Yahoo! JAPAN

横浜市の学童・キッズクラブ 夏休みに昼食提供へ 保護者の負担軽減に

タウンニュース

昼食として提供される弁当のイメージ(横浜市提供)

横浜市では今年の夏休みにモデル事業として、共働き家庭などの小学生を預かる放課後キッズクラブと放課後児童クラブ(学童)で昼食提供を始める。約570全てのクラブで実施し、保護者の負担軽減につなげたい考えだ。

こども家庭庁の昼食提供を促す通達や、昨年市が行ったアンケートで9割以上の保護者が夏休みなど長期休み期間中の昼食提供を望んでいたことから、今回市内全域での実施に至った。対象児童約4万5000人のうち、約7割(1日3万1300食)の利用を見込んでいる。

昼食は1食400円で提供。市が委託した区ごとに異なる民間事業者5社(山路フードシステム、ハーベスト、美幸軒、東華軒、安田物産)が調理と配送を行う。

希望者は1週間前までに各事業者のウェブシステムで注文。主食、主菜、副菜を基本にメニューは各社で異なり、アレルギー食の用意はない。弁当には使い捨て容器を使用し、残飯と容器の回収も業者が担う。

これまで独自で地元の弁当業者などに発注しているクラブもあったが、まとまった数がないと注文ができないのが課題だった。市が配送とシステムにかかる費用を負担することで、1個から注文ができるのが特徴だという。事業費は2億3900万円。市の担当者は「保護者の助けになるのはもちろん、子どもたちにとっても満足できるものになれば。今後検証しながら本格実施につなげていきたい」と話す。

企業努力も

保護者は「仕事をしながら毎日弁当を作るのは大きな負担だった。夏は食中毒も気になるので、昼食提供は本当に助かる」と歓迎ムードだ。

一方、請け負う事業者側からは「容器代を含めて400円の金額は採算ギリギリ」との声も。市の要望を受けて1週間前(業者により3日前)までのキャンセルに対応するなど、各社の企業努力も見られる。ある事業者は「通常食材は2週間前に発注済み。どの程度キャンセルになるのか予想できず、食品ロスが心配」と話していた。

市では専用コールセンター(【電話】050・5538・1727)を開設し問合せに対応している。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 近大高専、菰野に惜敗で4強ならず 高校野球三重大会

    伊賀タウン情報YOU
  2. 【松山市・ごごしまパーキング】愛媛県産のみかんを皮ごと使ったごちそう氷でクールダウン

    愛媛こまち
  3. 【久万高原・rinascente】清流・面河川で涼みながらワイルドにピザを頬張る!

    愛媛こまち
  4. 羽田空港アクセス線「臨海部ルート」も、2031年度に「東山手ルート」と同時開業に! 羽田空港アクセス線の3ルートをおさらい

    鉄道チャンネル
  5. モバイルゲームやAIアプリをLINEなどに公開できる注目の新サービス「nowStudio」がスタート【now.gg, Inc.】

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  6. 銀座の名店「ST.SAWAIオリオンズ」が7月23日に再オープン!和牛ローストビーフが話題。

    WWSチャンネル
  7. Rolls Royce、宇宙原子力発電のための国家宇宙イノベーション計画の資金を獲得

    DRONE
  8. Intelligent Energy、画期的な航空用水素燃料電池システム「IE-FLIGHT」を発売

    DRONE
  9. 【大阪】人とワンちゃんが一緒に楽しめるケーキが「ポアール」に誕生

    PrettyOnline
  10. 【2024年】コストコのおすすめ「パン」商品23選!大容量でオトクすぎる…!

    ウレぴあ総研