Yahoo! JAPAN

市内産の多摩川梨 給食でゼリー提供 農家「子どもたち笑顔に」

タウンニュース

実がつき始めた白井果樹園に立つ白井さん(上)給食で提供されるなしゼリーのパッケージ(下)

川崎市は市制100周年の記念事業として、6月下旬の市立学校の給食に市内産多摩川梨を使った「なしゼリー」を提供する。多摩川流域を中心に、川崎市は梨の生産が盛ん。今回のゼリーの原料になった梨を提供した農家の一人も「子どもたちが笑顔になってもらえたら」と、提供日を楽しみにしている。

市は市制100周年を記念し、学校給食での特別な献立として6月の最終週に市内産の多摩川梨を使った「『かわさきそだち』のなしゼリー」を、市立小学校114校、同中学校52校、特別支援学校4校で提供する。

今回ゼリーとして子どもたちにふるまわれるのは、市内の梨農家が生産する梨のうち、傷などがあり一般販売に適さない梨。市内の梨生産量は約189トン(2022年)。一定量が規格外となるが、JAセレサ川崎ではSDGsの取り組みとして規格外の梨を皮ごとすりつぶして「多摩川梨ピューレ」に加工し、市内の和菓子店との共同開発でまんじゅうやようかんとして商品化している。昨年は1・7トンがピューレに加工された。

今回の「なしゼリー」では子どもたちへの「川崎市制100周年」の告知も兼ね、市教委が昨年から温めてきた企画だ。

市内の梨農家の一つ、多摩区の白井果樹園では幸水や豊水、あきづきなどの梨を年約20トンほど生産している。このうち数%が一般販売に適さない規格外品となるが、園主の白井正壽さんは「手塩にかけて育てた梨を廃棄するのは、生産者にはつらいこと。無駄にせず、商品化してもらえるのはありがたい」と話す。曾祖父の代から続く白井さんの農園では、梨の木の根元にイネ科の草を植えて土壌を柔らかくしたり、害虫被害を減らす工夫を重ねるなどして、収量を上げてきた。

白井さんは「農家は楽な仕事ではないが、食べる人の笑顔が一番の励みになる。『なしゼリー』でたくさんの子どもたちが笑顔になってくれたら本当にうれしい」と話している。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. モバイルゲームやAIアプリをLINEなどに公開できる注目の新サービス「nowStudio」がスタート【now.gg, Inc.】

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  2. 銀座の名店「ST.SAWAIオリオンズ」が7月23日に再オープン!和牛ローストビーフが話題。

    WWSチャンネル
  3. Rolls Royce、宇宙原子力発電のための国家宇宙イノベーション計画の資金を獲得

    DRONE
  4. Intelligent Energy、画期的な航空用水素燃料電池システム「IE-FLIGHT」を発売

    DRONE
  5. 【大阪】人とワンちゃんが一緒に楽しめるケーキが「ポアール」に誕生

    PrettyOnline
  6. 涼しい会場で盆踊り 7月27日、金沢地区センター

    タウンニュース
  7. 若葉台の夏まつり 猛暑の影響で開催断念 10月12日 大花火大会と合わせて秋まつりとして実施予定

    タウンニュース
  8. 【2024年】コストコのおすすめ「パン」商品23選!大容量でオトクすぎる…!

    ウレぴあ総研
  9. TOKYO創業ステーションTAMA4周年イベント!7月28日(日)開催〜「多摩地域の起業を盛り上げよう」をテーマにトークセッション〜

    いいね!立川
  10. 妻の“離婚発言”から一夜明け…ダウンした夫が見たもの【実は離婚を考えています】#26話

    ウレぴあ総研