Yahoo! JAPAN

過去最高の来場者数を記録!「東京コミコン2023」グランドフィナーレにユアン・マクレガー、マッツ・ミケルセン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ポム・クレメンティエフら登場

映画評論・情報サイト BANGER!!!

過去最高の来場者数を記録!「東京コミコン2023」グランドフィナーレにユアン・マクレガー、マッツ・ミケルセン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ポム・クレメンティエフら登場

幕張メッセで開催された「東京コミックコンベンション2023」(以下、「東京コミコン2023」)が大盛況のうちに最終日を迎えた。3日間合計で過去最高となる85000人以上の来場者を記録したという。

今年の東京コミコンにはユアン・マクレガーやマッツ・ミケルセン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストンら豪華来日セレブが参加。最終日となった12月10日(日)は、来日セレブ集結の壮大なグランドフィナーレで幕を閉じた。

イベントの最後には、発表済みの大阪コミコン2024に続き東京コミコン2024の開催も発表され、拍手喝采が巻き起こった。

「東京コミコン2023」 グランドフィナーレ ©2023 Tokyo comic con All rights reserved.

クリストファー・ロイド「マイケル・J・フォックスは勇気とユーモアを併せ持つ、宝物のような人物」

【10:30~セレブ・ステージ:クリストファー・ロイド】

最終日の最初にステージに登場したのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクこと、クリストファー・ロイド。ロイド御大はローラーコースターに乗らされたというCM撮影も含めてこの30年間で何度も来日しているそうだが、2022年の東京コミコンのステージから“バック・トゥ・東京コミコン”となった彼を、客席のファンたちは「ドク~!」という温かい声援と拍手で歓迎した。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』当時の思い出を聞かれると、「1作目を撮影する直前に徹夜で仕事をしていて、そこにあの有名なテーマ曲を作曲したアラン・シルヴェストリ氏がやって来て“どんな映画になるんだい?”と聞かれたので、私も“どんなものになるんだろうね?”という会話をしたのですが、まさかこんなに大ヒットするとは想像もしていませんでした。なので1作目が多くの方々に受け入れられたことが、その後の『Part2』、『Part3』を演じていく意欲にもつながりました」と40年近く前の思い出を語った。

クリストファー・ロイド「東京コミコン2023」©2023 Tokyo comic con All rights reserved.

また「良い作品にしてくれたのは脚本家や製作陣のお陰でもあり、私の大親友であり尊敬しているマイケル・J・フォックスのお陰です。彼は勇気とユーモアを併せ持つ、宝物のような人物です」とスタッフへの感謝と共演者への深い敬愛を表した。

俳優としての役作りに関しては、「何かのキャラクターになることを非常に愛しているので、脚本をもらうとそれを理解しようし、そのキャラクターがどのように話し、表現し、ふるまうのかと、そのキャラクターの真実を追求するんです」と俳優として心がけていることを明かした。

もし1985年の自分が2023年の今の自分に会いに来たらどんな話をしたいか聞かれると、「今の時代は非常に不安定で、対立や緊張が高まっている。1985年にはそんなことが無かったのに。今はそんな時代なんだよ、ということを彼に話したいです。でも人はいつでも自分で選択できるんです。より良い時代になるように。これからもより良い時代にするために、誰もが選択できるのです」と現代を憂いながらも未来への希望を真剣なまなざしで訴え、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』でのドクの名セリフ「Your future is whatever you make it so make it a good one.(未来は自分で作ることができる、だから良いものにしなさい)」 を生披露すると、客席から大感動の拍手が巻き起こった。

最後に「皆さん本当にありがとう! また東京コミコンに来たいし、東京コミコンを心から愛しています。また会いましょう!」と未来の再会メッセージを残して、温かい雰囲気に包まれたままステージを終えた。

クリストファー・ロイド「東京コミコン2023」©2023 Tokyo comic con All rights reserved.

<!--014 SP 記事 記事記事「見出し3」上モバイルバナー--><!-- 0510 --> <!-- Geniee Wrapper Body Tag 1542198 --><!-- /Geniee Wrapper Body Tag 1542198 -->次ページ:オビ=ワンことユアン・マクレガー登場で『SW』ムードに

ユアン・マクレガー「I was the chosen one(私は選ばれし者)」

【13:15~セレブ・ステージ:ユアン・マクレガー、テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン~ 13:35~東京コミコンにフォースあれ!スター・ウォーズ・ギャザリング2023】

午後には、『スター・ウォーズ』シリーズでお馴染みのユアン・マクレガー、テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガンがズラっと並ぶ、フォースあふれるステージイベントを開催。まずダニエルが例年と同じく「こんにちわー!」と元気に叫びながら登場すると、続いてテムエラが赤い両刃のライトセーバーで舞うようなパフォーマンスをしながら登場し、客席からは大喝采。最後にユアンが手を大きく振りながら登場し、客席に向かっての投げキッスで詰めかけた観客を虜にした。

テムエラ・モリソン「東京コミコン2023」 ©2023 Tokyo comic con All rights reserved.

テムエラはニュージーランド出身らしく、ラグビーの「Ka Mate! Ka Mate!」のフレーズでお馴染みのパフォーマンスで会場に詰め掛けたファンを歓迎し、ユアンは「この2人と一緒にステージ上がると、彼らの後に僕は何をすればいいのか」と場内の笑いを誘った。

最初にオビ=ワン役が決まった当時の様子を聞かれたユアンは「決まるまでのプロセスがとても長く、多くの俳優の中から徐々に絞られ、最後の2人になった時にジョージ・ルーカスの前で衣装を着て演技をし、最終的に決まった。“I was the chosen one(私は選ばれし者だった)”」と映画のセリフをアレンジした言葉も交え、場内から割れんばかりの拍手と大歓声が巻き起こった。

ユアン・マクレガー「東京コミコン2023」 ©2023 Tokyo comic con All rights reserved.

このステージの最中もステージや会場のファンの様子を自分のスマホで撮影していたテムエラは今月(12月26日)が誕生日ということで、ダニエルが突然「実話、誕生日、おめでとう! テムエラ・モリソン!」と叫ぶと、舞台上にサプライズのバースデーケーキが登場。それに合わせて客席から「ハッピー・バースデー!」の大声援が起こり、ダニエルとユアンも「Happy Birthday to you♪」のデュエットで祝福した。

ダニエル・ローガン、ユアン・マクレガー、テムエラ・モリソン「東京コミコン2023」 ©2023 Tokyo comic con All rights reserved.

その後、ステージを埋め尽くすほどの『スター・ウォーズ』のコスプレイヤーたちが登場すると3人も大喜びで、レイヤーとハグをするユアンや、自らマイクをライトセーバーに見立てて戦闘態勢を取ったりと、和気あいあいのギャザリングに。最後にテムエラが「またここに帰ってきます。息子とオビ=ワンと共に」とジャンゴ・フェットになりきったメッセージを残して3人はステージを後にした。

スター・ウォーズ・ギャザリング2023 「東京コミコン2023」 ©2023 Tokyo comic con All rights reserved.

ステージ上では3人の来日セレブ・ステージの興奮冷めやらないまま、<東京コミコンにフォースあれ!スター・ウォーズ・ギャザリング2023>に突入。その完成度、アイデアに毎回圧倒されるこのギャザリングだが、<スター・ウォーズ愛を語ろう>というテーマでコスプレイヤーたちの熱いトークが繰り広げられた。

トム・ヒドルストン「皆さんのやさしさ、熱意に本当に感謝します」

【17:00~グランドフィナーレ】

ファンと共に3日間を駆け抜けたセレブ、そしてアンバサダーたちが大集結する最後のステージ。ステージが始まる前に、ステージ下の通路を右から左へユアン・マクレガーが通り過ぎるというサプライズが起こり、始まる前から観客の熱狂を誘った。

グランドフィナーレが始まると、メインMCを務めたLiLiCoと小田井涼平の夫妻が登壇。「売り切れのグッズもたくさん出ているようで、皆さん本当に3日間楽しまれたと思います」と名残惜しそうに語った。続いてアンバサダーの新田真剣佑が登壇し、「サイン会・撮影会の時に今の作品も過去作も“良かったです”とファンの方々に言って頂けるのが一番で、私の作品を楽しんで下さっているのがとても嬉しかったです。ここのところアクション作品が多かったので、シリアスな役、悪役、普通の役もやってみたいです。自分が演じたアクションの中では『るろうに剣心』の時の役がトップレベルだったと思います」と語り、一番幸せな時を尋ねられると「やっぱり美味しいご飯を食べている時ですね。そのためにこの国に住んでいます、と言ってもいいほどです。私はこの国で生まれたわけではありませんが、人々はみんな丁寧で礼儀正しく、お財布を落としても帰ってきますし、やっぱり何と言っても日本のご飯は美味しい」と日本愛を語った。続いてPR大使/コスプレアンバサダーの伊織もえが登壇し、「3日間コスプレで参加しましたが、PR大使ということを忘れて、いっぱい遊んでたくさんお買い物もして楽しみました」と3日間を堪能した様子を語った。

そしていよいよ豪華来日セレブが次々に登場し、1人登壇する度に客席から満場の拍手と黄色い歓声が飛び交った。全員がステージ上に揃ったところで、ベルリンで12月9日(現地時間)に発表されたヨーロッパ映画賞(The European Film Awards)でマッツ・ミケルセンが主演作『The Promised Land(原題)』で男優賞(Best European Actor)を受賞したことがLiLiCoから告げられ、他のセレブからも会場からも大きな拍手が贈られた。

「東京コミコン2023」 グランドフィナーレ ©2023 Tokyo comic con All rights reserved.

来日セレブの挨拶コメントは以下の通り。

ポム・クレメンティエフ
「皆さんのエネルギーや愛が、私にコミコンに参加する意味いを思い出させてくれました」

ダニエル・ローガン
「(日本語で)日本大好き! 大阪で逢いましょう!」

テムエラ・モリソン
「こんな凄いメンバーと一緒にここに来られて感謝!」

エヴァンジェリン・リリー
「(日本語で)日本が大好き!」

ナタリア・テナ
「みんなのコスプレも素晴らしかった!」

C.B.セブルスキー(マーベル・コミックス編集長)
「世界中で日本のコミコンがベスト!サイコー!」

ユアン・マクレガー
「あっという間だったけどワンダフルな経験だった。また戻って来たい!」

トム・ヒドルストン
「皆さんのやさしさ、熱意に本当に感謝します」

マッツ・ミケルセン
「僕とサイン会、撮影会まだしてない人は手を挙げて!(ここで客席から多くの手が上がり)分かった、また帰って来るからね!」

ベネディクト・カンバーバッチ
「思いやりがあって優しくてワンダフルでゴージャスなファンの皆さん、そして東京コミコンのスタッフの方々にも心から感謝します」

クリストファー・ロイド
「とても良い時間でした。ここに居られて良かった。来年も来ようかな」

「東京コミコン2023」 グランドフィナーレ ©2023 Tokyo comic con All rights reserved.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 大阪・京都にミスチがやってくる!髙島屋大阪店にしか登場しない「Mr. CHEESECAKE Petit」とは?

    anna(アンナ)
  2. チョコレートショップ「カカポン」 隠れ人気メニューはアイスクリーム?【北九州市八幡東区】

    北九州ノコト
  3. 描き足しにも最適。軽いタッチで1本1本描ける「スリムブロウペンシル」新色2色追加発売

    Dig-it[ディグ・イット]
  4. USJ、セサミ&スヌーピーのショップを5/19クローズ

    あとなびマガジン
  5. 【GWイベント】サッカー教室、ハイハイレースに陶芸体験!他にもわくわく盛りだくさん‼KBCマイホーム展で開催(北九州市小倉南区/福津市)

    福岡・九州ジモタイムズWish
  6. 本気のNY屋台飯が食べられる!子どもも歓迎♪ 須磨海浜公園近くにある『BURGER & STEAK BULL BULL(ブルブル)』に行ってきました 神戸市

    Kiss PRESS
  7. 『忠実な犬』の特徴4選 飼い主への忠誠心が強い犬の共通点や良い関係性を築く方法とは

    わんちゃんホンポ
  8. 縫い目が消える裁縫テク!見た目がキレイでほめられる♪

    オンネラ
  9. もちもちの生パスタがおすすめ!「愛犬」と楽しめる本格カフェ 【feel(フィール)|奈良県奈良市】

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  10. 松村沙友理、『連続ドラマW 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」』出演決定!

    Pop’n’Roll