Yahoo! JAPAN

寒さの残る今も楽しめる「雪中四友」って?【気象予報士・片山美紀の散歩術】

さんたつ

日脚(ひあし)は長くなってきましたが、まだ空気は冷たい2月。暖かくて心地良い春が待ち遠しいですよね。サクラが咲いたらどこへお花見に行こうか……。そんな計画を立てる前に、今の時期からお散歩中に楽しめるお花を紹介します。

寒い季節に咲き誇る「雪中四友」とは?

「雪中四友(せっちゅうのしゆう)」ということばをご存じでしょうか?これは中国で生まれたもので、古くから画の題材として好んで描かれた4つの花、梅(ウメ)、蝋梅(ロウバイ)、水仙(スイセン)、山茶花(サザンカ)のことです。文字通り、雪の降る寒い中で花を咲かせます。日本人にとっても親しみがあり、どれも街中で散歩しながら楽しめる花々です。

古くはお花見といえば「梅」だった!?

春が近づくと真っ先に花開くのが梅です。寒空の下、ふと見上げて木の枝の先に咲いているのを見つけた時は「春もすぐそこだ」とうれしい気分になります。桜に比べると小ぶりで少し地味な印象もありますが、実は古くは「お花見」といえば桜ではなく梅を愛でるイベントだったことをご存知でしょうか?

お花見の風習が生まれたとされる奈良時代、お花見として親しまれていたのは、中国から伝わった梅が主流でした。

奈良時代に成立した日本最古の和歌集とされる「万葉集」でも、桜に比べて梅を詠んだ歌が圧倒的に多かったのです。平安時代になり、やがて人々の関心は桜へと移っていきますが、春の訪れを真っ先に知らせてくれる梅の姿に令和の時代も魅了されている人は多いはず。

ことしは一足早く楽しもうと「梅見散歩」に出かけたところ、数日前に降った雪がまだ残っている中、ちらほらと可愛らしい梅たちが寒さに耐えるように花開いていました。梅と一口に言っても、赤にピンクに白、花びらにはグラデーションのように少しずつ違いがあります。そして、違いがあるのは色だけではありません。近くで遊んでいた子どもたちが香りも花によって違うことを教えてくれました。

早春に真っ先に咲くことから「百花の魁(さきがけ)」とも呼ばれる梅の花。その種類は数百種類にも及ぶといわれますが、色に香りに様々な違いを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

奥ゆかしく美しい「ロウバイ」の香りも味わってみて

梅と姿形がよく似ている冬の花といえば、蝋梅(ろうばい)があります。

「梅」と名が付けられていますが、バラ科の梅とは別物でロウバイ科の植物です。透き通るような黄色い花びらは、ろう細工のように見えることからロウバイといわれるようになったそうです。

ロウバイの花言葉は「奥ゆかしさ」や「慈悲の心」など。お辞儀するように花を咲かせて、ほんのり控えめに香りでアピールする姿は花言葉通りの奥ゆかしさに思えます。

あまりの美しさに恋しちゃった!あの言葉の語源「スイセン」

スイセンの花には名前にまつわる興味深いエピソードがあります。まず「水仙」という漢字を当てた名は中国伝来のものです。古代中国の「仙人には天に在るを天仙、地に在るを地仙、水に在るを水仙」という文章が元になっているといわれています。

また、スイセンの学名は「Narcissusz(ナルキッスス)」です。何だか響きになじみのあることばではないでしょうか?

ナルキッススは自己愛を意味する「ナルシスト」の語源といわれています。

ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッススは、池の水面に映る自分の姿があまりにも美しいと陶酔し、そのまま死んでしまい、その場所に咲いていたのがスイセンだったという言い伝えがあります。

スイセンには「雪中花」という別名もあります。一定の寒さにさらされないと開花できず、名前の通りに寒い季節だからこそ楽しめます。

ツバキと似ている!?散り際に注目してほしいサザンカ 

「雪中四友」ラストの花は、サザンカです。

街中の公園や道路沿いの植え込みでもよく見かける花です。ツバキの花とよく似ていますが、花の咲き方や葉の大きさなどに違いがあります。ことしはもうサザンカの見頃を過ぎていますが、そんな時だからこそツバキと決定的に違う特徴を見ることができるんです。

その違いとは、花の散り方です。

ツバキの花はボトリとお花の形を崩さずに落ちるのに対し、サザンカは花びら一枚一枚ばらばらに散っていきます。

朝晩を中心にまだ冷える2月。今だからこそ楽しめるお花を眺めながら、春を待ちたいですね。

文=片山美紀 写真=片山美紀・写真AC

参考
「空の歳時記」(京都書院)平沼洋司
北海道 花めぐり・庭めぐりhttps://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/tkn/hana/flower/he009.html
ウェザーニューズ 「サンサカ」から読み方が変わった、ツバキに似た花とは?
https://weathernews.jp/s/topics/202312/150095/

片山美紀
気象予報士
大阪府出身。大学卒業後、放送局での勤務を経て気象予報士、気象キャスターに。街歩きをしながらお天気ネタを探すのが趣味。空を眺めようと上を向きがちです。NHK総合「首都圏ネットワーク」などに出演中。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【レビュー】足裏〜お尻まで電流で楽々筋トレ! 温熱EMS『もてケアFOOT EX』の使用感

    特選街web
  2. ★明日のラッキー星座は? 12星座占い・運勢ランキング【2024年4月20日(土)】

    anna(アンナ)
  3. 関西初や新ブランドも!2024年大阪や京都にオープンしたグルメ店まとめ

    PrettyOnline
  4. 「在来種の放流」に見直しの動き 遺伝子汚染のリスクや逆効果になるケースも

    TSURINEWS
  5. 北九州穴生ドームで「第51回八幡西区子どもまつり」 5年ぶりの開催【北九州市八幡西区】

    北九州ノコト
  6. 世界に1つだけのオリジナルデザイン「カルピス」が作れる!プチギフトにも使えるじゃん。

    東京バーゲンマニア
  7. 「私に何かできませんか?」とサポートを申し出る表現  ––––ニュアンスの違いをネイティブが解説 【ラジオビジネス英語】

    NHK出版デジタルマガジン
  8. 【魚を釣る確率を上げる】ために誰でも今すぐ出来る3つのこと 元釣具屋店員が解説

    TSURINEWS
  9. 宮沢りえに栗山民也の演出、オーランドの役柄などを聞く PARCO PRODUCE 2024『オーランド』オフィシャルインタビュー公開

    SPICE
  10. 新作ミュージカル『ディズニー くまのプーさん』 アンバサダーの福尾誠がプーさんと対面&魅力を語ったインタビューが公開

    SPICE