Yahoo! JAPAN

QinetiQ社、量子ベースの高度ナビゲーションシステムの商業飛行試験に成功。GPSに依存しないため、妨害やなりすまし不可能

DRONE

英QinetiQ社は、BAE Systems社と共同で量子テクノロジー企業であるInfleqtion社に協力し、ウィルトシャーのMoD Boscombe Downにおいて、2024年5月9日(木)にアンドリュー・グリフィス科学大臣を乗せて、敵対行為者による妨害やなりすましが不可能な量子ベースの高度ナビゲーション・システムの最終テスト飛行を行った

現在、GPSの妨害電波が航空機の飛行経路に直接影響を与えることは比較的まれであるが、新しい量子ベースの位置・航法・タイミング(PNT)システムは、やがて、現在の衛星システムを補完する高精度で回復力のある航法を提供する大規模なソリューションの一部を提供する可能性がある。

今回のテストは、この種の技術が飛行中の航空機で英国でテストされた初めての例であり、公に認められた世界初の飛行でもある。

Infleqtion社が主導し、産業界や学術界のパートナーと協力したこのプロジェクトは、政府から約800万ポンドの支援を受けている。この資金援助は、25億ポンドの国家量子戦略および国家量子技術プログラムとともに、英国が量子対応経済のリーダーとしての地位を固めることを目的としている。

アンドリュー・グリフィス科学大臣は次のようにコメントしている。

グリフィス氏:旅客便から海運に至るまで、我々は皆、正確で安全かつ確実なナビゲーション・システムに依存しています。我々がここで支援している科学的研究は、我々の利益を守るための強靭性を提供することができるでしょう。 この技術が英国の空を初めて飛行したことは、英国が量子に関する世界的リーダーの一国であることをさらに証明するものです。

Infleqtionが率いるチームは、一連の試験飛行で、2つの画期的な量子技術を実証した。コンパクトなTiqker光原子時計と、超冷原子ベースの密閉量子システムで、いずれもQinetiQの改造航空機RJ100 Airborne Technology Demonstratorに搭載されている。

この飛行でテストされる技術は、量子慣性航法システム(Q-INS)の一部を構成するもので、PNTに革命をもたらす可能性があり、このシステムは、GPSを使用する従来の衛星ナビゲーションとは独立した、高い精度と回復力を提供する。

PNTは、私たちが自分の位置を知り、ナビゲートし、時間を把握するのに役立つという。現代のPNT技術の礎石は精密時計だ。この超高精度の計時器は様々な用途に不可欠であり、超低温原子のポータブル生産もパズルの重要なピースである。超低温原子、つまり絶対零度(可能な限り低温)に近い温度まで冷却された原子は、Q-INSの心臓部を形成する量子加速度計やジャイロスコープを作るのに理想的だという。

このテストは、UK Research and Innovation(UKRI)が資金提供するプロジェクトの一環で、特に、位置情報、ナビゲーション、タイミングデータをGNSS/GPSに大きく依存している英国に対応する量子センサーの作成に重点を置いている。この依存により脆弱性が生じ、(GPS信号の妨害やなりすましのような)単一障害点によって、重要な経済、防衛、戦略活動を中断させる可能性があるとしている。

Infleqtionと協力しているコンソーシアムには、Fraunhofer Centre for Applied Photonics、Alter Technology UK、Caledonian Photonics、Redwave Labs、PA Consulting、BAE Systems、QinetiQが含まれる。

Infleqtion UK社長のティモシー・バランス博士は、次のようにコメントしている。

バランス氏:私たちの最近の試みは、量子PNTソリューションの開発における重要な前進を意味します。我々が行った研究は、様々なリスクに脆弱な衛星ナビゲーション・システムへの依存を減らすという重要なニーズに直接応えるものです。 今回の飛行試験の成功は、ナビゲーション・システムの課題を克服する量子技術の可能性を示すものであり、航空宇宙産業やそれ以外の分野での将来の応用に向けたエキサイティングな展開です。

BAEシステムズのセンシング・テクノロジー・リードであるヘンリー・ホワイト氏は、次のようにコメントしている。

ホワイト氏:この試験は、最終的に軍事的に大きな利点をもたらす量子技術の開発における重要な前進です。いつ、どこに、どのような資産やセンサー・システムがあるのかを確実かつ正確に知ることは、プラットフォームの設計や能力の選択肢を増やすことにつながります。 これは、次世代戦闘航空システムの開発をサポートする上で大きな役割を果たすだろう。技術開発の初期段階で、より幅広い業界や専門家と緊密に協力することは、技術が軍事用途に確実に統合されるような形でソリューションを形成するのに役立ちます。

QinetiQのマネージング・ディレクター(航空部門)であるサイモン・ガルト氏は、次のようにコメントしている。

ガルト氏:BAEシステムズ社およびInfleqtion社とパートナーシップを組み、この最先端技術のトライアルを成功させることができたことを誇りに思います。

また、UK Research and Innovation(UKRI)傘下のInnovate UKの量子技術チャレンジ・ディレクターであるロジャー・マッキンレイ氏は、次のようにコメントしている。

マッキンレイ氏:現代のインフラは、衛星信号から得られる高精度のタイミングとナビゲーションにますます依存しています。このフライトテストは、Infleqtionがビジョンを持って創造し、優れた協力者チームと巧みなリーダーシップで実行した2つの優れたプロジェクトの集大成です。

これらの飛行試験の完了は、英国の国家量子戦略のミッション4に向けた重要なマイルストーンとなるという。このミッションは、2030年までに航空機に量子ナビゲーション・システムを導入し、衛星信号から独立した次世代の精度と回復力を提供する方針だ。

光原子時計、InfleqtionのTiqker、および量子慣性センサーのコア要素が、QinetiQのRJ100空中技術実証機に搭載され、試験に成功したことは、空中量子技術のブレークスルーを意味するとしている。

QinetiQ

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【松戸市】安心・きれいな町を目指して2周年!「きたまつどごみぜろくらぶ」

    チイコミ! byちいき新聞
  2. コストコ並の列ができる鮮魚スーパー! 「角上魚類」に閉店間際に行って刺身と寿司を買ってみたら…

    ロケットニュース24
  3. Da-iCE工藤大輝「TALK ABOUT」がオンエア!「我々世代からしたら堪ったものじゃない」

    WWSチャンネル
  4. 今でも仲良し!『NCIS:トニー&ジヴァ』に本家キャストたちが出演希望!

    海外ドラマNAVI
  5. Amazonで買った「トラック野郎の噴出花火(385円)」に火をつけた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. ケプラ、EMI Recordsからのメジャーデビューを発表 シングル「キセキ」リリースが決定

    SPICE
  7. フルーツでふふふ♪阪神梅田本店に日本各地の“旬のフルーツ”が大集合

    PrettyOnline
  8. 『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』シーズン2第1話が炎上!?あるシーンにファン激怒

    海外ドラマNAVI
  9. 【夫婦】知っておきたい家庭内別居のデメリット!経験者たちに聞いた #1「ラクだけど…つきまとう“悩み”」

    ウレぴあ総研
  10. これがコンビニスイーツ?「ファミリーマート×GODIVA」フラッペが本格的すぎるんですけど…!

    ウレぴあ総研