Yahoo! JAPAN

デザインテーマは舞台美術、「メルキュール東京日比谷」が開業

タイムアウト東京

デザインテーマは舞台美術、「メルキュール東京日比谷」が開業

2023年12月19日、新橋駅から徒歩3分のロケーションに、「メルキュール東京日比谷」が開業した。「ローカル・ディスカバリー(地域の発見)」というメルキュールのブランドコンセプトをもとに、「Stage Art(劇場の舞台美術)」をデザインコンセプトにしたホテルだ。

画像提供:メルキュール東京日比谷フランス語で「シーン(場面)」を意味するレストラン&バー「ラ・セヌ」。朝食もここで提供される

同エリアは、明治時代には社交、外交の中心地であった「鹿鳴館」があった地域であり、今でも「帝国劇場」や「日生劇場」といった歴史あるシアターが集まる日比谷は、華やかなエンターテインメントの聖地であり続けてきた。

ホテルのロビーやレストランにはシアターをモチーフにした意匠を取り入れたアールデコのデザインが施されており、劇場を訪れたような高揚感がある。廊下に表示される客室ナンバーは映画フィルムをイメージしているとか。

画像提供:メルキュール東京日比谷「プリビレッジ」の客室

各客室もシアターや舞台美術からインスピレーションを得たレトロモダンなデザイン。テレビも真鍮(しんちゅう)のような風合いのフレームで飾られ、風美なカウンターの中には冷蔵庫が収められている。バスルームも、壁の色がモスグリーンなどシックな配色だ。

178室中2室のスイートルーム以外は全て22平方メートルとコンパクトだが、機能的で調和のある空間なので、ゆったりとした気持ちになれるだろう。スイート以外は4~9階がスーペリア、10、11、12階の高層階がプリビレッジとなる。

画像提供:メルキュール東京日比谷バックステージのような雰囲気のエクゼクティブ・ラウンジ。17時からワインやカクテルを味わえ、観劇前に最適

劇場文化の世界観を表現しているのが、3階にある「エクゼクティブ・ラウンジ」だろう。古き良き時代のバーのような雰囲気で、演劇やミュージカルに関する書籍がディスプレーされている。

作業がしやすいデスク席、映画監督がロケ先使用することから名付けられたディレクターチェアなど椅子のタイプもさまざまで、気分に合わせて過ごせる。

全178室の客室中2室あるスイートと、上層階のプリビレッジのゲストは、7時から21時までいつでもアクセス可能。15時から19時30分まではワインやリキュールなどのアルコールも提供される。17時30分から19時30分までは、軽食やスイーツも自由に楽しむアペロタイムとなるので、観劇の前に軽い食事をするにもいい。

観劇後にはゆったりと茶を楽しみながら感想を語り合うなど、ホテルそのものが、日比谷の劇場文化を満喫するための装置であるのだ。 エクゼクティブ・ラウンジの眼下には新幹線を臨むこともできる。早朝の日比谷公園や皇居を散歩するのも清々しく、日比谷の住人になったような気持ちになれるだろう。

タイムアウト東京のパートナーサイトから予約することもできる。

Time Out Tokyo Editors / Noriko Maniwa

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【動画】あべのハルカス近鉄本店で「大北海道展」 バイヤーがおすすめグルメ紹介

    OSAKA STYLE
  2. 関西初!大丸梅田店に横浜発のバタークリームサンド「フフナーゲル」登場

    PrettyOnline
  3. 韓国ロッテリアの「一線を超えたバーガー」を注文したら、一線どころか “ハミ出しすぎたハンバーガー” が出てきてビビった → 『王(キング)とんかつバーガー』

    ロケットニュース24
  4. Hana Hope、TVアニメ『狼と香辛料』OPテーマ「旅のゆくえ」映画監督・川和田恵真が手掛けたMV公開

    SPICE
  5. レックウザで流しそうめん!?ポケモン『そうめんスライダー 』が欲しすぎる…!

    ウレぴあ総研
  6. 幸せな恋愛ができるかも♡「お父さん」に相談すると上手くいく理由

    4MEEE
  7. 【2025年卒就活生】就職人気企業ランキング「化学業界」トップ20は?

    J-CAST会社ウォッチ
  8. プラスチック容器の洗ってもとれない「イヤな臭い・油のぬめり」がスッキリ無くなる“白い粉”とは?

    saita
  9. 【無くなり次第終了】韓国ドーナツ進化版「BONTEMPSドーナツ」から1か月限定いちごメニューが登場

    anna(アンナ)
  10. 実はめんどくさいと思われている……。失恋した人の迷惑行動とは?

    4MEEE