Yahoo! JAPAN

巨人・松原聖弥と西武・若林楽人の交換トレード成立 新天地で輝き取り戻せるか

SPAIA

巨人・松原聖弥,ⒸSPAIA

ともに俊足巧打の外野手

巨人・松原聖弥外野手(29)と西武・若林楽人外野手(26)の交換トレードが24日、両球団から発表された。

松原は仙台育英高から明星大を経て2016年育成5位で入団し、2018年に支配下登録。2021年には135試合に出場して規定打席に到達し、打率.274、12本塁打、15盗塁をマークした。

しかし、助っ人外国人や長野久義、秋広優人らの加入でポジション争いが激化し、出番が減少。今季は9試合出場にとどまっていた。

一方、若林楽人は駒大苫小牧高から駒澤大を経て2020年ドラフト4位で入団。1年目の2021年は俊足を武器に出場44試合で20盗塁をマークした。

しかし、左膝前十字靭帯損傷のためシーズン中に手術を受け、2022年5月に一軍復帰を果たしたものの出場機会は増えず、今季は19試合出場で打率.129、2盗塁にとどまっている。

ともに俊足巧打の似たタイプではあるが、新天地で輝きを取り戻せるか。両選手のコメントは以下の通り。

■松原聖弥
「読売ジャイアンツに入って7年半、とても良い経験をさせていただいたと思っています。今の自分があるのもジャイアンツのおかげです。本当にお世話になりました。ユニホームは変わりますが、引き続き応援いただければありがたいです。今後とも応援よろしくお願いします」

■若林楽人
「一番思い出に残っているのは初スタメンの試合で、自分の名前がコールされたとき、プロ野球選手になったんだなと実感しました。僕はリハビリ期間も長かったですが、どんなときもタオルを掲げて応援してくださったファンの皆さんには感謝しかありません。新天地でも走攻守でアピールして、戦力として認識してもらえるよう、一生懸命、一から頑張ります」

【関連リンク】
・日本球界屈指の「ローボールヒッター」は誰だ?12球団低め打率ランキング
・ヤクルト奥川恭伸の復活度をデータでチェック、2021年と比較して見えた課題と収穫
・過去18回でタイトル獲得率は「55.6%」 セ・パ交流戦MVP受賞者の“その後”

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 中高生の皆さん!最新の設備と知見で科学体験してみよう 関学の神戸三田キャンパスで「ひらめき⭐︎ときめきサイエンス2024」開講 三田市

    Kiss PRESS
  2. 三宮で『市長・教育長と子どもたちとの意見交換会』が開催されるみたい。参加無料

    神戸ジャーナル
  3. 【熱海土石流から3年】3年経った今も避難生活を続ける世帯も。現地の状況、生活再建の実態は?原因究明に関する新たな可能性とは⁉

    アットエス
  4. 災害時に生き抜くためのスキルを学ぶ! 兵庫県立甲山森林公園で「サバイバルマスター1DAYチャレンジ(ナイフ編)」開催 西宮市

    Kiss PRESS
  5. 霜降り・粗品VS芸人36人「粗品ゲーム」で真夜中に激突 “チーム奇人”のナダルに同情の声も

    Techinsight
  6. 浜田ブリトニー、不正出血が止まらず婦人科を受診した結果「激痛のあまり貧血状態になってしまい」

    Ameba News
  7. 絵師必見!ミツハニーが教えてくれたデフォルメイラストの可愛さテクニックに「素晴らしい発見」

    にじめん
  8. 柴犬軍団が散歩中に『他の犬を発見』した結果…想像の斜め上をいく『圧』が97万再生を突破「柴ハラスメント」「柴圧かけられたいw」と爆笑

    わんちゃんホンポ
  9. お盆期間は1時間早くオープン!楽しい企画が満載♪ AQUARIUM×ART átoa(アトア)で夏季限定「体験プログラム」開催中 神戸市

    Kiss PRESS
  10. <まさかの大逆転>子育てが終わった後に夫婦一緒にいる意味って何?いろんな人の意見を聞いた結果

    ママスタセレクト