Yahoo! JAPAN

津屋崎漁港での投げキス釣りで21cm頭に本命20尾【福岡】好ゲストにイシガレイ

TSURINEWS

津屋崎港の投げ釣りで仕留めた釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・近藤 誉)

5月3日。福岡・福津市にある津屋崎漁港へシーズン開幕のキス(シロギス)を狙って釣行した。当日は風が多少あり、風裏になるであろうこと釣場を選択した。

津屋崎漁港で投げキス釣り

途中、釣り場近くの釣具店で砂ゴカイを30g購入して午前6時ごろに釣り場に到着した。遠目に様子をうかがうとGWの早朝だが、釣り人は少なく釣りやすそうだ。

今回は過去に実績のある外側に面した向きで防波堤の中心部くらいに釣り場を構えた。

津屋崎漁港のポイント略図(提供:週刊つりニュース西部版APC・近藤 誉)

風の中でキャストする必要があるので慣れている25号をセット。仕掛けは4本バリ仕様で様子をみる。ちなみにテンビンは自作の半遊動テンビンを使用。

当日の仕掛け(提供:週刊つりニュース西部版APC・近藤 誉)

本命のキス2連掛け成功

第1投、仕掛けは4色(1色=25m)ほどスムーズに飛んだ。少し待ってみたがサオに反応がでないので、リーリングサビキを開始する。

4色から3色に差し掛かったときに、コンコンとサオにアタリがきた。一荷を狙いしばらく待つとさらにアタリ。なんとクサフグの一荷であった。さすがにこれは即リリース。

仕切り直しの第2投。今度も4色ほどまで投げる。4色でアタリがないので3色ラインまでゆっくり引いて探ってみるとまたアタリ。ここでも一荷を狙う。アタリがあり本命のキス2連掛けに成功した(しかしサイズが小さいのでリリース)。

3色付近でキス4連のパーフェクト

堤防の釣りはサーフとは違い、魚が散りやすいのだが、この日はアタリが続いた。今度も同じ4色ほどまで投げて3色ラインまでゆっくり引いて探ってみるとまたアタリ。ゆっくりリーリングをして、魚が外れないように注意しながら巻き上げると、今度は15cmのキスの2連である。やはり3色付近に魚がかなりいる様子。同じパターンで投入すると今度も4連のパーフェクトであった。

ここで3色より手前の50mラインを探ってみることにした。2色ラインに差し掛かると大きなアタリ。ゆっくり上げてみるとフグの4連パーフェクト。幸いハリはのんでおらずすべてリリース。

少し位置をずらして50mラインを探る。今度はチャリコ(小ダイ)とフグのパーフェクト。手前50mはエサ取りのパラダイスのようである。

再度4色から3色ラインを探ってみる。時刻は8時を回ったくらい。朝の活性ほどではないがぽつぽつながらキスを追加していく(しかしリリースサイズばかり)。

21cm交え20尾

9時ごろ、少し重たいアタリがサオに入った。とりあえず食い込ませるのでサビキを止める。40秒くらい待ち、サビキを開始すると重量のある引き。フグのような気もするが慎重に寄せてみる。

ここで上がってきたのは35cmのイシガレイであった。最近ではなかなかお目にかからないが、運よくイシガレイをゲットすることができた。

9時30分くらいになると食いが止まってしまったので、納竿することにした。

この時点で7~21cmのキスが合計20尾(リリース含む)という、約3時間30分の短い釣り時間の中では大満足の釣果であった。なお、キープはキス6尾とイシガレイ。

キープしたキスとイシガレイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・近藤 誉)

釣行のまとめ

この日のまとめとして手前にキスはいなかったので、3色付近が本命のポイントだった。

サイズは小型が多いが数は多く活性は高かった。エサ取りの活性も活発で手前はチャリコとフグがかなり多くて釣りにならなかった。

多少の根掛かりはあったが岩礁ではなく、海藻であった。その周辺にキスは多くいる様子でもある。キスが小さくアタリが小さいことが多かったので、半遊動テンビンとフロートシンカーの使用をお勧めする。

<週刊つりニュース西部版APC・近藤 誉/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2024年5月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事