Yahoo! JAPAN

猫に『人用の牛乳』がNGな3つの理由 温めてもダメ?代用できるものはある?

ねこちゃんホンポ

1.アレルギー

猫によっては、「人用の牛乳」を飲んでアレルギーを起こすことがあります。湿疹やかゆみなどの皮膚症状が多く、下痢や嘔吐を引き起こすこともあります。

最悪の場合、アナフィラキシーショックを起こし、命に関わることも。人用の牛乳を飲んだ後に異変が見られたら、動物病院で診てもらいましょう。

2.乳糖不耐症

猫が人用の牛乳を摂取すると、牛乳に含まれている「乳糖(ラクトース)」の影響で、下痢や嘔吐を起こすことがあります。

これは「乳糖不耐症」と呼ばれるもので、乳糖を分解する乳糖分解酵素(ラクターゼ)の働きが弱いために、乳糖を消化吸収できず、下痢や嘔吐を引き起こしてしまうのです。

どれくらいの量の人用の牛乳を摂取したら乳糖不耐症を引き起こすのか、それは個体差があるために一概にはいえません。乳糖は、牛乳を薄めたり温めても分解されることはないので、注意が必要です。

3.カルシウムやマグネシウムの過剰摂取

人用の牛乳は、栄養が豊富です。しかし、大事なのはそのバランスです。

猫の場合、人用の牛乳を摂取すると、カルシウムやマグネシウムを必要以上に摂取してしまい、心臓や腎臓に負担がかかることがあります。

それだけでなく、牛乳はカロリーが高く肥満の原因にもなるため、気をつけましょう。

猫には「猫用の牛乳」を

猫に「人用の牛乳」を絶対に与えてはいけないということではありませんが、積極的に飲ませなくても良いものです。

初めて牛乳を口にする場合は、ごく少量を舐めさせる程度にして、アレルギーがないか様子を見ましょう。

もし、牛乳を与える場合は、水で薄めて与えるといいでしょう。冷えていると下痢をしやすいので、人肌に温めてから与えるようにして下さい。

ただし、アレルギーや乳糖不耐性がある場合は薄めても痒みが出たり消化器症状が起こりますので、あげないようにしてください。

できれば、猫には「ペット専用のミルク」を与えた方が安心です。猫用のミルクが市販されていますので、それを与えましょう。犬用のミルクも販売されていますが、猫とは栄養バランスが異なります。必ず猫用のものを与えるようにして下さい。

猫用のミルクであっても、冷えているとお腹を壊してしまうことがあるため、常温か人肌に温めてから与えて下さいね。

まとめ

栄養豊富な牛乳は、猫にも飲ませたくなりますね。しかし、与える際は注意が必要です。猫によっては体調を崩す恐れがあるからです。特にアレルギーや乳糖不耐症のある猫には絶対に与えないで下さい。

牛乳を飲んで異変が見られないとしても、最初はごく少量を与えるにとどめ、できれば「人用の牛乳」ではなく、猫用のミルクを選びましょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事