Yahoo! JAPAN

ラッセル・クロウ監督2作目!リアヘムやクリヘム妻エルサも出演『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』は友情に全ベットする毒盛りサスペンス

映画評論・情報サイト BANGER!!!

ラッセル・クロウ監督2作目!リアヘムやクリヘム妻エルサも出演『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』は友情に全ベットする毒盛りサスペンス

ラッセル・クロウ、監督2作目

名優ラッセル・クロウの監督2作目となる『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』が、2024年3月1日(金)より全国公開。2023年は『ヴァチカンのエクソシスト』のスマッシュヒットで濃厚な存在感をアピールしたクロウだが、『ポーカー・フェイス~』はその前年に製作された作品である。

『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』© 2022 Poker Face Film Holdings Pty Ltd

言うまでもなく、『L.A.コンフィデンシャル』(1997年)、『グラディエーター』(2000年)、『ビューティフル・マインド』(2001年)などで数々の映画賞を受賞し確固としたキャリアを築いたクロウ。仏映画の好リメイク『スリーデイズ』(2010年)やライアン・ゴズリング共演の『ナイスガイズ!』(2016年)、スリラーとの好相性が過ぎた『アオラレ』(2020年)、そして『マン・オブ・スティール』(2013年)に『ソー:ラブ&サンダー』(2022年)、年内の公開が控える『クレイヴン・ザ・ハンター』など、アメコミ映画にも引っ張りだこだ。

そんなクロウが主演し、紆余曲折あって脚本・監督も務めたのが本作。とにかく隅々までクロウの“圧”が凄まじい作品なので、体調を万全にして挑んでほしい。

『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』© 2022 Poker Face Film Holdings Pty Ltd

億万長者になった男、若かりし日の友情と再会

オンライン・ポーカーゲームの開発で莫大な富を得た億万長者ジェイク(ラッセル・クロウ)。彼は、長らく疎遠だった幼なじみを自身の邸宅に招待し、大金を懸けたポーカーゲームを開催しようと提案する。最初は昔話に花を咲かせていた参加者たちだったが、いつしか冷や汗が流れ出し、発熱と吐き気に襲われてしまう。

そこでジェイクはなんと、「毒を盛った」と告げる。ゲームが進むにつれて見えてくる彼らの秘密とジェイクの関係。そこに予定外の侵入者まで現れ、事態は収拾不可能なパニックに陥っていく――。

『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』© 2022 Poker Face Film Holdings Pty Ltd

脂汗必至な本作だが、まずは少年たちの賭けポーカーから幕を開ける。まるで青春映画のワンシーンのようで、無軌道な若者たちのじんわりとした友情を観客に印象づける。

クロウが演じる主人公の名はジェイク・フォーリー。57才、職業はギャンブラー(自称)。少年時代から現在まで、やや強引ながら冒頭で自己紹介させ、彼の不穏な行き先も暗示してしまう。

10年前に妻を亡くし、娘が一人。再婚し若い妻もいる。生活に不自由はないはずのジェイクだが、常に脅迫的な何かにとらわれているらしい。タイトルにあるようにポーカーは人生のメタファーのようで、本作の大きなテーマにもなってはいるものの、ゲームのルールに詳しくなくても鑑賞に支障はないので予習の必要はナシだ。

『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』© 2022 Poker Face Film Holdings Pty Ltd

リアム・ヘムズワースら豪州フレンズも出演

たびたび回想を差し込む演出は紛らわしくもあり、だが登場人物たちが過去~現在の“何か”にとらわれていることを匂わせる。しかも、我々がジェイクの真意を掴みかねているうちに、ある強盗計画が同時進行。約1時間半の上映時間のうち半分を過ぎても全貌が見えず、どこにヒントがあるのか? とジェイクたちの言動をじっと注視することになる。

『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』© 2022 Poker Face Film Holdings Pty Ltd

むっつりクロウの独壇場から一転、ラストに向かってハードな“閉鎖空間アクション”が展開する。とはいえ『アイアン・フィスト』(2012年)で信を深めたRZAをオイシい役どころに配し、年齢差を誤魔化すための老けメイクを施されたリアム・ヘムズワースや、その兄クリヘムの妻であるエルサ・パタキーなど地元オーストラリア関連俳優の起用などもクロウらしく、なんだか安心して観ていられるから不思議。

『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』© 2022 Poker Face Film Holdings Pty Ltd

クロウのドスの利いたナレーションによるラストのメッセージは亡き父の言葉だそうだが、過去にいくつかのゴタゴタを巻き起こしたことで厄介者のイメージが付いてしまったた自身を顧みている部分もあるのかも……? ともあれ今後、本格的に映画製作に乗り出す可能性があるクロウの記念すべき2作目として、観ておいて損はない作品だ。

『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』© 2022 Poker Face Film Holdings Pty Ltd

『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』は2024年3月1日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開

【関連記事】

おすすめの記事