Yahoo! JAPAN

「家族みたいなものだから」A.B.C-Z脱退を決意した河合郁人の背中を押した戸塚祥太の言葉

フジテレビュー!!

「ABC座星(スター)劇場2023〜5 Stars Live Hours〜」の取材会が12月7日に行われ、A.B.C-Z(橋本良亮さん、戸塚祥太さん、河合郁人さん、五関晃一さん、塚田僚一さん)が登壇しました。

左から)五関晃一、河合郁人、橋本良亮、戸塚祥太、塚田僚一

A.B.C-Zは、2012年のデビュー以来毎年、ミュージカルとショーによる演劇プロジェクト「ABC座」をさまざまな題材で上演。 2021年からは、主演に加えて演出も手掛けています。

11作目となる今作は、A.B.C-Zの魅力をすべて詰め込んだLive形式の新しいショーを展開。「ABC座」史上最多となる59曲をパフォーマンスします。

また、メンバーの河合さんは、今作の千穐楽をもってA.B.C-Zを脱退。今年の「ABC座」が5人で立つ最後のステージとなります。

「残り2週間、皆さんを喜ばせるパフォーマンスを」(河合)

初日を迎えた心境を聞かれると、五関さんは「稽古が始まって、やっと5人の最後の作品になるんだという思いが込み上げてきました。とにかく悔いなく楽しみたいと思っています」とコメント。

河合さんは「いろいろと込み上げてくるものはありますが、今は、楽しみな気持ちのほうが強いです」と話し、「自分の脱退ということよりも、残り2週間、A.B.C-Zとして皆さんを喜ばせるパフォーマンスをすることに専念したいと思います」と意気込みました。

橋本さんは「今回は、全幕ショータイムということで、(ゲネプロが)あっという間に感じました。そう感じるのも、心から楽しめているからだと思います」とニッコリ。

戸塚さんは「この帝国劇場には、5人での歴史もそうですし、Jr.の頃からのいろんな思い出があります」と回想し、「僕たちの(5人での)最後ってここなのかと因縁めいたものを感じるので、人生って面白いなと思います」と笑顔を見せました。

塚田さんは「今年は、体調不良で休養させていただき、ファンの皆さんや関係者の皆さんに、たくさん心配をおかけしました。こうして5人揃って『ABC座』が開幕できること、とても楽しみです。曲数も多いので思う存分楽しみたいと思います!」と声を弾ませました。

グループを離れる河合郁人にメンバーがかけた言葉

「ABC座」がラストステージとなる河合さん。

「グループでの活動を振り返って、どんな思い出がありますか?」と聞かれると、「デビューして数年は、テレビに呼んでもらうチャンスがなく、そんなときに、グループの中に練習できる場所があった」と回顧。

「グループという帰る場所があるというのは、自分にとって幸せだったなと思います」と語り、「隣に誰もいなくなることに不安もありますが、みんなが背中を押してくれたので、その気持ちを背負いながら進んでいこうと思います」と胸中を明かしました。

「具体的にどんな言葉をかけてもらいましたか?」と問われると、「みんなで何回か話し合いした中で、とっつー(戸塚)が『家族みたいなものだから、その家族の旅立ちの背中は押してあげたい』と言ってくれた」と紹介。

「(背中を押してくれたメンバーに)甘えすぎず、自分で決めた決断なので、しっかりと進んで行かなきゃいけないなと思います」と決意を新たにしました。

今後の活動について質問されると「いろいろと事務所と話し合いながら進めている状態。決まり次第報告すると思います」と説明。

最後に「A.B.C-Zとして、毎年やらせていただいている『ABC座』が、今年も無事に開幕するということで、2週間ではありますが、気合を入れてパフォーマンスしていきますので、楽しみにしていてください」とアピールし、締めくくりました。

「ABC座星(スター)劇場2023〜5 Stars Live Hours〜」は、12月21日(木)まで、帝国劇場で上演されます。

【関連記事】

おすすめの記事