Yahoo! JAPAN

普段は「ハダカ」で干すと「ヤケド」する美味な深海魚『ハダカイワシ』

TSURINEWS

ハダカイワシ(提供:PhotoAC)

「裸」や「火傷」といったちょっとかわいそうな名前を付けられた魚がいます。そしてこの魚、知る人ぞ知る美味な魚でもあります。

深海に住む『ハダカイワシ』

魚編に弱いと書いて「イワシ」と読むのは有名ですが、イワシが弱い魚であることは、海の生態系にとって大きな意味があります。なぜなら彼らは、生態系の底辺を支える魚だからです。

マイワシ(提供:PhotoAC)

イワシのような弱い小魚が豊富にいれば、それを食べる魚、そしてそれを食べるもっと大きな魚が増えることができ、生態系が健全に保たれます。そしてこれは浅い海だけでなく、深海でも同じことです。

深海でイワシのポジションにある魚は色々ありますが、その代表が「ハダカイワシ」です。名前にイワシとついているものの、イワシの仲間ではないこの魚ですが、深海生態系の底辺にあり、様々な魚の餌として重要な存在です。

なぜ「ハダカ」なの?

さてこのハダカイワシ、一番気になるのはおそらくその名前でしょう。一体なぜ「裸」と呼ばれているのでしょうか。それはこの画像を見たらきっと分かるかと思います。

ハダカイワシ(提供:PhotoAC)

そう、彼らハダカイワシは、その名の通り裸なのです。といっても本当に裸なのではなく、鱗が脱落し、透明な皮膚が透けて内部の筋肉が見えてしまっているだけなのですが。

彼らは生きているときは普通の魚のように体表が鱗で覆われているのですが、こすれるとすぐに鱗が剥がれてしまいます。普通のイワシも鱗が剥がれやすいですが、ハダカイワシはそれ以上です。

「ハダカ」の干物は「ヤケド」

このハダカイワシ、このような見た目なうえ、身が柔らかいために水揚げ後すぐに鮮度が落ちてしまうことから、食用魚としてはさほどメジャーではありません。しかし静岡県や高知県など、深海魚漁が行われる地域では食用魚として流通することがあります。

そのような地域では変わった地方名が付けられていることがあり、三重県ではストリップ、高知県ではヤケドと呼ばれています。後者は鱗が落ちたハダカイワシの様子がヤケドを負ったように見えることから名付けられたそうです。

ヤケドの丸干し(提供:PhotoAC)

高知では「ヤケド」は主に丸干しにして売られています。これをさっと炙って食べると、こんな小さな魚体の中にこれほどに脂を含んでいたのか……と驚くほどで、バチバチと弾けながら香ばしく焼き上がります。頭も骨も柔らかく、丸ごと食べられてしまうほど。とても美味しいので、もし市場で見かけることがあれば、その見た目にひるまずに食べてみることをお勧めします。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【宝塚記念コラボ】本命はアッ!と驚く伏兵馬 サンスポZBAT!競馬から穴党ベテラン記者が参戦【動画あり】

    SPAIA
  2. 【京都】かき氷も人気!京野菜使用のヴィーガンフレンドリーなレストラン

    PrettyOnline
  3. アニメ『異世界スーサイド・スクワッド』放送直前! OP映像や第1話あらすじ&場面カット、追加ヴィランなど新情報が一挙解禁

    PASH! PLUS
  4. 【宝塚記念】AIは一強評価も2番手以降は混戦! 買い目は3連単30点を推奨で2週連続的中を狙う【動画あり】

    SPAIA
  5. 芥見下々『呪術廻戦』展コラボ企画『ヒカリエ事変』の全ぼうが明らかに 「渋谷事変」で対峙したキャラモチーフのメニューも登場

    SPICE
  6. 全量を特異な石灰岩系硬水で醸す金賞常連蔵 【帝松】松岡醸造‐埼玉県

    酒蔵プレス
  7. 【3時間しゃぶしゃぶ天国】これだけ豊富で3000円から!?しゃぶ葉の「宴会コース」のコスパが良すぎる…!【食べ飲み放題】

    ウレぴあ総研
  8. 墨の美術館 書道家、濱﨑道子の小品展  朗読会の開催も

    タウンニュース
  9. 実篤の名言味わう 茜萌会書道展

    タウンニュース
  10. サザンビーチ海水浴場 7月6日海開き バリアフリーマットを常設

    タウンニュース