Yahoo! JAPAN

釣りに本気の街「上天草市」が新サービス【天草つろう旅】をスタート!

TSURINEWS

新サービスである「天草つろう旅」が開始(提供:天草つろう旅実行委員会)

熊本県上天草市で新サービスである「天草つろう旅」がスタートした。釣りを始めたばかりの人も、お子様連れも、釣って食べて泊まって、大満喫の釣り体験ができるフィッシングガイド付きの遊漁船午後便の釣り体験に、お好みで釣具レンタル・釣った魚を料理したお食事・宿泊などをプラス。自身のスタイルに合わせて、上天草での釣り旅を自由にカスタマイズできる。今回は、その詳細をお伝えしよう。

『天草つろう旅』とは

地域資源である魚釣りによる地域活性化に取り組むことを目的に組織された「天草つろう旅実行委員会」(所在地:熊本県上天草市)は、熊本県上天草市の事業の一環として、地域の事業者が連携し、手軽に釣り旅行を楽しむことのできるサービス『天草つろう旅』を企画・開発。

2024年1月に公式ウェブサイトを公開し、予約受付を開始した。

『天草つろう旅』とは、熊本県上天草市での”フィッシングガイド付き 午後発の遊漁船釣り体験”に、お好みで釣具レンタル・釣った魚を料理したお食事・宿泊などをプラスする「釣り旅」をご自身のスタイルに合わせて、自由にカスタマイズすることができるサービス。

福岡都市圏や熊本市からも近い”釣りの聖地”上天草にて、「釣り方がわからない」「魚のさばき方がわからない」などの不安を持っている釣り初心者やご家族でも海釣りを手軽に楽しめる。

釣り旅をしっかりとサポートしてくれる(提供:天草つろう旅実行委員会)

『天草つろう旅 ウェブサイト』や公式Instagramも公開されている。

『天草つろう旅』 3つの特徴

ここからは、『天草つろう旅』の3つの特徴について解説していく。

1. フィッシングガイド付き午後発の遊漁船釣りプラン

釣りをサポートするのは、経験豊富で優しく愉快な船長さんとガイドさん。上天草は不知火海の内海に位置するため波が穏やかで船の揺れが少ないので、欠航になることがほとんどなく、お子様連れやビギナーの方が安心して釣りが楽しめる。

また、『天草つろう旅』で提供する遊漁船は13:30から出港し、16:00には帰港する短時間でお手軽に楽しめるプラン。早起きが必要ないのも嬉しいポイントだ。

ファミリーで釣りを手軽に楽しめる(提供:天草つろう旅実行委員会)

2. 上天草はこんなに近い

熊本県の南西部、静かな海に浮かぶ大小の島々からなる上天草は、その地形からさまざまな釣りを楽しむことができる知る人ぞ知る「釣りの聖地」。熊本市内から車で約1時間、福岡市内から約2時間半ほどでアクセスできる。

一年を通してさまざまな魚が釣れる(提供:天草つろう旅実行委員会)

3. 上天草が舞台の釣りレジャー

天草つろう旅では、釣ったばかりの新鮮な魚を調理してもらって味わうこともできる。

釣った魚を捌いてもらっている様子(提供:天草つろう旅実行委員会)

自分で釣った魚は美味しさも格別!釣りはもちろん、釣った魚を美味しくいただくことによって、日常では味わえない特別な体験になるだろう。

自分で釣った魚の味は格別(提供:天草つろう旅実行委員会)

「天草つろう旅実行委員会」の設立経緯

上天草市役所は、釣りを活用した独自のプロモーション事業や、全国的にも珍しい釣りに特化した地域おこし協力隊の任用、自治体初の公式釣り人の認定など釣りを活用した地域振興施策に積極的に取り組んでいる。

釣りによる地域経済効果を高めることを目的に、2022年に上天草市のHPにて「天草つろう旅実行委員会」の委員の公募が行なわれ、本事業の趣旨に賛同した地域の釣り関係事業者、飲食事業者、宿泊事業者等が応募し、実行委員会が設立された。

これまで、サービスの開始に向けて、協議やモニターツアー等の実証を重ね、本サービスの開始に至っている。

(参考)「天草つろう旅実行委員会(仮称)」の委員を募集します。(上天草市 HP)

「天草つろう旅実行委員会」構成団体

・上天草市
・上天草市地域おこし協力隊(岩﨑綾乃、明瀬智博)
・医食同源 南風原
・甲ら家
・小松屋渚館
・ベストアメニティ株式会社
・正木鮮魚
・万栄丸
・有限会社山本釣具センター

「天草つろう旅実行委員会」団体概要

所在地: 熊本県上天草市
運営事務局代表: 明瀬智博(上天草市地域おこし協力隊)
サービス開始及び予約受付日: 2024年1月10日(火)から
『天草つろう旅』ウェブサイト

<TSURINEWS編集部>

【関連記事】

おすすめの記事