Yahoo! JAPAN

中川大輔が第170回直木賞を受賞した万城目学に花束贈呈をする姿も 舞台『鴨川ホルモー、ワンスモア』合同取材会レポートが公開

SPICE

(左から)男性ブランコの浦井のりひろ・平井まさあき、八木莉可子、中川大輔、上田誠、万城目学

2024年4・5月に東京、大阪にて、ニッポン放送と「ヨーロッパ企画」上田誠のタッグでおくる、エンタメ舞台シリーズ第4弾『鴨川ホルモー、ワンスモア』が上演される。この度、合同取材会が行われ、その模様が公開された。

原作は、2006年に発表された万城目学のデビュー作にしてベストセラーとなった小説『鴨川ホルモー』(角川文庫刊)とその外伝的続編『ホルモー六景』(角川文庫刊)。日本古来の陰陽道を取り入れた奇想天外な設定を、緻密な構成と独創的なユーモアと個性豊かなキャラクターで描き、「第4回ボイルドエッグズ新人賞」受賞、「本の雑誌」エンターテインメントで2006年度の第1位、「2007年本屋大賞」6位などに選ばれ話題を呼んだ。

そんな「鴨川ホルモー」を“ワンスモア”とタイトルを新たに、京都を代表する劇団「ヨーロッパ企画」上田誠が魅力たっぷりにセンセーショナルに舞台化する。

今回、主演の中川大輔をはじめ、八木莉可子、男性ブランコの浦井のりひろと平井まさあき、そして本作の脚本・演出を務める上田誠、そして第170回直木賞を受賞したばかりの原作・万城目学が登壇し、合同取材会を実施。キャストの舞台出演への意気込みや、上田誠と万城目学が本作の上演に至った経緯や舞台の構想を語った。

合同取材会レポート

ニッポン放送と「ヨーロッパ企画」上田誠のタッグで贈るエンタメ舞台シリーズ第4弾『鴨川ホルモー、ワンスモア』の合同取材会が開催され、出演者の中川大輔、八木莉可子、男性ブランコの浦井のりひろ&平井まさあき、脚本・演出を務めるヨーロッパ企画の上田誠、原作・万城目学が出席した。

花束贈呈の様子

まずは、先日「八月の御所グラウンド」で第170回直木賞を受賞した万城目学にキャストを代表して中川から花束が贈られると、万城目は「ありがとうございます!」と満面の笑みを浮かべた。

冒頭の挨拶では、「こんな(万城目先生が賞を取った)素敵なタイミングで演じられることが嬉しいです。良い流れに乗って、舞台も成功させたいです!」と意気込みを語る中川。また、初めての舞台出演となる八木も「とても緊張しています。ですが、上田さんから“楽しみながらやってほしいと言われたので、楽しみながら、精一杯しがみついて頑張りたいともいます!」と気合い充分だ。

八木莉可子

ヨーロッパ企画の舞台に初参加となる浦井は、「今から本当にワクワクしています。普段は相方と2人でコントをしているので、これだけの人数と一緒にやるというのはあまりないことなので、皆さんの顔を平井に置き替えて緊張しないようにします」と。もともとヨーロッパ企画、そして原作のファンだという平井は「素晴らしいスタッフ・キャスト陣に囲まれて、こんな楽しそうな現場に呼んでいただいて、“最も高い”と書きまして“最高”です!」とコメントし、報道陣の笑いを誘う。

(左から)浦井のりひろ、平井まさあき(男性ブランコ)

そして万城目は、「原作を書いたのは18年前と、かなり昔。それが今こうやって若い皆さんに演じてもらえるのが嬉しいです」と舞台化に期待を寄せている様子。

万城目が言った通り、原作は18年前に出版。それを何故、今このタイミングで舞台化するのか質問が飛ぶと、上田は「以前『たぶんこれ銀河鉄道の夜』という舞台をやった時に、万城目先生が観に来てくれたんです。その際、舞台化にオススメの原作を聞いたら『鴨川ホルモー』と即答されて。おそらく冗談で言われたと思うのですが、僕は“これ、あるな!”と思いました。それから“大群像劇コメディ”にしたいと構造を始めて、原作に描かれているのと別の、裏の物語も組み込んで仕上げていきたいと思っています」と思いを語った。また、タイトルにある「ワンスモア」という部分については、「何をワンスモアにしようか、考えている最中」とのこと。まだ制作中という内容だが、「もともとワンスモア要素が入った作品なので、“これはワンスモアだな”と思ってもらえるような作品にしたい」という。

上田誠

まだ台本がない状態ということだが、上田のコメントを聞いた中川は「僕も『たぶんこれ銀河鉄道の夜』を観て、原作のアップデート具合や物語の飛躍がすごいと思いました。今回もどれくらい原作がワンスモアされるのか、楽しみ
です」とますます期待が高まったよう。

八木も「奇想天外すぎて、どんな舞台になるのか全く想像がつきません(笑)。ですが、もともとヨーロッパ企画さんが本当に大好きで、まさか自分がヨーロッパ企画の舞台に参加できるなんて思ってもいませんでした。必死にしがみ
ついていけたら」とやる気を見せた。

中川以外のメンバーは京都や滋賀出身者が集まっているという、今回のキャスティング。しかし、キャスティングの理由はそれだけではなく、上田は「主人公・安倍からにじみ出る人柄、繊細さが中川さんと重なって、原作に忠実なイメージでお願いしました。早良は、情熱家でサークル内を翻弄する悪い面も持っている。憎いけど憎み切れない芯の通ったイメージが八木さんにハマりました。三好弟と松永は原作に詳しく描かれているキャラクターではないものの、男性ブランコの2人なら『鴨川ホルモー』の世界に入ってくれるだろうと思いました」と明かした。

万城目学

原作執筆時を振り返り、万城目は「まだデビュー前だったので、どうすれば世に出るのか試行錯誤しながら、結果や評価がわからないまま書きました。それが世に出て、映画や舞台になっていくとは。当時、技量が明らかに足りなくて、キャラクター一人ひとりに設定を与えられなかった悔いがありました」とのこと。今回の舞台化で「それを上田さんが引き継いで、今回全員に役割を与えて書いてくれたのが嬉しい」と喜びを語った。

多くの期待が寄せられる作品で主演を務めることについて、中川は「人が発しないような言葉“鬼語”を発する場面があるので、喉がもつのかが不安です。舞台のジャンルはコメディということですが、演じる安倍はもがき苦しむ役なので、僕自身も恥も外聞も捨ててやっていきたいと思います」と改めて意気込みを語った。

中川大輔

今回、せっかくキャスト4名が揃ったということで、上田が書いた寸劇風のラジオCM用の原稿を元に、役として演じてもらうという企画を実施。実際にCMとしてニッポン放送でオンエアされるということで、上田の演出にも熱が入る。

「新歓コンパのシーンなので、男性ブランコの2人には10人分のガヤガヤを出してほしい」「中川さんと八木さんには繊細なやりとりをしてほしい」など細かい指示にしっかり答え、なんと1発でOK。しかし、報道陣から笑いが漏れてしまい、上田から「収録だという自覚を持ってもらわないと!」と記者たちにも厳しい指導が飛ぶ。

ラジオCMアフレコの様子

2パターン目は、中川が不安だと言っていた鬼語を練習する場面。「鬼語に照れが見える」という理由でリテイクが出てしまったが、その反省を活かして2回目でしっかり照れを無くし、バッチリ息の合った掛け合いを見せていた。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』は、1月28日(日)午前10時よりチケット一般発売が開始となる。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 名探偵コナン最新作と連動 USJ謎解き「名探偵コナン・ザ・エスケープ」4年ぶりに完全復活

    あとなびマガジン
  2. セレッソ大阪が香川真司の古巣ボルシア・ドルトムントと7月24日に長居で対戦

    SPAIA
  3. 昭和と中森明菜が好きな店主の『喫茶 小雪』でバラのシナモントーストを味わう 〜黒猫スイーツ散歩 ときわ台・中板橋編②〜

    さんたつ by 散歩の達人
  4. 無料ジャズイベント「JAZZ AUDITORIA in WATERRAS」が5年ぶりに野外開催

    タイムアウト東京
  5. 東京の離島、神津島を舞台にしたアートイベント「アートサイト神津島」が5月に開催

    タイムアウト東京
  6. サンフランシスコとロサンゼルスを結ぶ新しい夜行列車が登場

    タイムアウト東京
  7. ヨックモックの初夏限定・新作は"抹茶"。店舗限定の抹茶スイーツも出るよ~!

    東京バーゲンマニア
  8. NARSの世界観を体験!ポップアップストアが阪急うめだ本店で開催

    4MEEE
  9. Orangestar、アルバムを引っ提げた初のワンマンツアーを名古屋・大阪・東京の3都市にて開催

    SPICE
  10. 伊東歌詞太郎、ライブハウスツアー『MIX』&東京ホール公演『Mastering』の開催が決定【コメントあり】

    SPICE