Yahoo! JAPAN

レコメン!シェアリング 矢吹奈子がボートレースの魅力に迫る!「最近は若いお客さんが増えてるってホント?」「どんな人がレーサーになれるの?」

文化放送

レコメン!が「推していきたいもの」をマンスリーでピックアップしていく「レコメン!シェアリング」。2月5日からの1カ月間はボートレーサーの方にボートレースについて基礎知識からプライベートまで毎日1つずつテーマを掲げて様々なことを聞いた。

2024年のボートレースCMシリーズに出演する矢吹奈子がボートレースの魅力を1か月間現役のボートレーサーに聴いた。

2月5日から2月15日までの2週間は、各曜日でテーマを設けて、ボートレーサーの平川香織選手にボートレースについて語ってもらった。

平川選手は2000年生まれで高校1年生の時にボートレーサー養成所に入所し、17歳の時にデビュー。現在ボートレーサーとして活躍している。レーサーになる前はフィギュアスケーターとして全国大会にも出場した経験があるという。

――矢吹「全国大会に出るってすごいと思うんですけど、なんでフィギュアからボートレースの世界に行ったんですか?」

平川「父親がすごくボートレースが好きで、それで親に連れていってもらって加藤峻二さんというもう引退されてしまったレーサーの方のレースを見て、73歳というスケートでは考えられないような年齢でその選手がやられていたので、すごい魅力的に感じて、なろうと思いました」
矢吹「70代までできるお仕事って、特にスポーツではなかなかないですもんね」

――矢吹「ボートレース場には最近若い女性とかカップル、家族とかのお客さんも増えてきてるって聞いたんですけど、それって本当ですか?」

平川「そうですね。カップルもそうですし、お子さんが遊べるコーナーも最近出来ていたりするので、子連れで来られてる方も結構多いと思います」
矢吹「そうなんですね。本当に選手も若い世代から70代とかまで活躍できて、見る方も幅広い年代の方がハマるってすごいですよね」
平川「そうですね。中々無い競技だとは思います」

――矢吹「ボートレースがどんなスポーツなのか、基本的なルールや魅力的な部分を教えていただきたいと思います。ボートレースとはどんなスポーツなのか簡単に教えていただけますか」

平川「ボートレースは6人と6艇のボートで競い合う競技です」
矢吹「6人なんですよね。カラーが決まっていて、私がCMでやらせていただいているのは6号艇の方の緑をやらせていただいてますね。何周するんですか?」
平川「1周が600mで3周の1800mを走る競技です」
矢吹「平川選手がボートレースをやっていて1番やりがいを感じる瞬間っていつですか?」
平川「やっぱりレースをして一着取れた時。レースに向かうまでにプロペラの作業とかエンジンの作業とかするんですけど、それが結果に繋がる時が1番やりがいを感じる時かなと思います」
矢吹「そうか。プロペラとかも自分で調節して、全部やりますもんね。あとくじ引きでモーターの種類とかも決まったりするじゃないですか。運も関係あるってことなんですか?」
平川「だいぶ関係あると思います」

――矢吹「ここ数年女子レーサーがすごく増えていて大活躍されているそうなんですけど、このお話を古川選手に聞いていきたいと思います。ボートレースは男女関係なく戦えるスポーツ、これって本当なんですか?」

平川「はい。本当です」
矢吹「平川選手がレーサーになったころと比べても女子レーサーの方って増えてるんですかね」
平川「そうですね。(私がデビューしたころは)多分180人ぐらいしかいなかったんですけど、今はもう250人ぐらいに増えてるので、結構増えてると思います」
矢吹「かなり増えてるんですね。でも、平川選手の活躍を見て私もやってみようと思うようになった方もいっぱいいそうですよね。あと実際に平川選手が男性レーサーの方も出られているレースで1着になったことってあるんですか?」
平川「あります。体重差が男子と女子ではあるんですけど、だいたい5キロあって、それで結構違うかなって思います」
矢吹「やっぱり軽い方が空気抵抗も」
平川「そうですね。ターンした後の進み具合がすごく体重が関係してくるかなって思います。そこで結構女子選手と男子選手の差が出るかなと思います」
矢吹「私もCMの撮影の現場に行った時に「すごい向いてるよ」って言われて。身長も150cmなんですけど、レーサー向きの身体だねって言われて。二刀流やってみたらって言われちゃいました」
平川「やってほしい(笑)」
矢吹「(笑)。平川選手に教えてもらいたいです」

――矢吹「平川選手への質問メールいただいています。「テレビでレーサーの方がボートを抱えて運んでいるのを見たことがあるのですが、どれくらい重いんですか?」」

平川「テレビでやっていたのは、多分養成所の訓練中のものだと思うんですけど、ボートは120キロあるので、」
矢吹「120キロもあるんですか」
平川「それを多分6人ぐらいで抱えて水面一周みたいな。体力作りだったり、あとエンジンは40キロでそれを1人で持って歩くみたいな、そういう体力づくりが最初はあるので」
矢吹「トレーニングとして、ボートを抱えて運んでいたってことなんですね」
矢吹「これからボートレースを見る方にはやっぱレース場で見るのがおすすめですか?」
平川「そうですね。本場(実際に開催されている場所)で見ると水面のエンジン音とか、迫力がテレビとはちょっと違うので、レース場で見ていただきたいなと思います」
矢吹「確かにテレビで見ても躍動感すごいけど実際に見た方が体感できそうな感じはしますよね」
平川「そうですね。音もすごいし、意外と水面と観客席は近いので、本場で見た方が迫力はすごいかなと思います」

――矢吹「ボートレーサーになるためには1年間養成所に通い卒業しなければいけません。ではその養成所がどんなところなのか、どんなことを学ぶのか、平川選手に聞いていきたいと思います」

平川「養成所では基本的にはボートのことを何も知らないで入ってくる子たちが多いので、一からエンジンの整備や、モーターの整備、ボートに乗ることももちろんですが、勉強もあって。モーターボートの法律を学んだり、あと規則がすごく厳しいので、そういう規則とかも学んだりします」
矢吹「勉強みたいな部分もあるんですね。養成所では皆さんと打ち解けていけたりはするんですかね」
平川「徐々に仲も深まって、楽しい訓練を送れたかなと思ってます」
矢吹「楽しく訓練できたんですね。養成所を卒業してからも同期の子たちとは仲いいんですか?」
平川「そうですね。同期は1年間一緒に暮らしてたので、同じになった時は心強いですね」
矢吹「最後に、養成所の費用は無料と聞いたことがあるんですけど本当ですか?」それ。はい。
平川「本当です。1人選手を育てるのに年間で1000万円以上はかかると言われてるので、それが無償っていうのは、だいぶ大きいと思います」
矢吹「すごいなあ。驚きでした」

――矢吹「平川選手のように、レーサーになるためにはどうすればいいのか、どういう人が向いているのか、お話を聞いていきたいと思います。どんな方がレーサーに向いてるのか、教えてもらえますか?」

平川「やっぱり何事も頑張れるというか、頑張った分だけ、たとえば賞金とか結果につながる競技だと思うので、頑張ることが苦じゃない人がすごい向いてるのかなって思います」
矢吹「楽しみながらできる方とか向いてそうですね。ちなみに平川選手はレーサーになる前にフィギュアスケートをやられてたと思うんですけど、今レーサーになって役立ってることとかありますか?」
平川「メンタル面では、結果で一喜一憂してしまったりする部分ってあると思うんですけど、競技は違うけど、スケートでそれで失敗したからボートではメンタル面では失敗しないようにしようと思って心掛けてます」
矢吹「気持ちの切り替えとかも早く」
平川「負けても、次のレースがその日のうちにあるので、負けたレースはすぐ忘れて、次のレースに向かって頑張ろうって感じに切り替えてます」
矢吹「いいですね。フィギュアスケートをやっていたからこそできてる部分だったりもあるんですね。これからレーサーになりたいという方はやっぱり体を動かしたり、部活動とかしておいた方がいいんですかね」
平川「体力面はあった方がいいかもしれないんですけど、本当に選手になってからが大事なので」
矢吹「ちなみに今レーサーの方ってどんな部活動されてた方が多いんですか?」
平川「全然みんな違いますね。スポーツやってる人もいれば全くスポーツやってなかった人もいるし、いろいろな職種からなってる方が多いので」
矢吹「どんな方でもレーサーになれる」
平川「そういうところもすごく魅力的だと思います」

――矢吹「ボートレーサーの方が普段どんな生活を送っているのか、プライベートではどんなことをされているのか、聞いていきたいと思います。教えてもらってもいいですか?」

平川「私は基本的にはプライベートはレース場で使った筋肉の疲労がすごいので、体のケアとかが多いんですけど、他の選手は結構プライベートでゴルフとかキャンプとか山登りとか。そういうアウトドアが流行ってます」
矢吹「流行ってるんだ。絶対レースで体もバキバキなのに、また体動かすんですか。平川選手は誰かとご飯行ったりとかもするんですか?」
平川「そうですね。私は師匠が桐生順平さんっていうんですけど、師匠にお会いして一緒にご飯行って、レースの話をしたり」
矢吹「プライベートも体のために、体を休ませたりとかケアしたりとか、ご飯行ってもボートの話を聞いたり…すごいなあ。ずっとボートですね。本当に」
平川「そうですね。仕事が趣味みたいな感じになってます」

――矢吹「メールいただいています。「今、私の推しがボートレーサーを目指してるんですけど、5回落ちてて次の137期の試験のために、勉強頑張っています。もしよければ137期の試験を受ける方に2人で応援メッセージ言ってほしいです」ということで、やっぱり試験って難しいんですか?」

平川「そうですね。教官とかたまに見に来ていて、試験している時の姿勢とか態度とかそういうところを見てる人も多かったりするので、試験というよりも受けてる姿とかオーラを出すのをイメージすると」
矢吹「(笑)。すごいな。オーラまで」
平川「いやもうほぼオーラかなっていう(笑)」
矢吹「ほぼオーラ…?もちろん勉強もすごいたくさんやられてたと思うんですけど、是非、推しの方にオーラを出すようにとお伝えしていただければうれしいです」

おすすめの記事

新着記事

  1. 【レビュー】足裏〜お尻まで電流で楽々筋トレ! 温熱EMS『もてケアFOOT EX』の使用感

    特選街web
  2. ★明日のラッキー星座は? 12星座占い・運勢ランキング【2024年4月20日(土)】

    anna(アンナ)
  3. 関西初や新ブランドも!2024年大阪や京都にオープンしたグルメ店まとめ

    PrettyOnline
  4. 「在来種の放流」に見直しの動き 遺伝子汚染のリスクや逆効果になるケースも

    TSURINEWS
  5. 北九州穴生ドームで「第51回八幡西区子どもまつり」 5年ぶりの開催【北九州市八幡西区】

    北九州ノコト
  6. 世界に1つだけのオリジナルデザイン「カルピス」が作れる!プチギフトにも使えるじゃん。

    東京バーゲンマニア
  7. 「私に何かできませんか?」とサポートを申し出る表現  ––––ニュアンスの違いをネイティブが解説 【ラジオビジネス英語】

    NHK出版デジタルマガジン
  8. 【魚を釣る確率を上げる】ために誰でも今すぐ出来る3つのこと 元釣具屋店員が解説

    TSURINEWS
  9. 宮沢りえに栗山民也の演出、オーランドの役柄などを聞く PARCO PRODUCE 2024『オーランド』オフィシャルインタビュー公開

    SPICE
  10. 新作ミュージカル『ディズニー くまのプーさん』 アンバサダーの福尾誠がプーさんと対面&魅力を語ったインタビューが公開

    SPICE