Yahoo! JAPAN

人気中華店が西中洲から白金に移り、より心地良い食の時間を提供【福岡市】

UMAGA

星期菜内観

西中洲の水上公園にあった中華レストラン「星期菜 西中洲店」が白金へと移転、店名も「白金中華 星期菜」に改め、新たなるステージの幕を開きました。

もとを辿ると2014年に、博多区須崎町にある「星期菜」の流れを汲んで白金と西中洲に2店舗がオープン。西中洲の方は西洋から見た中華を表現するシノワズリスタイルを確立していきました。それから10年経った節目の今年、「食の時間をより良いものに昇華させたい」との想いによって今回の移転リニューアルとなりました。

お店は、同系列店「白金茶房」の敷地左奥にあります。間違って手前の「白金茶房」に入ってしまうお客も少なくないとのことなのでご注意を。ここは2019年まで「星期菜 白金店」を営んでいた場所であり、その後は和食店になっていました。白金に「星期菜」が戻ってきたと喜ぶ近所の方々も多いそうです。

お店はまるで隠れ家のよう。扉を開けると、吹き抜けで解放感ある空間が現れます。「西中洲は街中にあり、また団体でもご利用できるような広い空間でした。ここではプライベート感を重視し、より居心地良く落ち着いて食事を楽しんでいただければと思います」と料理長の平田公貴シェフ。以前はカウンター席だけでしたが、グループや家族連れも利用しやすいようにと奥をテーブル席に改装し、最大8名までの半個室対応もしています。

2014年から「星期菜」の総料理長を勤めてきた平田シェフ。今回の移転リニューアルでの変化を聞くと、「お客様との距離感が大きく変わりましたね」と話します。

西中洲の店舗はホールとキッチンが離れていたため、基本的にお客の表情を見ることはなく、席数も多かったので黙々と料理を作り続けているといる状況でした。「今はカウンター越しに会話もできますし、テーブル席もキッチンから見えるので、お客様の反応をダイレクトに感じられます。また席数が減った分、やれる範囲で個別対応もできるようになったのは料理人として嬉しいところです」。

メニューは昼はランチセットとコース、夜はアラカルトとコースという構成です。ランチのセットメニューは9種類の中から選べるメイン、点心2種、デザートor中国茶という内容で1980円です。「場所的にも空間的にも初めてだと入りづらい店なので、まずはお昼に気軽に来ていただければと思っています」と平田シェフ。コースは旬の食材を主体に基本日替わりで、昼は3300円から、夜は6600円から用意されています。

この日は、アラカルトで楽しむことにしました。

まずは前菜から「中華前菜5種盛」(1320円)です。地産地消と旬の食材を大切にする平田シェフの精神が表れる一皿で、この日は豚スネ肉の煮こごり、蒸し博多地鶏のネギソース、糸島豚のチャーシュー、有明クラゲの和え物、ホタルイカの紹興酒漬けという内容でした。
「素材の味を感じてほしい」と味付けはやさしく、中華系スパイスはほんのり感じられる程度に使われています。また蒸し鶏はふんわり、クラゲはプチッと弾けるような瑞々しさというように、それぞれ絶妙な火加減により見事な食感が生まれています。

次は「黄金麻婆豆腐」(2090円)です。須崎のお店の流れを汲んで上海カニの味噌をベースにしています。麻婆豆腐といえばミンチ肉が定番ですが、こちらはカニ味噌の風味を邪魔しないよう具材はエビやイカなどの海鮮を使用。また、豆板醤は使わずに一味と山椒で辛味を出しています。味わいはとってもあっさりしていて一口目はもの足りなさを感じる方もいるかもしれません。でも、食べ続けるほどに深みが増していき、食べ終えたときにはちょうどいい塩梅の味のバランスに。火をさっとだけ通し、運ばれる間に熱が回るよう工夫された海鮮のぷりぷり具合も感嘆ものです。

そして最後に「糸島韮翡翠麺」(1540円)をいただきました。スープの全面が細かく刻んだニラに青々と覆われていて、まさに翡翠のように美しい一品です。

これもまたあっさり上品な味の鶏ガラスープにもっちり麺、ニラの下にはしょうゆベースのタレで炊いた糸島豚のスライスも潜んでいます。ニラは生に熱いスープをかけただけの状態なので、シャキっとした食感と新鮮で豊かな香りが楽しめました。ちなみに、糸島産のニラを一把丸ごと使っているそうです。

アラカルトメニューは、前菜、点心、海鮮、肉、飯、麺、デザートとひととおり、定番からオリジナルまで豊富に揃っています。北京ダックやフカヒレなどの高級食材を使った料理もありますが、1000円台の料理が多く1000円以下のものもあります。これならハレの日はもちろん、普段使いのお店としても重宝しますね。

さらに居心地が良くなった空間と、シェフが見渡せる距離感の近いおもてなし。新しくなった「星¬期菜」で、より良い食の時間が過ごしてみてください。

白金中華 星期菜(セイケイツァイ)
福岡市中央区白金1-11-7白金茶房敷地内
092-791-3210

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. あなたの願い事が叶うかもしれない七夕企画♪ AQUARIUM×ART átoa(アトア)が「アトアで叶えたい願い事」を募集中 神戸市

    Kiss PRESS
  2. <義母の介護に絶望……>駆け落ち義父!残った家族……嫁への負担増「私がやるしかない!」【まんが】

    ママスタセレクト
  3. 部屋干しの洗濯物もすぐ乾く!強力送風&お手入れらくらく「コンパクトサーキュレーター」が超優秀

    ウレぴあ総研
  4. バレーボール男子日本代表、高橋藍がリザーブ登録へ富田将馬と交代【ネーションズリーグ第3週】

    SPAIA
  5. 【四街道市】地域密着型コーラスグループによる「YASUE FAMILYコーラスつくしジョイントコンサート」が6月29日に開催

    チイコミ! byちいき新聞
  6. 【奈良クラブ】Jリーガーとファンが田植えで交流!「奈良クラブ農園」で地域貢献!

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  7. 【奈良】近鉄奈良駅すぐに誕生!旬のフルーツ満喫!『nico cafe 158(ニコカフェ)』のアフタヌーンティー

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  8. 【韓国ドラマ】思わずイッキ見しちゃった……。共感が止まらない話題作

    4MEEE
  9. 辻希美、帰宅後に急いで準備した夕食のメニュー「打ち合わせと取材があり」

    Ameba News
  10. 『フジロック』まで35日! 予約が取りづらいお店や話題のお店など“フェスごはん”全店舗発表

    SPICE