Yahoo! JAPAN

早期整備に向け6市で初会合 国道165号・中和津道路促進協

伊賀タウン情報YOU

各市の市章がデザインされた協議会のプレートを手にする金剛市長(前列左から3人目)、北川市長(同4人目)ら=宇陀市榛原福地で

 国道165号の整備、機能強化などを国・県に働きかける「国道165号(中和津道路)整備促進協議会」の臨時総会が2月13日、奈良県宇陀市内で開かれた。当初から参加している同市と三重県名張市に、伊賀、津、桜井、橿原の4市が加わって6市での初会合となり、早期整備の実現に向けた要望書案の内容や、2024年度中に両県や国に要望活動を行っていく方針などを確認した。

 大阪市から津市に至る延長126キロの国道165号は、国などが示した広域道路ネットワーク計画で、桜井市から津市までの区間が「中和津道路」と位置付けられている。宇陀、名張両市にまたがる区間は山間部で、急カーブが続く場所や大型車の対向が難しい場所などがあり、同協議会では、災害時の物資輸送などに重要な役割を果たすため、機能強化が推進される「重要物流道路」の指定を目指している。

臨時総会の冒頭の様子=同

 この日の臨時総会には、会長の金剛一智・宇陀市長、副会長の北川裕之・名張市長に加え、岡本栄・伊賀市長、前葉泰幸・津市長、松井正剛・桜井市長、亀田忠彦・橿原市長など各市・市議会の関係者、三重・奈良県関係者らが出席。金剛市長は冒頭、元日に発生した能登半島地震に触れ、「道路の状況が復旧・復興を妨げていると感じている。改めて道路の重要性を認識した」と述べ、「三重・奈良の方々が大きな期待を寄せている。協力や連携の強化をお願いしたい」とあいさつした。

 臨時総会は午後1時から約1時間20分間、非公開で行われた。終了後、金剛市長は「初瀬街道や伊勢街道という呼び名の通り、古くから東西交流の軸になる存在だが、まだまだ整備が進んでおらず、まちづくりにも十分生かされていない。経済、防災、地域振興のため、各市が抱える課題を踏まえ、しっかりと訴えていきたい」とコメントした。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 異端の皇帝フェデリコを佐々木蔵之介、その息子を上田竜也が演じる壮大な物語 PARCO PRODUCE 2024『破門フェデリコ~くたばれ!十字軍~』の上演が決定

    SPICE
  2. 【日本季節散歩】東京都江東区亀戸で味わう美しく甘美な藤の花と美味しいアサリ鍋

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  3. 元SEの店主が作る超本格的なスパイスカレーのお店が長崎市西山にオープン!【WOOLWICH (ウーリッチ)】

    ながさーち
  4. 【動画】ドールプレイヤー・ 門松桃永、銀座・知夢仁で北海道グルメをレポ!

    WWSチャンネル
  5. Porscheら、サーファーのために波高を計測できるドローンを開発。可能な限り大きな波でサーフィンするために

    DRONE
  6. DARPA、AI戦闘機と有人戦闘機の史上初ドッグファイトに成功

    DRONE
  7. 【動画】広瀬香美さんが門真市ふるさと大使に ららぽーと門真で就任式

    OSAKA STYLE
  8. FM802開局35周年!“ファンキー”な花火大会が万博記念公園で開催♪

    PrettyOnline
  9. ドトールの春の新作、美味しさに全振りした結果「映え」を完全に無視! 見た目はほぼコンクリだけど…

    ロケットニュース24
  10. もう限界…“妻を見限った”夫たち #3「『時間がほしい』と言ったら…」

    ウレぴあ総研