催地/タイ

パリオリンピックでメダルを!バレーボール男子代表

日本代表の男子チームにとってこの大会は「パリオリンピックの前哨戦」と位置付けられ、悲願のオリンピックでのメダル獲得に向けた重要な大会となります。

去年9〜10月のオリンピック予選で5勝2敗の好成績をあげ、すでにオリンピック出場権を得ていた男子代表、大会前の世界ランクは4位とメダル獲得が現実味を帯びる立場にいました。

急速に力を伸ばし世界のトップレベルへ躍り出た男子代表ですが、その躍進の原動力となったのは、繰り返し行われた海外遠征でした。

世界を相手に経験を積み、威力あるサーブにも動じないレシーブ力と強烈なスパイクに対応する守備力を磨き、更にトリッキーなプレーも織り交ぜた多彩な攻撃を加え、好成績に繋げています。

今大会で強豪国相手に結果を残せば、1972年ミュンヘンオリンピック金メダル以来、実に52年ぶりのメダル獲得がぐっと近づく…大きな目標を見据え、この大会に臨みました。

今大会の男子代表 日本ラウンドでさらなる飛躍を!

大会に入り、世界ランキングで格下のアルゼンチン、セルビア、キューバに3連勝。4戦目で同2位のイタリアには敗れたものの、第1週を3勝1敗で終えました。

そして、第2週の日本ラウンド、初戦のイランに幸先よくストレート勝ちすると、続くドイツ戦はセットカウント1対2のビハインドから2セットを連取し勝負強さを発揮します。

ランキング1位のポーランド戦には選手を入れ替えて臨み敗れましたが、ランキング5位のスロベニア戦は、セットカウント1対1の後、1点を争う競り合いの展開となった2セットを連取。メンタルの強さを見せつけました。

ライバルチームの取りこぼしもあり、世界ランキングは3位へ浮上。パリでのメダル獲得を視界にはっきりと捉え、第3週のフィリピンラウンドに臨みます。

パリオリンピック出場のラストチャンス!バレーボール女子代表

女子代表の目標は明確でした。それは「パリオリンピック出場権獲得」。オリンピック予選ではあと1勝及ばず、惜しくも出場権を獲得することはできませんでした。

残されたオリンピックの出場枠は4。パリオリンピックの出場権は今大会の予選ラウンド終了時点での世界ランキングによって決まります。

出場権を得る条件は、(1)世界ランキングアジア最上位になる、(2)出場権を既に持つ国を除いた世界ランキング上位3チームに入る、この(1)と(2)のいずれかを満たす必要があります。

パリ出場権がない国の大会前の世界ランキングは、4位イタリア、5位中国、9位日本、10位オランダと続き、日本がランキングを2つ落とすとパリへの道が絶たれる状況でした。

今大会の女子代表 パリオリンピック出場権獲得!

大会が始まると女子代表は躍動します。初戦でランキング1位のトルコを撃破し、格下のブルガリア、ドイツも破り3連勝。3位のポーランドには敗れたものの、3勝1敗で第2週へ。

第2週も勢いは止まりません。2位のブラジルに敗れた後は、フランス、中国、ドニミカ共和国を相手に3連勝を飾り、プレッシャーを跳ね返し、実力を発揮しています。

特にランキング5位の中国に勝利した後、ランキングが近いライバルのドニミカ共和国戦では第4セットで8点ビバインドから逆転で勝利を掴んでいます。

これで世界ランキングは大会前の9位から、第2週終了時点で6位にジャンプアップ。中国をかわしアジア最上位となりました。

日本へ戻った第3週、韓国にはストレート勝ちをおさめたものの、続く第2戦、勝てばオリンピック出場が決まる試合で、ランキングで下回るカナダ相手に2-0からまさかの逆転負けを喫してしまいます。

しかしその後、他国の試合結果により、ランキングを出場権獲得圏内を維持できることが確定。日本女子代表はパリオリンピック出場を決めました。

残り2試合となった予選ラウンド、ランキング8位のセルビア戦は攻守が噛み合いストレート勝ちでしたが、5位のアメリカにはストレート負け、課題の残る結果となりました。

予選ラウンドは8勝4敗、今大会での順位は5位となり、タイで行われるファイナルラウンドへ進出した女子代表、世界ランキングは中国に抜かれ7位となりました。

ファイナルラウンド初戦はその中国との対戦。今大会で強豪相手に1試合でも多く戦い、パリオリンピックに繋げていきたいところです。

静岡県ゆかり、富田将馬選手(三島市出身)

富田将馬(TOMITA Shoma)1997/06/20生まれ アウトサイドヒッター
 

小学4年生から母の影響でバレーボールを始め、中学時代は東レアローズのジュニアチームである「アローズジュニア」でプレーしました。

そして、高校、大学と県外の強豪校でプレーした後、生まれ故郷の静岡県三島市に本拠を置く「東レアローズ」の一員として帰ってきたのです。

転機となったのは中学時代。富田選手はバレーに魅力を感じながらも学校には部活がなく、陸上競技部に所属しました。その姿を見た母親は知り合いの社会人クラブに練習参加をお願いしたのです。

これをキッカケに社会人クラブの練習に参加。そこからアローズジュニアの指導者との縁ができ、アローズジュニアへ加入。こうして中学時代にバレーを続ける環境が整いました。

そんな富田選手はひたむきに練習を重ね、2020年以降は日本代表にも招集、2022年にはVリーグのレシーブ賞を受賞するなど、圧倒的なレシーブ力を誇る名手へと成長します。

2023年のネーションズリーグにも出場した富田選手は、今シーズン末に東レアローズを退団しました。

心機一転臨んだ今大会では、出場機会が限られる中、日本ラウンドで世界ランキング1位のポーランド戦で先発出場を果たしました。

男子代表がメンバーを入れ替え戦ったこともあり、ストレート負けという悔しい結果となりましたが、この経験を糧にパリオリンピックのメンバーに名を連ねて欲しいものです。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【宝塚記念コラボ】本命はアッ!と驚く伏兵馬 サンスポZBAT!競馬から穴党ベテラン記者が参戦【動画あり】

    SPAIA
  2. 【北海道の週末天気予報】今週末の天気はどうなる?/気象予報士執筆

    Sitakke
  3. 【京都】かき氷も人気!京野菜使用のヴィーガンフレンドリーなレストラン

    PrettyOnline
  4. アニメ『異世界スーサイド・スクワッド』放送直前! OP映像や第1話あらすじ&場面カット、追加ヴィランなど新情報が一挙解禁

    PASH! PLUS
  5. 【宝塚記念】AIは一強評価も2番手以降は混戦! 買い目は3連単30点を推奨で2週連続的中を狙う【動画あり】

    SPAIA
  6. 芥見下々『呪術廻戦』展コラボ企画『ヒカリエ事変』の全ぼうが明らかに 「渋谷事変」で対峙したキャラモチーフのメニューも登場

    SPICE
  7. 全量を特異な石灰岩系硬水で醸す金賞常連蔵 【帝松】松岡醸造‐埼玉県

    酒蔵プレス
  8. 【3時間しゃぶしゃぶ天国】これだけ豊富で3000円から!?しゃぶ葉の「宴会コース」のコスパが良すぎる…!【食べ飲み放題】

    ウレぴあ総研
  9. 墨の美術館 書道家、濱﨑道子の小品展  朗読会の開催も

    タウンニュース
  10. 実篤の名言味わう 茜萌会書道展

    タウンニュース