Yahoo! JAPAN

想像を超えるほどの緊密なアンサンブルを披露 『越境~BORDER CROSSING~石田組 × SUGIZO』の東京公演が開催

SPICE

『越境~BORDER CROSSING~石田組 × SUGIZO』

2024年2月21日(水)、渋谷のLINE CUBE SHIBUYAにて『越境~BORDER CROSSING~石田組 × SUGIZO』の東京公演が開催された。

解体前の渋谷公会堂としては隣接するNHKホールよりも歴史は古く、クラシック音楽の伝統とも呼ばれたこの場所で、2020年代のクラシックコンサートと呼ぶに相応しい公演が開かれた。21世紀以降のクラシック界を牽引してきた凄腕たちが集結した石田組は、演奏のクオリティは桁外れ、映画音楽やヘヴィメタルなどジャンルを横断するプログラムも非常に魅力的だ。そして、SUGIZOは言わずと知れたLUNA SEAのメンバーにして邦ロック界を代表する名ギタリストであり、クラシック音楽に出自を持つことでも知られる。

ファンならずとも誰もが納得する今回のコラボレーションであったが、実際のステージは観客の想像を超えるほどの緊密なアンサンブルが披露された。SUGIZO原曲のLUNA SEAナンバーが散りばめられているのも堪らないし、SUGIZOの弾く「天国の階段」のギターソロなんてこんな機会がなければ聴くことはないだろう。出色だったのは石田組のコンサートに欠かせないキング・クリムゾン「21世紀のスキツォイド・マン」。 レコードに針を落とした瞬間に始まるあの不穏なノイズすら完全再現するという彼らの名レパートリーであるが、ここにSUGIZOのギターが重ねられると作品としての解像度がぐっと上がる。現代音楽の見本市のような混沌としたハードロック・ナンバーをクラシック音楽として成立させてしまう表現者としてのSUGIZOのセンスに脱帽させられた。25日には大阪公演を控えている。今も彼らのサウンドが耳に残る。これだけで終わってしまうのは余りにも惜しい。

記事=小崎 紘一   写真=ハービー山口

【関連記事】