Yahoo! JAPAN

賃上げどころか実質は下がり、会社員の「やる気」も上がらず?

文化放送

2月21日「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)、大竹メインディッシュのコーナーに経済ジャーナリストの渋谷和宏さんが出演。昨年11月に発売された著書『日本の会社員はなぜ「やる気」を失ったのか』に関連して、日本の賃金の問題を語った。

壇蜜「(日本は)賃上げだなんだと言っても、上がっている様子が……」

渋谷和宏「『実質賃金』という物差しがあるんですね。物価を勘案しているんです。物価が3%上がって、その中で賃金が1%上がっても賃金の購買力は2%下がっちゃいますよね。この実質賃金というのが昨年12月までに21ヶ月連続で下がり続けている。実質、賃上げどころか下がっているということなんです」

壇蜜「それは生活もできないし結婚もできない。所帯も持ちたくなくなるし……」

渋谷「少子化の遠因も非正規を増やして賃金を抑えた、というところにあるんですね」

壇蜜「全部つながっているんですね」

渋谷「たとえば1999年、派遣労働はそれまで『この職種しかできませんよ』というポジティブリストだったものを『全体OKです。ただこれだけダメですよ』というネガティブリストに変えて。2割程度だった非正規の人たちが一気に4割まで広がってきた。いまようやく非正規の人たち、たとえば派遣会社に登録している派遣社員の給料が正社員の7割まで来た。ただ99年時点では55%ぐらいでした。その人たちを増やすことでコストダウンしようとした。結果として全体の給料が下がったので、皆、ものを買わなくなった。経済がどんどん沈滞してデフレになった。そういう状況を招いた一因でもあるんですね」

壇蜜「正社員なら正社員で、責任持ちたくない。偉くなりたくない若い人たちがどんどん増えているという」

渋谷「そのとおりですね。賃金が上がる、報われるならいいんですけど、報われない。失敗すると、減点主義的な人事制度で降格、減給となったら責任ある立場になりたくない。そういう方向へ、特に大企業は行ってしまった。……というのをまとめたのがこの本(著書『日本の会社員はなぜ「やる気」を失ったのか』)だということです」

大竹まこと「給料が30年も上がらないんじゃ、やる気もへったくれもない。がんばれば賃金が上がって儲かる、それであれを買おうとか、いろいろなことに役立てよう、と。それがないんじゃ、いまの仕事を適当に流して……ってなる」

壇蜜「結果、タイトルにある『やる気』を失う」

大竹「やる気出したやつが会社からスポイルされもする。『あいつやる気ある、迷惑だ!』」

渋谷「でもやる気がないとたぶん、iPhoneみたいな『え、おもしろいじゃん!』みたいな商品は生まれない。あるいはGoogleのようなネットサービスも生まれない。やっぱり人が喜んでくれるようなものをつくろうって、言われたことをやっていればいい、適当でいい、という姿勢の仕事からは生まれないと思います」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 第106話 介護施設でのBCPってなに?/ほっこり介護マンガ

    ささえるラボ
  2. ゴールデンボンバーがシルバーボンバーに変身!ブリーチオンカラーブランド『got2b ボンディング・メタリックス』新WEB CMにシルバーヘアで出演!

    舌肥
  3. 4/20(土)白樺湖畔に新しいアクティビティエリアがオープン「池の平ホテル&リゾーツ・レイクサイドパーク」サウナやバーベキュー、サップなどを楽しもう!@長野県 立科町

    Web-Komachi
  4. 楽しめる仕掛けが満載!子連れ旅をより満喫できる「OMO7大阪 by 星野リゾート」

    ママスタセレクト
  5. 【西武】松井稼頭央監督インタビュー 開幕戦の1-0勝利は「非常に大きな1勝になった」

    文化放送
  6. 【西武】髙橋光成投手の一人喋りコーナー! 「レギュラーコーナーをやらせていただけるということは、すごくモチベーションになります」 

    文化放送
  7. 阪神西宮|ミンチカツからあふれ出る黒毛和牛の肉汁とヱビスがあわないわけがない★逸品グランプリ2024★

    ニシマグ
  8. 選手プロデュースから地元人気店まで! 今シーズンの“カープ飯”をチェック

    SPICE
  9. 京都「葵祭」がわかる6つのポイント〜葵祭行列保存会の猪熊会長に教えていただきました〜

    京都観光Naviぷらす
  10. 【「新たま」だからおいしいレシピ まずは薄切りで!】万能オイル酢たまねぎ/ポークソテーのソース/新たまねぎのブルスケッタ

    NHK出版デジタルマガジン