Yahoo! JAPAN

ソフトバンク・有原航平が国内FA権取得「支えてくれた皆様のお陰」古巣・日本ハムにも感謝

SPAIA

ソフトバンク・有原航平,ⒸSPAIA

昨季NPBに復帰した31歳が国内FA権取得

ソフトバンクの有原航平投手(31)が18日、国内FA(フリーエージェント)権の資格取得条件を満たした。有原は日本球界に復帰した2023年から3年契約を結んでいる。

広陵高から早稲田大を経て2014年ドラフト1位で日本ハムに入団した右腕は、1年目から先発ローテーションの一角として8勝を挙げ、新人王を獲得。翌2016年には初の2ケタ勝利(11勝)、2019年には15勝を挙げ最多勝に輝いた。

2020年オフにポスティングシステムを利用し、MLBのレンジャーズへ移籍。4月14日のレイズ戦でメジャー初勝利を挙げるも、その後は故障などの影響で振るわず。2022年オフにFAとなり、ソフトバンクへ移籍し、3年ぶりに日本球界へ復帰した。

昨季は17試合に先発し、チームトップの10勝、防御率2.31と安定した投球を見せた。今季はここまで3試合に先発して1勝2敗、防御率3.48。NPB通算成績は149試合に登板(先発は145試合)して、71勝57敗2セーブ1ホールド、防御率3.55となっている。

有原投手のコメントは以下の通り。

○有原航平投手コメント
まず北海道日本ハムファイターズに入団し、良い時も悪い時も見守って下さった当時の監督栗山英樹さん、お世話になったファイターズのフロント、スタッフ、コーチの皆様に感謝いたします。
また、福岡ソフトバンクホークスに迎えていただき、チームの皆様のサポートにも心より感謝いたします。
支えてくれた皆様のお陰で本日FA権を取得する事が出来ました。 今後も、チームのために自分ができることを精一杯、目の前の試合を全力で戦っていきたいと思います。

【関連記事】
・ソフトバンク・甲斐拓也が国内FA権取得「今は小久保監督を胴上げすることしか考えていません」
・2024年にFA権取得見込みのプロ野球選手、宣言なら争奪戦必至の目玉は?
・ 青天の霹靂だった移籍から再起へ 巨人・高橋礼、西武・甲斐野ら新天地で輝く元ソフトバンク戦士たち

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事