Yahoo! JAPAN

長良川での寒ゴイ釣りで77cmマゴイ浮上【岐阜】ノベザオにボイリーエサで挑戦

TSURINEWS

長良川郡上で仕留めた良型のマゴイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

2023年の終わりが近づいた12月18日、本年最後の釣りに出かけた。ターゲットは長良川郡上に潜むコイだ。2023年の初釣りは1月のコイ釣りだった。そして最後もコイ釣り。「コイに始まり、コイに終わる」だ。

冬の長良川で寒コイ釣り

12月ともなれば、さすがにコイの動きは鈍くなる。まきエサをまいても反応するコイは少ない。事前に数カ所まきエサを打った。場所によってはコイの姿も確認できない状況のなか、郡上市大和の杉ケ瀬のヤナ上流にいたコイは好反応を見せた。

瀬の中にいるコイだが、まきエサをまくとすぐに寄ってきた。それも1匹ではなく6匹はいる。マゴイ、色ゴイの群れだ。郡上は水がきれいなのでコイの姿を目で見て確認できる。

長良川郡上大和の杉ケ瀬、瀬の中(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

当日のタックル

朝イチはさすがに寒いので午後から出かけた。午後2時前に杉ケ瀬に到着。堤防の上からコイが確認できる。ドキドキする。

タックルは、ノベザオ、水中イトはフロロカーボンライン5号、ハリスはヘアリグ仕掛け、エサはボイリー。日本式と欧米式の良いとこ取りの「ハイブリッドコイ釣法」だ。

ノベザオタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

エサはボイリーを使用

特にエサのボイリーは、ここ数年で好釣果を上げている。以前は角イモと呼ばれるサツマイモが主流だったが、ある程度釣ると見切られていた。

だがボイリーだとコイが飽きないのかヒット率が上がった。もちろん場荒れすると一時的に釣果は落ちるが、日を置ければまたヒットすることが多く、今やメインのコイ釣りエサとなった。

メインエサのボイリー(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

釣行開始

抜き足差し足で静かにポイントへ近づく。オモリは5Bを3個付けた。仕掛けを投入してコイの目の前にエサを持っていくが、そのまま素通りしてしまう。オモリが軽いようだ。さらに5Bを2個追加、合計5個のオモリを付けて再度流す。

そしてコイの目の前にエサが到達。あとは食いつくのを待つだけだ。マゴイと色ゴイがエサを物色している。どちらが食うかは運次第…。

57cmのマゴイを手中

待つこと5分ほどで目印が対岸方向へ動きだした。コイがエサをくわえたのだ。ここで大アワセ。確かな重量感が伝わってきた。水中で身をくねらせるのはマゴイだ。サイズは60cm級だが、流れの中で掛かったのでよく引く。

普段は淵やトロ場など流れが比較的緩い所で釣ることが多いが、今回は瀬なので通常より引きが強く感じる。イト鳴りも止まらない。何度か息を吸わせてようやくタモ入れ成功。サイズは57cm、尻尾と腹に色が入った珍しいマゴイだった。

いい面構えのマゴイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

縁起の良い77cmのマゴイをキャッチ

続いて2匹目を狙う。場荒れして警戒しているのか対岸へコイが逃げていった。ここでまきエサをして少し待つと再び寄ってきた。すかさず仕掛けを流してコイの目の前で止めて待つ。

5分ほどで目印が少し動いたような気がしたのでイトを張って聞きアワセをすると、エサが浮いてこない。食った。大アワセを入れると、先ほどよりはるかに重い重量感。サオを絞るが浮いてこない。息を吸わせて弱らせたいが水面に姿を見せてくれない。

そうこうしているうちに流れに乗られコイが下っていく。走ってついて下りサオを絞る。何度か息を吸わせたが再び瀬を下る。一緒について下り再びサオを絞る。ようやく瀬のタルミにコイを誘導して取り込み成功。丸々肥えた77cmのマゴイだった。

77cmの良型マゴイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

渋い冬でも釣果を上げられた

最後に「77」の縁起が良いコイが釣れたので納得の納竿とした。

渓流、アユ、コイ、ワカサギと一年を通して釣りが楽しめたことに感謝したい。2024年も長良川郡上をベースに釣りを楽しんでいきたい。

2匹のマゴイに出会えた(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

<週刊つりニュース中部版APC・松森渉/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2024年1月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 気になる“熟年離婚”のその後…元夫婦たちの末路 #7「元夫が隠れて…」

    ウレぴあ総研
  2. 【京都洋食ランチ】名物の肉厚ポークチャップ定食!北大路駅前の老舗洋食店「ゲンペ」

    キョウトピ
  3. ドイツビール&ドイツ料理が大集合!「神戸オクトーバーフェスト」開催

    PrettyOnline
  4. もう島根に行くしかないぞ。鳥取も【家そば放浪記】第217束:亀ちゃんにもらった、イトメン『イトメンの二八そば』希望小売本体価格409円(1人前136円)

    ロケットニュース24
  5. AMEFURASSHI、新曲「Secret」のダンスプラクティス&メイキング映像を同時公開

    SPICE
  6. 実は彼氏が彼女に思っている!「しなくていい」3つのこととは?

    4MEEE
  7. 下膨れが気にならなくなるよ!若返るウルフヘア5選〜2024年春〜

    4MEEE
  8. 1960年代の鎌倉の海とサーフカルチャーを知る  4月27日~5月5日 写真展示や出川三千男さんの講演も〈鎌倉市〉

    タウンニュース
  9. 性的マイノリティ相談 県がLINE窓口開設〈南足柄市・大井町・松田町・山北町・開成町〉

    タウンニュース
  10. タイムカプセル株式会社 奨学金支援で若者応援 最大300万円の代理返還〈横須賀市〉

    タウンニュース