Yahoo! JAPAN

明石に縁のある『横河家』とは?その活躍の歴史を紹介! 明石市立文化博物館 企画展「東二見 横河家の功績 -大坂の陣から近代建築まで-」明石市

Kiss

明石市立文化博物館(明石市)で6月1日より企画展「東二見 横河家の功績 -大坂の陣から近代建築まで-」が開催されます。会期は6月30日まで。

室町時代から東二見(明石市)に拠点をおいていたと伝わる『横河家』から大量に寄贈された資料群を中心に、戦国時代末期から明治・大正にかけて横河家の人々が活躍した様子を紹介する展覧会。

「徳川家康感状」(同館蔵)

横河家が歴史の表舞台に登場したのは戦国時代末期。武将の横河重陳(しげのぶ)が「大坂冬の陣」の伯楽渕(博労渕)の戦いに徳川方として出陣した際に、豊臣方の将・平子主膳を打ち取ったことで、徳川家康や主君の池田忠長から “一番槍” の功績を称える感状を与えられました。重陳の子孫はその後も池田家に仕え、鳥取藩士として明治を迎えます。

「三条実美短冊」(同館蔵)

また、江戸時代の東二見(明石市)には『室谷』と姓を変えた横河家の一族が残り、幕末には医師として、また学者や企業家として活躍しました。写真の「三条実美短冊」は、幕末・明治の公家で太政大臣を務めた三条実美の書跡。横河秋濤の叔父が三条家に仕えた縁で頂いたものだそうです。

三越呉服店

ちなみに、明治から大正時代に建築された当時の最先端ビルを設計したのは、東二見生まれの横河民輔。学者であり建築家であり、横河グループの創業者でもあります。現在も「横河ブリッジ」や「横河電機」など数多くの企業にその名が残っています。

<記者のひとこと>
戦国時代から現在に至るまでその名が残っている『横河家』。時代ごとに一族の人間が活躍しているのは素直にすごいですね!こういった展覧会を企画できるのが、明石市立文化博物館のすごさだと個人的には思います。


会期
2024年6月1日(土)~30日(日)

場所
明石市立文化博物館 1階 特別展示室
(明石市上ノ丸2丁目13-1)

時間
9:30~17:30(入館は17:00まで)

観覧料
大人 200円
大学・高校生 150円
中学生以下 無料
※20名以上の団体は2割引
※65歳以上の方は半額
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・ミライロID手帳提示の方と介護者1名は半額
※シニアいきいきパスポート提示で無料

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 『ザ・ソプラノズ』ジェームズ・ガンドルフィーニが見せた“親子愛”

    海外ドラマNAVI
  2. リーグ戦再開!セ首位・広島は床田寛樹が先発、勝てばハーラートップタイ8勝目 対する中日は「防御率0.56」髙橋宏斗

    SPAIA
  3. 【球磨郡水上村】週末のみの営業!わざわざ出かけて行きたい!「ログカフェ 市房の風」で心と身体を癒されてきました。

    肥後ジャーナル
  4. 「私の会社の前を朝から晩までうろつく汗だくの男性。『ちょっとおかしい』と感じて...」(千葉県・60代女性)

    Jタウンネット
  5. 【柏崎市・かしわざきセントラルビーチ】目の前は海!最高のロケーションで爽快キャンプやバーベキューを楽しめます

    日刊にいがたWEBタウン情報
  6. 7月15日(月祝)開催|小学生向け【おんがくミュージアム】と、0歳からコンサートデビュー【スカイパーティー】同日開催!@J:COM浦安音楽ホール

    浦安に住みたい!Web
  7. 『不安な気持ちになりやすい犬』の特徴3選 心配性なワンコがよくする仕草や行動まで

    わんちゃんホンポ
  8. 猫の『トイレの失敗』が増えた?原因として考えられる病気5選

    ねこちゃんホンポ
  9. 神戸の絶景ど真ん中!ビアガーデン使いも◎ 神戸ポートタワーの『PORT TERRACE(ポートテラス)』でフリードリンクも楽しめる特製コースが登場 神戸市

    Kiss PRESS
  10. あの「木彫りの熊」がアイスに?!パフェ専門店が作るちょっとレトロ気分のもなかアイス

    おとりよせネット