Yahoo! JAPAN

大分トリニータ 新主将・渡辺新太がピッチを疾走する 【大分県】

オー!エス!OITA

「自分らしくチームを引っ張りたい」と語る渡辺新太

 今季、大分トリニータの注目選手の一人が渡辺新太だ。自身のサッカー人生で初めてとなるキャプテンの重責を担う。渡辺がイメージするキャプテン像は元日本代表の長谷部誠(ドイツ・フランクフルト)。「自分とはかけ離れているかもしれないが、自分らしくプレーでチームを引っ張っていけるようになりたい」と自己流を貫く。

 

 攻守で激しく動き回り、常にフルパワー。良い意味でもう少し力を抜く術を身に付けて、前線で活躍するためのエネルギーを残しておくべきなのかもしれないが、それを良しとしない。「力をセーブしようなんて考えない。チームの勝利のために全てを出し切るだけ」と話す。

 

 評価すべきは、自分でこじ開けられると思ったら、迷わず勝負を仕掛ける強気な姿勢だろう。ミスを恐れず、自分のプレーを優先する。ゴール付近でのドリブルは推進力とキレがあり、相手が2人だろうが3人だろうが、シュートを打つための仕掛けがうまい。勇気を持って勝負するスタイルは魅力だ。それを裏打ちする技術とスピードにも自信があるのだろうが、周りが見えていても、あえて自分で局面を打開してシュートを狙う。だからこそ、相手にとって脅威となるのだ。

 

好調を維持して開幕戦を迎える渡辺新太

 

 渡辺の良さはもう一つ。攻撃だけではなく、守備のスイッチ役としてボールを追えることだ。今季の攻守に切れ目のない「シームレスなサッカー」には、最初の守備がいかに大事かを知り、体現する。上背や体重があるほうではないが、相手に腰から体ごとぐっと寄せていける強さがある。これまでの練習試合でも相手を弾き飛ばしてボールを奪い、シュートチャンスを演出する場面が幾度とあった。

 

 自分のプレーへのこだわり、勝利への執着心を前面に出すスタイルを貫き、攻守において献身的な姿勢も示す。「今年はこれまで以上に勝ちにこだわる。勝つために自分に一体何ができるのか。それを常に考えている」。渡辺がさらにアグレッシブにピッチを疾走する。

 

今季はキャプテンの重責を担う

 

 

(柚野真也) 

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【香川〜岡山】愛犬と巡るアート・絶景・グルメを楽しむおすすめスポット6選

    旅行メディア「itta」
  2. SPFとPAだけじゃない!? 釣り場における日焼け止め選びのポイントとアフターケア

    WEBマガジン HEAT
  3. Anduril社の超大型水中ドローン「Ghost Shark」、オーストラリアで初公開

    DRONE
  4. 100均・ニトリの収納テク!もう迷わない「活用してきれいキープ」捨てない鍋やおもちゃも見事陳列!

    SASARU
  5. 【2024最新】奈良の人気カフェ30選!おすすめの町屋カフェやレトロ喫茶店

    PrettyOnline
  6. BYDのFang Cheng Baoブランド、ルーフにドローンドックを備えたEVコンセプトを公開

    DRONE
  7. 【上野駅徒歩5分】カプセルホテル「THE NELL(ザ・ネル)」に泊まってみたら自宅みたいな居心地で超快適だった

    ロケットニュース24
  8. 琳派の代表作「燕子花図屏風」は右から観る、根津美術館で毎年恒例の展示

    タイムアウト東京
  9. 20歳・黒嵜菜々子(Peel the Apple)がヌーディな色のインナーウェア、水着姿も公開 1st写真集から2点の掲載カットを解禁

    SPICE
  10. 厚切りジェイソンが「すけだら党」を結成!? アラスカ産スケトウダラ使ったカニカマの魅力伝えるキャンペーン

    舌肥