Yahoo! JAPAN

夜の赤瀬漁港でのウキ釣りでセイゴ好捕【熊本】アラカブとグチも好土産に

TSURINEWS

セイゴやグチが釣れた(提供:TSURINEWSライター松田正記)

赤瀬漁港(熊本県宇土市)の夜釣りで、セイゴの釣果が上向いてきた。4月28日に試し釣りに出掛けた時は嬉しいゲスト魚も交じった。

セイゴの釣期

赤瀬漁港のセイゴは夏から秋が釣期。アオ虫をエサにした電気ウキ仕掛けで狙う。序盤はマルセイゴ(スズキの若魚)中心だが、本番を迎えるとヒラセイゴ(ヒラスズキの若魚)が交じりだす。

ポイント

ポイントは東波止と西波止の2つ。特に東波止は長く、収容人数も多い。昼間は家族連れなどで賑わうが、夜になると一変。閑散としたうえ、広い海に静けさが漂う。

アタリなし

この日は午後9時ごろに東波止に向かった。5分ほど歩き、中間付近に釣り座を構え、早速準備に取りかかる。ウキは壁打ちなどに強いLFスマート。ハリは刺さり抜群な速手チヌをチョイスし、1ヒロのタナでサオ下から攻めてみた。

電気ウキ釣りタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

手返しすること10分、潮が動かないためか、全くアタリがない。いろいろ試しても反応はなく、時間だけが過ぎていった。

波止際攻め

釣り開始から1時間ほどが過ぎた時だった。潮が僅かに動き始めた。そこで波止際を攻めると、ウキが沈んだ。さほど手応えはなく、上がったのは18cmほどのアラカブだった。

釣れるパターン

釣れるパターンにハマったのか、アラカブとグチを連打。いずれも嬉しいゲスト魚だが、本命がほしい。そこで波止際を釣り歩くように探っていくと、ウキが横に走った。

小気味いい引きを味わいながら、そっと抜き上げたのは25cmほどのセイゴだ。その後も同じ要領でセイゴを追加。まだ釣れる感はあったものの、夜も更けてきたため、午後11時に納竿した。

今後の展望

同港のセイゴは釣れ始めたばかり。ことしは例年よりも二週間ほど遅れているが、これから数が出るだろう。たまにフッコ級もくるので、タモをお忘れなく。

<松田正記/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 浜辺に座って絶好のロケーションで見る海上花火は圧巻!「幕張ビーチ花火フェスタ2024」が8月3日に開催

    さんたつ by 散歩の達人
  2. アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない3つの方法。10年前の流行歌の選曲はあり、なし?

    コクハク
  3. 飲んで・食べて・歌って・踊って楽しもう♪ ハーバーランド高浜岸壁で「KOBE VIDA LATINA おめでとうペルー」開催 神戸市

    Kiss PRESS
  4. 伊賀ドキの人 「映える」巻きずし楽しんで

    伊賀タウン情報YOU
  5. 中高生の皆さん!最新の設備と知見で科学体験してみよう 関学の神戸三田キャンパスで「ひらめき⭐︎ときめきサイエンス2024」開講 三田市

    Kiss PRESS
  6. 犬が見つめる先は…『お姉ちゃんの彼氏に恋』してしまったワンコの表情が話題に「お外見てる顔が可愛い過ぎる…」「恋する乙女」と48万再生

    わんちゃんホンポ
  7. 部活を引退した高校生の娘から言われたこと「6年間本当よく頑張った」

    Ameba News
  8. 『大好きな次男に怒られた猫』どうしても"仲直り"したくて…思わぬ解決方法が可愛すぎると21万再生「荒ぶってるw」「ホント相思相愛」

    ねこちゃんホンポ
  9. 三宮で『市長・教育長と子どもたちとの意見交換会』が開催されるみたい。参加無料

    神戸ジャーナル
  10. 【熱海土石流から3年】3年経った今も避難生活を続ける世帯も。現地の状況、生活再建の実態は?原因究明に関する新たな可能性とは⁉

    アットエス