Yahoo! JAPAN

SafranとEdge Autonomy、VTOL型ドローンPenguinの新しい構成「Lanner」を発表

DRONE

Safran Electronics & Defense(以下、Safran)とEdge Autonomyは、Eurosatory 2024展示会で、VTOL型ドローンPenguinの新しい構成「Lanner」を発表

Lanner構成は、現場で実証されたPenguinドローンプラットフォームに基づいており、フランス軍のSDTL(軽戦術ドローンシステム)プログラムの要件を満たすように特別に改造されている。

この構成では、Penguinドローンは、電気光学/赤外線システム、電子戦(無線信号や妨害の検出など)、レーダー、弾薬など、同時デュアルペイロード機能を通じて複数のミッションに対応できる。これにより、陸上および海上の諜報、監視、偵察ミッションを実行可能だ。

Edge Autonomy社の最高成長責任者ジョシュ・スティンソン氏は、次のようにコメントする。

Safran Electronics & Defense社と提携し、世界クラスのドローンをフランス軍に提供できることを嬉しく思います。 Lanner構成は、Edge Autonomy社のPenguinドローンの実証済みの機能と、オプトロニクス、PNT(位置、ナビゲーション、タイミング)、ドローンの耐空性、ミッションシステムに関するSafran社のシステム専門知識を活用しています。

Safran Electronics & Defense社の防衛グローバル事業部門のエグゼクティブVP、アレクサンドル・ツィーグラー氏は、次のようにコメントする。

Safran Electronics & DefenseはEdge Autonomyと協力し、Penguinドローンをカスタマイズして、国防省の独自かつ厳しいニーズを満たす特別な機能強化を施しました。Penguinは高性能ドローンで、さまざまな条件下で何万時間もの飛行実績があり、実戦で実証されています。

ヨーロッパで開発・製造された Lanner構成により、SafranとEdge Autonomy は戦術ドローンのヨーロッパのリーダーとしての地位を確立したという。

このパートナーシップは、フランス軍装備のSDTL入札に対する Safran Electronics & Defenseの対応をサポートする。両社の能力は、フランス国防省とパートナー国のあらゆる運用ニーズを満たすことができる完全な戦術ドローンの範囲において、実証済みの経験と技術革新のユニークな組み合わせを提供するとしている。

Edge Autonomy

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【松山市・ごごしまパーキング】愛媛県産のみかんを皮ごと使ったごちそう氷でクールダウン

    愛媛こまち
  2. 【久万高原・rinascente】清流・面河川で涼みながらワイルドにピザを頬張る!

    愛媛こまち
  3. 羽田空港アクセス線「臨海部ルート」も、2031年度に「東山手ルート」と同時開業に! 羽田空港アクセス線の3ルートをおさらい

    鉄道チャンネル
  4. モバイルゲームやAIアプリをLINEなどに公開できる注目の新サービス「nowStudio」がスタート【now.gg, Inc.】

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  5. 銀座の名店「ST.SAWAIオリオンズ」が7月23日に再オープン!和牛ローストビーフが話題。

    WWSチャンネル
  6. Rolls Royce、宇宙原子力発電のための国家宇宙イノベーション計画の資金を獲得

    DRONE
  7. Intelligent Energy、画期的な航空用水素燃料電池システム「IE-FLIGHT」を発売

    DRONE
  8. 【大阪】人とワンちゃんが一緒に楽しめるケーキが「ポアール」に誕生

    PrettyOnline
  9. 涼しい会場で盆踊り 7月27日、金沢地区センター

    タウンニュース
  10. 若葉台の夏まつり 猛暑の影響で開催断念 10月12日 大花火大会と合わせて秋まつりとして実施予定

    タウンニュース