Yahoo! JAPAN

桃月なしこ[イベントレポート]初出演映画の撮影を振り返る「演技を褒めていただくことが多く、とても嬉しかったです」 『コーヒーはホワイトで』舞台挨拶にて

Pop’n’Roll

<映画『コーヒーはホワイトで』舞台挨拶>(2024年2月17日/©️映画「コーヒーはホワイトで」製作委員会)

加藤小夏が主演を務める映画『コーヒーはホワイトで』が、2月17日(土)に舞台挨拶を開催。同イベントには、主演の加藤をはじめ、好井まさお、桃月なしこ、石田千穂(STU48)、川﨑麻世、岡山一尋監督、鈴木秀尚プロデューサー(MC)が登壇した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

・加藤小夏の写真 18枚

客席からの盛大な拍手の中、舞台に登壇したキャスト陣と岡山監督。主演を務めた加藤は劇中で演じるモナコ同様、真っ白な装いで観客を魅了した。MCを務める鈴木プロデューサーの進行に、好井や桃月が“今、噛みましたよね!?”、“名探偵って言えてなかったですよ!”と猛烈にツッコミを入れるなど、アットホームな雰囲気で終始笑いの絶えない舞台挨拶となった。

同作のオファーを受けた際の印象を尋ねられた加藤は“まだその時点では脚本もなくて、ただ白いコーヒーを使った映画ですと言われて……”と戸惑ったものの“たまたま銀座で白いコーヒーを飲んだことがあったので、何か縁があるだろうなと思いました”と出演を決めた経緯を明かした。岡山監督が“スタッフも満場一致で小夏さんで!と、最初にオファーをさせていただきました。脚本は小夏さんを思い描きながら作っていきました”と当時を振り返った。加藤が思わず、“なぜゴスロリに……”と漏らすと、“衣装をゴリ押ししたのは、そこにいる鈴木プロデューサーです”と岡山監督が暴露する一幕もあった。

また、好井は同郷の川﨑麻世が出演すると知り、“枚方のスターである「マヨ カワサキ」と共演できるなんて感無量でした!”と興奮気味に出演理由を語った。川﨑は“物語の設定やキャラクターが面白かったから”と話し、短い撮影期間ながらもやりがいのある現場だったと振り返った。

映画初出演となった桃月は、“この現場で演技を褒めていただくことが多く、とても嬉しかったです”と笑顔を見せると、川﨑からも“本当にすごくお芝居がウマいなと思いました”と称賛が送られた。また、同じく初めての映画出演となった石田は、“お芝居の仕事と犬と戯れることをしたい、というのが去年の目標だったので、どちらも達成することができて嬉しかったです”と話すも、“でも撮影時の想い出が、「コーヒーがあまりにも白くて、こんな白いコーヒーあるんだってびっくりしました」なんですよね!?”と共演者たちから鋭いツッコミが入る事態に。しかし、桃月も“(撮影は)もう1年も前なので! ちょっと思い出せないです”と告白し、会場の笑いを誘った。

石田との共演シーンでは笑いが絶えなかったと加藤が振り返ると、好井は“犬を褒めるシーンではアドリブもあったんですけど、その時の言い回しが独特だった。本編では使われていないですが、「目ん玉ひん剥いてる」とか言うんですよ”と明かすと、石田は“目がクリンとしているを超えてて、グリンとしてたんですよ!”と必死に訴えるも共感を得られず。また、犬を追いかけるシーンでは予想外の暴風の中での撮影となったそうで、“メイクさんが直して、撮影スタートってなった瞬間に風でブワッて髪の毛が……”と振り返り、前髪命の石田は未だにその時のオフショットをSNSに上げられずにいると教えてくれた。

岡山監督が最後の挨拶で“この映画のジャンルは低予算で……”と言い間違えると、キャストたちは笑いが収まらない状態に。すかさず好井が“ジャンルはミステリーですよね!”とツッコミを入れると、再び大きな笑いが起こった。加藤が“(好井演じる)由美彦と会話している時がモナコは人間らしさが出ているので、そこにも注目してください!”と可愛くお願いをし、舞台挨拶を終えた。

<映画『コーヒーはホワイトで』舞台挨拶>(2024年2月17日/©️映画「コーヒーはホワイトで」製作委員会)

映画『コーヒーはホワイトで』

(©️映画「コーヒーはホワイトで」製作委員会)

■ストーリー
昔ながらの純喫茶『モア』は、美味しいコーヒーとレトロな雰囲気で地元の人たちに愛されている喫茶店。だが、この店には裏の顔があった。ある合言葉でコーヒーをオーダーすると、喫茶店から探偵事務所へと一変するのだ。『モア』は、由美彦(好井まさお)の母・ミチル(奥貫薫)が開業し、ミチルは自ら女探偵としてさまざまな問題を解決してきた。だが、ある事件に巻き込まれてミチルは亡くなってしまう。この店を引き継いだのは、ミチルの兄・吾郎(川﨑麻世)と由美彦。引き継いだのは、もちろん探偵業もだ。しかし由美彦は探偵としての能力は高くなく、『モア』の探偵業は アルバイトのモナコ(加藤小夏)が請け負っている。そんなモナコも昔、ミチルに助けられた1人だった。

この摩訶不思議な場所『モア』を、喫茶店から探偵事務所に変える合言葉、それは“コーヒー、ホワイトで”。それを唱えれば、真っ白なロリータファッションに身を包んだ美しきメイド探偵が、この店の裏メニューである“ホワイトコーヒー”とともに相談に乗ってくれるのだ。

今日も『モア』の扉を開けて合言葉を唱える女性が現れた。今回の依頼人は高級クラブ『Sun』のママ・瑛子(小野真弓)。悪質な客・川添(和田崇太郎)に困り果て、相談しにやって来たのだ。話を聞いたモナコは『Sun』への潜入捜査を決意する。知性あふれるモナコの采配により、川添を退散させることに成功したが、この事件をきっかけに、『Sun』のホステス・紗里(桃月なしこ)や、犬のストーカーに悩む優奈(石田千穂)など次々依頼者が現れ、事態はより複雑に深刻になり、ついには連続通り魔事件に発展していく……。

出演:加藤小夏 好井まさお 生島勇輝 小野真弓 大村彩子
桃月なしこ 石田千穂(STU48) 和田崇太郎/奥貫薫 川﨑麻世

監督:岡山一尋(第4回沖縄国際映画祭 CM部門グランプリ受賞)
脚本:森田剛行(函館港イルミナシオン映画祭 シナリオ大賞短編部門 グランプリ受賞)

配給:AMGエンタテインメント

©️映画「コーヒーはホワイトで」製作委員会

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. Anduril社の超大型水中ドローン「Ghost Shark」、オーストラリアで初公開

    DRONE
  2. 【2024最新】奈良の人気カフェ30選!おすすめの町屋カフェやレトロ喫茶店

    PrettyOnline
  3. BYDのFang Cheng Baoブランド、ルーフにドローンドックを備えたEVコンセプトを公開

    DRONE
  4. 【上野駅徒歩5分】カプセルホテル「THE NELL(ザ・ネル)」に泊まってみたら自宅みたいな居心地で超快適だった

    ロケットニュース24
  5. 琳派の代表作「燕子花図屏風」は右から観る、根津美術館で毎年恒例の展示

    タイムアウト東京
  6. 20歳・黒嵜菜々子(Peel the Apple)がヌーディな色のインナーウェア、水着姿も公開 1st写真集から2点の掲載カットを解禁

    SPICE
  7. 厚切りジェイソンが「すけだら党」を結成!? アラスカ産スケトウダラ使ったカニカマの魅力伝えるキャンペーン

    舌肥
  8. 【京都ランチ】人気洋食メニューを一度に!実力派の穴場店「グリル ハナ ショコラ」

    キョウトピ
  9. ME:I、デビュー記念イベント「『MIRAI』 PREMIUM EVENT」を開催!ライブステージやトークショーで会場大盛りあがり!

    WWSチャンネル
  10. 【京都】和洋のスイーツ&紫陽花パフェ付き「紫陽花アフタヌーンティー」

    PrettyOnline