Yahoo! JAPAN

夜の電気ウキ釣りでヒラ&マルセイゴ(スズキ)が連発【熊本・三角港】

TSURINEWS

ヒラ&マルセイゴをキャッチ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

三角港(熊本県宇城市)の夜釣りで、セイゴの食い気が盛んになってきた。5月8日に釣行した際は、短時間で納得の釣果に恵まれた。

三角港のセイゴ釣り

三角港のセイゴは一年を通して狙えるものの、夏から秋は釣れる確率が高い。これを釣り人の間ではハイシーズンといい、20~30cmの数が望める。ことしは例年よりもひと月ほど遅れているが、釣況は徐々によくなっている。

当日の状況

この日の満潮は午後9時半ごろ(同県三角港)。満潮前後にアタリが多いため、タイミングを見て7時過ぎに現着。日没から宵の口までの半夜釣りに臨んだ。

三角東港は不発

まずは通称・三角東港に釣り座を構えた。ウキは遠近自在に探れるLFスマート。ハリは刺さり抜群な速手チヌを選択。タナを1ヒロとり、サオ下から探りを入れた。

気ウキ釣りのタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

釣りイトを垂れること15分、まるで魚の気配がない。ここは粘らず、すぐに見切りをつけて三角西港に移動した。

ヒラセイゴが登場

同港に着くと、雨風に苦戦。車を横付けし、なるべく風が当たらないよう釣りを再開。その1投目だった。ウキがおさえ込まれ、ゆっくり沈んだ。間髪を入れずにアワセを入れると、サオにのった。ヤリ取りを楽しみながら、そっと抜き上げたのは30cmほどのヒラセイゴ(ヒラスズキの若魚)だ。

ゲスト混じりで連発

そのまま釣れるパターンにハマった。同型のヒラセイゴとマルセイゴ(スズキの若魚)を連打。

ヒラ&マルセイゴをキャッチ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

さらにゲスト魚のメバルやアラカブも交じる。しかし、満潮を迎えると波しぶきを被るようになったため、さすがに「堤防で濡れるのはNG」。午後9時半に納竿した。

今後の展望

当日の本命は3尾にとどまったが、ゲスト魚交じりで楽しめた。1時間ほどのサオ出しにしては納得の釣果。三角港のセイゴは、これからが本番。「潮を見て」釣行すれば、きっと数が望める。そろそろ蚊も増えてくるので、虫除けスプレーを持参してほうがよさそうだ。

<松田正記/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【船釣り釣果速報】腹パンのジャンボイサキが続々顔出し(大分・熊本)

    TSURINEWS
  2. 愛猫の「目が寄り気味」だと気づいたら…気になる3つの理由 治療は必要なの?

    ねこちゃんホンポ
  3. 『しっぽがクルクルしている犬』4選 可愛すぎる特徴や犬種ごとの違いまでご紹介

    わんちゃんホンポ
  4. 4年ぶり!ビア缶チキンなどスペシャルメニューも 山陽百貨店の屋上ビアガーデン「HOPLAND HIMEJI」開催 姫路市

    Kiss PRESS
  5. 高校3年生の娘に大量の蕁麻疹が出て皮膚科を受診「これ以上ひどくならないといいけど」

    Ameba News
  6. 自分を『トイプードルの一味』だと思っている柴犬…集会に溶け込む姿が『可愛すぎる』と202万表示「馴染んでて草」「大丈夫、色味は同じ」

    わんちゃんホンポ
  7. 『赤ちゃん猫』達がみんなで"威嚇"した結果…可愛すぎる"やんのかステップ"が70万再生「威嚇されても可愛いだけw」「癒しな光景」

    ねこちゃんホンポ
  8. ジェニファー・ロペス、家族を残してイタリアへ 友人達と休暇を満喫

    Techinsight
  9. サザンオールスターズ、ディスコ×EDMダンスナンバー「恋のブギウギナイト」を配信リリース ドラマ『新宿野戦病院』の主題歌に決定

    SPICE
  10. ノンスタ石田、自宅でプール開きをするも部屋で遊んでいた次女「長女ちゃんと三女ちゃんは楽しんでました」

    Ameba News