Yahoo! JAPAN

リオデジャネイロ市との姉妹都市提携55周年を記念して開催! 神戸市が10月に「神戸のカフェに55(Go Go)!!キャンペーン」を実施 神戸市

Kiss

神戸市がブラジル・リオデジャネイロ市との姉妹都市提携55周年を記念し、10月1日から30日にかけて「神戸のカフェに55(Go Go)!!キャンペーン」を実施します。

キャンペーン期間中、神戸市内でコーヒー(コーヒー飲料、コーヒー豆、ドリップコーヒーを含む)を販売しているキャンペーン参加店舗で「ブラジルコーヒー」を購入すると特製の「記念ステッカー」がもらえるほか、プレゼント企画や、コーヒー・ラテアートのワークショップ、記念グッズの販売など、様々な連同イベントの開催も予定されています。

現在は『海外移住と文化の交流センター』に再整備され、海外移住の歴史を伝えるミュージアムとして営業

日本における「ブラジルコーヒー」流通の原点は、1908年4月に神戸港から出発した最初のブラジルへの移民船『笠戸丸』にあると言われており、同船でブラジルに渡った水野龍氏が、現地サンパウロ州政府からの要望を受け、コーヒー豆の無償提供を受けて、日本でコーヒーを広めたことが始まりなのだとか。

水野氏に限らず、戦前から戦後にかけては多くの日本人がブラジルなどの中南米に移住した歴史がありますが、移住者の多くは出発前に『国立移民収容所』(1928年設立、現・海外移住と文化の交流センター)へ一時滞在し、移住後の生活準備を行っていたそうです。

リオデジャネイロ市

神戸市とリオデジャネイロ市が姉妹都市提携を結んだのは1969年の5月。当時の在神戸ブラジル総領事代理だったファースト・カルドーナ氏からの姉妹都市提携の勧めをきっかけに、フランシスコ・ネグラン・リマ市長から正式な提携申し込みを受けて実現したそうです。

<記者のひとこと>
ブラジルをはじめとする中南米への移民者の多くが、神戸を経て旅立っていったことを知りませんでした。今回のキャンペーンをきっかけにそうした歴史的な経緯を含めて、神戸とブラジル、神戸とコーヒーの関係に関する知識を深めてみたいと思いました。


キャンペーン実施期間
2024年10月1日(火)~31日(木)

備考
8月に市民向けのキャンペーン専用ウェブサイトの立ち上げ予定

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 僕が見たかった青空、清涼感あふれる青春グラビアをお届け! 『ヤングガンガン』表紙&巻頭グラビア登場

    Pop’n’Roll
  2. 上西怜(NMB48)、『翠花は少子化担当』の世界を再現! 『ヤングガンガン』巻中グラビア登場

    Pop’n’Roll
  3. 中村舞(STU48)、圧巻の美しさを解き放つドレス姿を披露! 『ヤングガンガン』巻中グラビア登場

    Pop’n’Roll
  4. 経産省、令和6年能登半島地震の復旧対応等に貢献したドローン企業・団体等に対して感謝状を授与

    DRONE
  5. 東京、6月22・23日に開催される古着イベント3選

    タイムアウト東京
  6. 大竹まこと「パーティーの利益率って98%とかだって」

    文化放送
  7. 【New 電波人間のRPG FREE!】公開されている最新情報まとめ|マルチプレイや新要素の解禁も?

    攻略大百科
  8. すき家がタコライス開始したけど、松屋フーズにもタコライスあるの知ってた? 幻の「ロースかつタコライス」を食べてみた

    ロケットニュース24
  9. 【かまいたちの夜×3(トリプル)】事前情報まとめ|発売日・収録シナリオや追加システム紹介【Switch版】

    攻略大百科
  10. 【奈良】あふれるいちごソース!地元の食材を使ったかき氷が期間限定で登場

    PrettyOnline