Yahoo! JAPAN

病変への兆しを早めにキャッチ!予防で発症リスクを減らせるがん

チイコミ!

病変への兆しを早めにキャッチ!予防で発症リスクを減らせるがん

がんは、できてから対処するより、できる前にその芽を摘み取る方が体への負担は少なくて済みます。

オプション検査も上手に活用し、発症を未然に防ぎましょう。

取材協力/株式会社キャンサースキャン 代表 福吉潤さん

感染が原因となるがん

日本人のがんの原因として、女性で1番、男性でも2番目に多いのが「感染」です。

表1のようなウイルス・細菌感染は、がんの発生と関連があるとされています。

いずれの場合も、感染したら必ずがんになるわけではありません。

それぞれの感染の状況に応じた対応をとることで、がんを防ぐことにつながります。

参考:国立がん研究センターがん情報サービス

胃がん

胃がんの原因の約6割は、ピロリ菌感染。

感染による炎症が慢性胃炎となり、やがて胃がんへと至ります。

血液検査で菌の有無を調べ、陽性なら薬を服用して除菌することで、胃がんになるリスクを減らすことができます。

肝臓がん(肝細胞がん)

肝臓がんの多くは、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスに感染した結果慢性肝炎となり、やがて肝硬変となって、がんへと進んだもの。

自治体が委託する医療機関などで一度はウイルス検査を受け、自身の感染の有無を調べて、予防や対応に務めましょう。

がん化する前に切除できるがん

ポリープや細胞の異常な変形の中には、放置するとがんになる可能性が高いものもあります。

これらを検診で見つけることができれば、そのまま切除して、がん化を防ぐことができるかもしれません。

大腸がん

大腸がんの多くは、大腸内の腫瘍性のポリープが大きくなり、がん化したもの。

大腸内視鏡カメラ検査では、検査中に病変リスクのあるポリープを摘出して、発症を未然に防ぐことができます(便潜血検査に比べ体にかかる負荷が大きいため、一定の検査間隔が必要です)。

子宮頸がん

HPVウイルスに感染して子宮頸部(入り口)の細胞が変形し、その一部ががん化したもの。

進行してしまうと子宮の全摘出となり、その後の妊娠は不可能に。

がん化する前(前がん病変)に変形した細胞のみを切除すれば、それを避けることができます。

経過観察と自然治癒

子宮頸がんの前がん病変には、軽度異形成(CIN1)、中等度異形成(CIN2)、高度異形成・上皮内がん(CIN3)の3段階があります。

CIN1とCIN2では約半数が自然治癒するといわれ、経過観察となります。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 憧れのキャラクターと写真も撮れる! ららぽーと甲子園「僕のヒーローアカデミア コラボキャンペーン」開催 西宮市

    Kiss PRESS
  2. 「一体感を目的にしたチームは負ける」岡田武史が考える、新時代のリーダー像

    エンジニアtype
  3. レッドクリフ、「スターアイランド2024」お台場エリア最大級の1,000機のドローンショーで観客を魅了

    DRONE
  4. 【ワタナベマキの初夏のサッと炒め サッと蒸し】なす、トマト、豚ひき肉の重ね蒸し

    NHK出版デジタルマガジン
  5. 日本の近海にレアメタル 中国との関係も変化?「経済安全保障にメリット」

    文化放送
  6. 【若松】み~つけた!雨でもルンルン♪♪グリーンパーク

    行こう住もう
  7. 『ローソン 大分王子中町店』跡地に胃腸内科ができるみたい

    LOG OITA
  8. ロバート・ダウニー・Jr出演スパイ・スリラー『シンパサイザー』7月12日より配信決定!予告編が初公開

    海外ドラマNAVI
  9. 【スポットワークって何?第3回】子育て中ママに嬉しいメリット「思い立ったらすぐに社会と繋がれる」

    ママスタセレクト
  10. 丸ノ内線を丸裸!「【特別展】丸ノ内線開通70周年記念~車両編~」が6月4日~9月1日開催

    さんたつ by 散歩の達人