Yahoo! JAPAN

旧江戸川でのテナガエビ釣りで31尾【千葉・浦安】ダボハゼが多い場所は移動が吉

TSURINEWS

良型が釣れた(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

5月18日(土)、千葉の浦安地区にある旧江戸川にテナガエビ狙いで釣行した。

旧江戸川でテナガエビ釣り

天候は快晴、風は弱く夏日になる陽気。河川敷は散歩やサイクリングを楽しんでいる人が多い。旧江戸川は広大なポイントがあり、エビ釣りを楽しむことができる。

この日向かったのは堀江排水機場前。ここは捨て石が並んでいて、エビのほか前打ちやルアーで狙うクロダイやシーバスのポイントにもなっている。

潮回りは若潮で、浦安地区は14時18分に潮位136cmで満潮。13時ごろ到着して様子をうかがうと、釣り人はいるがテナガエビ狙いの人は見当たらない。一抹の不安はあるが、仕掛けを準備する。

ハリに赤虫を付け、捨て石の際に仕掛けを落とすと、アタリがほとんどない。障害物の下や物陰にいることが多いので、そんな場所を移動しながらピンポイントに狙っていく。

良型混じりで31尾手中

この日は川の流れが速く、ポイントに仕掛けを止めるのが難しい。少しでも流れが緩くなっている岩陰で辛抱強く待っていると待望のアタリ。独特の手応えを楽しみながら待望の1尾をゲット。

続けてウキが水平に移動、ころ合いを見計らって静かに上げてくると、ピチピチとエビバック。この引きを楽しみながら釣り続ける。

堀江排水機場前(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

しかし、アタリがあってもハリ掛かりしないことが多く、微妙なかけ引きが面白い。エビが釣れるポイントは連続ヒットするので、ダボハゼ(チチブ)が多いポイントは早めに見切るのがコツだ。

適当な障害物を探しながら転々と場所移動。すると、ホットスポットを探し当てて連続ヒット。17時までアタリがひん発する場所を重点的に狙った結果、良型交じり31尾を釣ることができた。

<週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2024年6月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 生産者とお話できる駅から徒歩1分の屋内マルシェ♪ いろどりBASE谷上(谷上駅)で月1開催される「ふたごやまマルシェ」に行ってきました 神戸市

    Kiss PRESS
  2. 『地獄先生ぬ~べ~』が2025年に新アニメ化、時代設定は現代に ティザービジュアル&PV第1弾を解禁(コメントあり)

    SPICE
  3. 泉北高速鉄道、7/31から「3000系車両」を復刻デザインで運行

    鉄道チャンネル
  4. 【7月21日プロ野球公示】オリックス・カスティーヨ、楽天・岸孝之、西武・今井達也、日本ハム・バーヘイゲン抹消

    SPAIA
  5. ディズニーリゾート好きなフードランキング ランド1位は「ミッキーチュロス」

    おたくま経済新聞
  6. 三宮プラッツで『夏の親子deマルシェ』が開催されるみたい。ハンドメイド雑貨の販売・ワークショップなど

    神戸ジャーナル
  7. 【全国高校総合文化祭で注目の静岡県勢】インターハイはスポーツだけじゃない!文化部の熱い戦いにもドラマが。この夏期待の部門を紹介します!

    アットエス
  8. 夏のハーブ園での思い出を写真に収めて応募しよう♪ 神戸布引ハーブ園/ロープウェイで「フォトコンテスト2024-Summer-」開催中 神戸市

    Kiss PRESS
  9. 「女人禁制」の読みは「にょにんきんせい」とは限らない?【意外と知らない女ことば】

    コクハク
  10. 女友達へのディスり誤爆!《純粋アピールのフルコンボだったじゃんね笑》深夜LINEの後悔が止まらない…

    コクハク