Yahoo! JAPAN

海老名市神奈川県 インクルーシブで連携 協定締結、協議本格化へ〈海老名市・座間市・綾瀬市〉

タウンニュース

海老名市の伊藤教育長(左)と県の花田教育長=県庁で、県提供

海老名市教育委員会(伊藤文康教育長)と神奈川県教育委員会(花田忠雄教育長)は3月29日、インクルーシブ教育の推進に向けて連携する協定を結んだ。伊藤教育長らが県庁を訪問して協定書に調印し、具体策などに関する協議を本格化させる。

インクルーシブ教育とは心身の障がいの有無や国籍、人種などによらず全ての子どもが一緒に学びあう教育環境で、県によると都道府県と地方自治体がこうした協定で連携する例は全国的にもまだ少ないという。

県と市は今後、協定書に基づき、海老名市内でのインクルーシブ教育の実現に向けた研究・企画、実践や普及・啓発などで連携を深め、2024年度中に推進会議(仮称)を立ち上げ、地域の関係者らを巻き込むタウンミーティングも開催したい考え。

県と市が設置する推進会議では、インクルーシブ教育に関する情報交換や具体的な実施事項などについて協議し、決定していく。

相互協力の背景

神奈川県は、24年度に新たに指定した4校を含む公立高校18校をインクルーシブ教育の実践推進校に指定している。

この18校では、「誰もが大切にされ、いきいきと暮らせる共生社会をめざし、知的障がいのある生徒が高校で学ぶ機会をひろげながら、みんなで一緒に過ごし、互いのことをわかりあい成長する」ことを目標にしている。県はこうしたことを背景に21年度から県内33の市町村との連携を模索してきた。

海老名市には、「誰ひとり取り残さない教育」をめざす教育大綱があり、このなかで「すべての子どもたち一人ひとりの多様性に対応した学びやすい環境、わかりやすい授業、安全で安心できる居場所づくり」を掲げて各種施策を展開している。これらの取り組みを背景に海老名市と県が連携を深め、地域も巻き込んで意見交換を重ねる方針で一致し、この日の協定締結に至った。

県の担当者は「海老名市や地域の皆様と、障害の有無だけではなくあらゆる角度からインクルーシブ教育を検討したい」と意欲を示している。

本紙の取材に海老名市の伊藤文康教育長は、「すべての子どもたちが、住んでいる地域の学校で学び成長することはあたり前のことであり普通のこと」との認識をした。その上で、「そんなあたり前の、ふつうの地域づくり・学校づくりを、子どもたちや保護者、教職員や地域の方々、市民の皆さまの声を聞き、話し合いを重ね、市全体で取り組みを推進したい」とコメントしている。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【京都ランチ】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

    キョウトピ
  2. 【西条市・ひなのや 丹原本店|耕】静かな隠れ家でかき氷とポン菓子を食べたい!

    愛媛こまち
  3. 「怪獣8号展」 4つの展示エリアイメージ解禁 曜日ごとのスペシャルイベント情報も

    SPICE
  4. 【チェーン店のかき氷食べ比べ2024】今年のガストは持ち帰りOK! パチパチアメが楽しい縁日みたいなかき氷

    ロケットニュース24
  5. 学資保険と新NISA、教育資金積み立てるならどっちがおすすめ?

    mymo
  6. “キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンを甥のジャファーが演じる アントワン・フークア監督による伝記映画『Michael』日本公開が決定

    SPICE
  7. 【奈良】曽爾高原で星空観賞を!「ペルセウス座流星群」イベント開催

    PrettyOnline
  8. 【上野】「1泊1980円ホテル」に1年ぶりに泊まってみた / 以前と変わったところがあるかどうか調べてみたら…

    ロケットニュース24
  9. 東京純心女子学園 卒業生ラランドサーヤさん講演 社会で活躍する女性として

    タウンニュース
  10. 本格的な茶道体験会 7月21日 町田市文化交流センターで

    タウンニュース