Yahoo! JAPAN

犬が車に乗ると落ち着かなくなる理由3つ 愛犬とのドライブを快適にするための対策とは?

わんちゃんホンポ

犬が車に乗ると落ち着かなくなる理由

犬が車に乗っているときにソワソワして落ち着かない様子を見せるときには、様々な理由があります。

愛犬に適した対処法を知るためにも、まずは原因や理由を探ってみましょう。

1.車酔い

犬が車に乗ったときに落ち着かない様子を見せる理由のひとつが、「車酔い」です。

車体そのものの揺れやエンジンの細かい振動によって、体のバランスをとる三半規管などが刺激されて寄ってしまうことは犬でも人間でもめずらしいことではありません。

特に車に乗り慣れていない犬などは、そうした揺れにも体が適応しにくく酔ってしまうことも多いでしょう。

ただし、人間と同様に、車酔いをするかどうかは体質によって個体差があるので、はじめから酔わない犬もいますし、何度乗っても慣れない犬もいます。

車酔いをしていると、ハアハアと荒い呼吸をしたりよだれを大量に垂らしたり、ウロウロ落ち着かない様子を見せたりします。さらに症状が進むと嘔吐してしまうこともあるので、酔っている様子が見られたら、早いうちに対処してあげましょう。

2.不快感を感じている

犬は車の揺れで酔ってしまうだけでなく、様々な要因から車内で不快感を感じて落ち着いて過ごせないこともあります。

犬は嗅覚が優れているため、車内のこもったにおいに敏感に反応して気分が悪くなってしまうことも考えられます。

車内で食べ物を食べたりタバコを吸ったりというようなことだけではなく、良かれと思って使っている芳香剤に不快感を感じてしまうこともあるでしょう。

車内はどうしても空気がこもってにおいが残ってしまいやすいです。そのため、犬を乗せる場合は、できるだけ強いにおいが残るようなものは使用しないることをおすすめします。

また、車内が暑くなっている場合にも、犬は落ち着きをなくすことがあります。車の中は座席の位置によって体感温度がかなり変わるため、犬が乗っている場所が暑くなっていなか確認しておくことも必要です。

3.過去のトラウマ

犬が車に乗ることを嫌がったり、車内で鳴いたり吠えたりしたり、暴れ回ったりと落ち着かない様子を見せる場合、車自体に嫌なイメージを持っているのかもしれません。

過去に車の中で怖い思いや嫌な思いをしたり、車に乗って嫌なことをする場所に行ったり、というような経験があると、それがトラウマとして残ってしまうことがあります。

そして、車を見たり車に乗ったりすると、それらが思い起こされて落ち着いていられず、パニックを起こしてしまうことも考えられます。

愛犬と快適にドライブする方法

愛犬と楽しくドライブをするために、車に苦手意識を持たないよう、また克服できるように、押さえておきたいポイントをご紹介します。

車内を清潔な環境にする

犬は感覚が優れていて繊細な動物です。そのため、においや温度など車酔いや気分の悪さの要因になることに注意して、車内の環境を清浄化することを心がけましょう。

犬を車に乗せる前や乗っている最中、こまめに換気をして車内の空気をしっかりと入れ替えてください。

また、できるだけ車内で喫煙することは控え、香りが強すぎる芳香剤は使用しないことをおすすめします。

運転中の揺れを軽減する

犬が車酔いする大きな要因が、「揺れ」です。エンジンの振動はどうすることもできませんが、車体の揺れは慎重な運転を心がけることである程度抑えることができるでしょう。

犬は車の中にいるとき、どの方向に向かっているかということや次にどう動くかということを予測できません。そのため、思いもよらない方向に体が揺さぶられて、酔ってしまうのです。

そのような揺れを少しでも抑えるために、急ブレーキ・急発進は控えてゆったりとした運転を心がけてください。さらに、クレートや犬用シートベルトなどを活用してみるのもおすすめです。

こまめに休憩を取る

犬の車酔いを防いだり、楽しみながらドライブしたりするためには、こまめに休憩を取ることも大切です。

車に慣れている犬の場合は1時間~1時間半に1回程度が推奨されていますが、そうでない場合は最低でも30分に1回は休憩するようにしましょう。

犬の様子をしっかりと確認し、落ち着きがなくなってきたり気分が悪そうな様子が見られたら、すぐに休憩するようにしてください。できればそのような様子が見られる前に休憩を取るようにして、車内では快適な状態で過ごせるようにしてあげましょう。

車の嫌なイメージを克服する

車に対してネガティブなイメージを持っている犬の場合、それを克服させることを目指しましょう。

近所の大好きな公園にあえて車で行って「車の乗ると楽しい場所に行ける」と思わせたり、車を走らせずに車内でおやつを食べさせて「車に乗るといいことがある」と覚えさせたりすると効果的です。

決して無理強いはせず、犬に(もっと車に乗りたい♪)と思わせるようなアプローチを考えてみてください。

まとめ

今回は、犬が車に乗ると落ち着かなくなる理由について解説しました。

愛犬と一緒に様々な場所にお出かけするために、できるだけ楽しく快適にドライブをしたいと思っている飼い主さんは多いと思います。

犬が車内で落ち着かない様子を見せる場合は、まず何が原因なのかをしっかりと探ってください。そのうえで、時間をかけて少しずつ改善に向けて対策をおこない、犬が心地よく車に乗れるように環境を整えていってあげましょう。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 近大高専、菰野に惜敗で4強ならず 高校野球三重大会

    伊賀タウン情報YOU
  2. 【松山市・ごごしまパーキング】愛媛県産のみかんを皮ごと使ったごちそう氷でクールダウン

    愛媛こまち
  3. 【久万高原・rinascente】清流・面河川で涼みながらワイルドにピザを頬張る!

    愛媛こまち
  4. 羽田空港アクセス線「臨海部ルート」も、2031年度に「東山手ルート」と同時開業に! 羽田空港アクセス線の3ルートをおさらい

    鉄道チャンネル
  5. モバイルゲームやAIアプリをLINEなどに公開できる注目の新サービス「nowStudio」がスタート【now.gg, Inc.】

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  6. 銀座の名店「ST.SAWAIオリオンズ」が7月23日に再オープン!和牛ローストビーフが話題。

    WWSチャンネル
  7. Rolls Royce、宇宙原子力発電のための国家宇宙イノベーション計画の資金を獲得

    DRONE
  8. Intelligent Energy、画期的な航空用水素燃料電池システム「IE-FLIGHT」を発売

    DRONE
  9. 【大阪】人とワンちゃんが一緒に楽しめるケーキが「ポアール」に誕生

    PrettyOnline
  10. 【2024年】コストコのおすすめ「パン」商品23選!大容量でオトクすぎる…!

    ウレぴあ総研