Yahoo! JAPAN

犬たちと共に犯罪に手を染めてゆく“ドッグマン”とは何者か? 「レオン」リュック・ベッソン監督最新作『DOGMANドッグマン』

映画評論・情報サイト BANGER!!!

犬たちと共に犯罪に手を染めてゆく“ドッグマン”とは何者か? 「レオン」リュック・ベッソン監督最新作『DOGMANドッグマン』

『レオン』のリュック・ベッソン監督が実際の事件に着想を得て脚本・監督を務め、2023年の「ヨーロピアン・フィルム・マーケット」でお披露目されるや、完成度の高さから世界中のバイヤーに大きな衝撃を与え、同年、「第80回ヴェネツィア国際映画祭」コンペティション部門での上映では、「リュック・ベッソン監督、完全復活!」「ベッソンの最高傑作!」と大絶賛の嵐を巻き起こしたバイオレンス・アクション映画『DOGMAN ドッグマン(原題:DOGMAN)』が、3月8日(金)より公開される。

このたび、劇中で大活躍する犬画像4点が解禁となり、犬たちとの撮影裏話をスタッフが語った。

『レオン』リュック・ベッソン監督最新作

監督を務めるのは、『グラン・ブルー』(88)、『ニキータ』(90)を経て、ハリウッド進出作『レオン』(94)や『フィフス・エレメント』(97)が世界中で大ヒットするなど数々の名作を生み出し、『TAXi』シリーズ、『トランスポーター』シリーズなどではプロデューサーを務めるなど、映画ファンから絶大な信頼を誇るリュック・ベッソン。本作は監督の原点回帰ともいえる、ダークでエッジの利いたエンタテインメント作品に仕上がった。

ある夜、警察に止められた一台のトラック。運転席には負傷し、女装をした男。荷台には十数匹の犬。“ドッグマン”と呼ばれるその男は、半生を語り始めた—。犬小屋で育てられ暴力が全てだった少年時代。トラウマを抱えながらも、犬たちに救われ成長していく中で恋をし、世間に馴染もうとするが、人に裏切られ、苦しめられ、深く傷ついていく。犬たちの愛に何度も助けられてきた男は、絶望的な人生を受け入れ、生きていくため、犬たちと共に犯罪に手を染めてゆくが、“死刑執行人”と呼ばれるギャングに目を付けられ—。映画史に刻まれる愛と暴力の切なくも壮絶な人生に圧倒される。

サイズも犬種も多種多様な犬たちが登場!

タイトルに“ドッグ”が付く本作には、サイズも犬種も多種多様な犬たちが登場する。大量の犬たちとの撮影はどのように行われたのか?ドッグトレーナーをはじめ、犬たちとの撮影に携わったスタッフたちに話を聞いた。

「犬たちが登場することは理解していたが、ここまで多くの種類が登場し、そして様々な個性を持っていることは想定していなかった…。複雑なトレーニングが必要な一方で時間にも限りがあり、それでも監督は私に任せてくれた」そう語るのは本作に参加した、ハリウッドで長年仕事をしてきたドッグトレーナーのマチルド・ドゥ・カグニ―だ。脚本に魅了されて参加を決めたものの、犬が大量に出演する本作のスケール感には不安しかなかったそうだ。

『DOGMANドッグマン』© Photo: Shanna Besson – 2023 – LBP – EuropaCorp – TF1 Films Production – All Rights Reserved.

ベッソン監督から提示された集めたい犬の条件は、「トレーニングを受けた経験があり、準備に長い時間を要しない犬」。監督はドゥ・カグニ―の飼育している犬たちをすぐに気に入ったそうだ。しかし、撮影の行われたフランスでも犬を調達しなければならず…「撮影に必要な犬を探すため、総勢15名ほどのトレーナーが雇われた。そして最大の課題は犬、トレーナー、セット、俳優のすべてを一度に調整し、可能な限り早く撮影を開始することだった」と彼女は振り返った。

犬が噛み付いた際の顎の力をコントロールさせる“バイト・トレーニング”の専門家も撮影に参加した。専門家ソファーヌ・タレフェは「俳優が大声を出したり、歌ったり、激しい動きをしても犬たちが驚かないようにしなければならなかった」と撮影での苦労した点を話す。

『DOGMANドッグマン』© Photo: Shanna Besson – 2023 – LBP – EuropaCorp – TF1 Films Production – All Rights Reserved.

スタント・コーディネイターのアラン・フィグラルツは、通常のアクションスタントに加え、“ドッグ・リリース”と呼ばれる犬殺陣も担当。犬のアクションの際の動きのコースを設定し「俳優の代わりに噛まれる役目はもちろん、ケーブルで吊るされ、喉に噛み付かれそうになるシーンも担った」と予告編でも見られる犬とのアクションシーンを担当したことが判明した。

主演のケイレブ・ランドリー・ジョーンズは犬とトレーニングを積んだのか?ドゥ・カグニーに聞くと、「ケイレブは3日に渡って犬たちと過ごし、ドッグトレーナーの仕事についても慣れてくれた。彼は好奇心旺盛で犬たちと熱心に準備をしてくれたよ!」と話した。

『DOGMANドッグマン』は3月8日(金)より新宿バルト9ほか全国公開

『DOGMANドッグマン』© Photo: Shanna Besson – 2023 – LBP – EuropaCorp – TF1 Films Production – All Rights Reserved.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 異端の皇帝フェデリコを佐々木蔵之介、その息子を上田竜也が演じる壮大な物語 PARCO PRODUCE 2024『破門フェデリコ~くたばれ!十字軍~』の上演が決定

    SPICE
  2. 【日本季節散歩】東京都江東区亀戸で味わう美しく甘美な藤の花と美味しいアサリ鍋

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  3. 元SEの店主が作る超本格的なスパイスカレーのお店が長崎市西山にオープン!【WOOLWICH (ウーリッチ)】

    ながさーち
  4. 【動画】ドールプレイヤー・ 門松桃永、銀座・知夢仁で北海道グルメをレポ!

    WWSチャンネル
  5. Porscheら、サーファーのために波高を計測できるドローンを開発。可能な限り大きな波でサーフィンするために

    DRONE
  6. DARPA、AI戦闘機と有人戦闘機の史上初ドッグファイトに成功

    DRONE
  7. 【動画】広瀬香美さんが門真市ふるさと大使に ららぽーと門真で就任式

    OSAKA STYLE
  8. FM802開局35周年!“ファンキー”な花火大会が万博記念公園で開催♪

    PrettyOnline
  9. ドトールの春の新作、美味しさに全振りした結果「映え」を完全に無視! 見た目はほぼコンクリだけど…

    ロケットニュース24
  10. もう限界…“妻を見限った”夫たち #3「『時間がほしい』と言ったら…」

    ウレぴあ総研