Yahoo! JAPAN

ヤクルトのドラ2ルーキー・松本健吾がプロ初登板 今季3勝負けなしの広島・森下暢仁に挑む

SPAIA

ヤクルト・松本健吾と広島・森下暢仁のインフォグラフィック

ファームで防御率0.47の好成績


富山・松山・豊橋・那覇と6試合中4試合が地方開催となった14日のプロ野球。明けて15日は中日が本拠地・バンテリンドームに戻るものの、ヤクルト-広島戦とオリックス-ロッテ戦は前日に続いて松山と那覇で行われ、巨人-DeNA戦は福井に舞台を移して行われる。

なかでも注目は松山のヤクルト-広島の一戦。ヤクルトのドラフト2位ルーキー・松本健吾がプロ初登板・初先発に挑む。

東海大菅生高から亜細亜大、社会人のトヨタ自動車を経て昨秋ドラフト2位で指名を受けた右腕。投げっぷりの良さとコントロールが持ち味で、ファームでは4試合・19回を投げて3勝負けなし、防御率0.47という圧巻のパフォーマンスを見せている。 オープン戦では2試合・4イニングを投げて9失点(自責は7)、防御率15.75とプロの洗礼を浴びたが、そんな悔しさもバネにして掴んだ待望の一軍登板。ルーキーのピッチングに注目が集まる。

3連勝中の好調右腕

一方の広島は森下暢仁が先発。こちらは今季4試合の登板で3勝負けなし、防御率1.37と好調。4連勝を目指してマウンドに登る。

前回登板は5月4日・DeNA戦。7回・87球、被安打2、3奪三振で1失点(自責は0)という投球内容もさることながら、打っても3打数3安打の大暴れ。

しかも0-1で迎えた7回裏は一死走者なしの場面で打席に入り、反撃の口火を切る安打に思わずガッツポーズ。そこから打線がつながり、野間峻祥の内野ゴロの間に同点のホームを陥れると、代打の松山竜平が値千金の勝ち越し3ラン。自ら劇的勝利を手繰り寄せた。

あれから少し間隔を空けての登板となるが、今回も投打の躍動が見られるか。投球はもちろんのこと、打席からも目が離せない。

【セ・リーグ】
巨人・堀田賢慎-DeNA・石田健大(福井)
中日・小笠原慎之介-阪神・大竹耕太郎(バンテリンドーム)

【パ・リーグ】
日本ハム・北山亘基-西武・隅田知一郎(エスコンF)
楽天・荘司康誠-ソフトバンク・石川柊太(楽天モバイル)
オリックス・カスティーヨ-ロッテ・種市篤暉(那覇)

【関連記事】
・セ・リーグ球団別週間MVP 中日・村松開人12球団トップのwRAA7.1、筒香嘉智もいきなり活躍
・パ・リーグ球団別週間MVP、ロッテ・ソトが1位 ソフトバンク三森、楽天・村林、西武・金子が絶好調
・2024年にFA権取得見込みのプロ野球選手、宣言なら争奪戦必至の目玉は?

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 金賞を受賞した世界一のパフォーマンスも必見! ポートアイランドで「さくらサーカス 神戸公演」開催 神戸市

    Kiss PRESS
  2. 【ピザハット】欲望丸出し「ギルティ裏メニュー」。好評につき、新商品2品追加した第2弾始まったよ~

    東京バーゲンマニア
  3. 秋田・鹿角市の地元消防隊員が遭難者を捜索中…制服姿のまま「旬のタケノコ採り」をしていた

    日刊ゲンダイDIGITAL
  4. シェアサイクルステーション「HELLO CYCLING」使ってみた【松戸市】

    チイコミ! byちいき新聞
  5. 『ストレンジャー・シングス』シーズン5は、制御不能でクレイジー!ヴェクナ役ジェイミー・キャンベル・バウアーが明かす

    海外ドラマNAVI
  6. 神戸の老舗ベーカリー「ドンク」で『フランスフェア』が開催されるみたい。限定商品が8品登場

    神戸ジャーナル
  7. 俺たちのバイカースタイルスナップ。旧車編

    Dig-it[ディグ・イット]
  8. 【食パンがなくなるほどおいしい】カリッとサクサク!一口チョコパン

    BuzzFeed Japan
  9. うまい!肉好きランチにおすすめのトッピングが魅力な唐揚げ【旭川市】

    asatan
  10. 【スタンプラリー】北海カレー道!2024年がスタート!【道北エリア】

    asatan